上茶谷大河・東洋大

今回は東海大学の上茶谷大河投手を取り上げていきます。

上茶谷投手は2018秋のドラフトで指名が予想される投手で珍しい苗字ですが、「かみちゃたに」と読みます。

2018年の東洋大には上茶谷投手をはじめ、梅津晃大、甲斐野央の3人の150キロ右腕。

中でも先発投手としてスカウト陣から注目を集めている上茶谷投手はドラフトの目玉としてスカウトから注目されていますね。

そんな上茶谷大河のドラフト進路や評価をチェック!

さらには出身中学や高校時代についてもまとめていきたいと思います。

それではご覧ください!

スポンサーリンク

上茶谷大河のドラフト進路は?各球団の評価をチェック

東洋大4年生の上茶谷大河投手。

2018年秋のドラフト上位指名候補選手として各球団から注目されていますね。

それもそのはず、最速151キロと球威は十分で腕の振りもよくスタミナもある投手ですから。

そんな上茶谷投手の気になるドラフト進路について、各球団のスカウトの評価なども取り上げていきましょう。

上茶谷投手のドラフト進路として有力視されるのが日本ハム、楽天、広島あたりでしょうか。

まずは日本ハム

エースと呼ばれる存在がいない日本ハムにとって先発の柱となる投手の指名は欠かせないでしょう。

2018シーズンはマルティネスや高梨などが活躍していますがまだまだ不足してますからね。

大谷増井の抜けた穴は大きいでしょう。

スタミナも抜群な上茶谷投手であればすぐにローテーションに入れるのでは?

山田スカウト顧問は「球速が安定している。(梅津と甲斐野含む)3人が1位指名の可能性がある」と評価し、今成スカウトも

「スケールは8年前の早大ドラ1トリオ(斎藤佑樹、大石達也、福井優也)より大きいだろう」

とこちらも高評価です。

野手陣は整っているだけに1位指名もありえそうですね。

続いて楽天

こちらも先発投手が不足してますね。

2018シーズンは野手陣の不調ももちろんですが、投手陣がリズムを作れていませんから。

則本昂大や岸孝之などの大卒の好投手がいますが、若手の先発投手が伸び悩んでいますよね…

投手陣を活気づけるためにも大卒の勢いの投手は欲しいでしょう。

長島スカウト部長も「楽しみな存在」と期待していますし、東都リーグの1試合奪三振20の記録を持つ男ですから、ポスト則本としても期待できるのでは?

続いて広島

すっかりセリーグの常勝軍団に定着してきましたね。

田中、菊池、丸などの野手陣の頑張りもあるかと思いますが、やはり投手陣が役割を果たしているからこそ勝てるのでしょう。

とすれば先発投手はいらないのでは?と思うかもしれませんが、ジョンソン以外の先発ローテーションは全員20代。

まだまだ勢いで荒削りな部分もあるかと思います。

本格派右腕がもう1枚加わることで、より強力な先発陣となることは間違いありません。

苑田スカウト統括部長は

「1番はコントロール。スピンも効いていて伸びもある。1年目から先発ローテーションに入る可能性もある」

などとかなりの高評価。

これは1位指名も大いに期待できますね。

この他にもDeNAやヤクルトなどが上位候補としていることから高卒が豊作と言われる2018秋のドラフトで隠れた目玉的存在になるのではないでしょうか。

CHECK!大学ドラフト候補2018【投手編】

CHECK!大学ドラフト候補2018【野手編】 

投球スタイルは?球速と球種も

プロのスカウトからも高評価の東洋大、上茶谷大河投手。

続いてはその投球スタイルや球速球種について探っていきます。

まずは投球スタイルですが、181センチ85キロと恵まれた体格からノーワインドアップのスリークォーターで投げ込みます。

球持ちの良い腕の振りから伸びのある直球を投げ込みますが、ストレートは最速151キロ。

球種としてはスライダー、チェンジアップと現在は多くはありませんが、コーナーへ投げ分ける制球力があり内外のストレートと変化球のコンビネーションで三振の山を築きます。

3年生までは救援で実績も少なかったのですが、4年生となったリーグ戦では先発として活躍しています。

150キロ投手が3人もいる東洋大学、注目ですね。

出身中学はどこ?高校時代もチェック

そんな上茶谷投手の出身中学や高校時代についてもチェックしておきましょう。

上茶谷投手は京都府京都市出身。

出身中学は地元の京都市立衣笠中学校では野球部ではなく硬式の京都東山ボーイズ(現:京都レッドベアーボーイズ)でプレーしていました。

その後、京都学園に進学し2年次からエースを任されましたが、甲子園出場はありません。

確かに上茶谷投手が注目されるようになったのはここ数カ月の間ですから梅津投手や甲斐野投手のいる東洋大で刺激を受けて激しいトレーニングに耐えてきたからこそ今の姿があるのでしょう。

まだまだ注目していきたいですね!

まとめ

というわけで、ドラフト2018の注目される東洋大の上茶谷大河投手について取り上げてみました。

東洋大には梅津投手、甲斐野投手といった有望株の投手もドラフト注目株ですが、かつての早大ドラ1トリオ以上の3人と言われているだけに3人の今後から目が離せませんね。

果たして誰が1番指名を受けるのか?この辺りにも注目していきたいです。