関戸康介・明徳義塾

高知の名門、明徳義塾中の関谷康介投手について取り上げます!

関戸康介投手は2020年の東京オリンピック、そして今後プロ入りも期待される投手です。

今後の野球界を担う投手として中学軟式の中でも最も注目される関戸投手について、現在の球速や進路先の高校、両親についてもまとめて行きたいと思います。

それではご覧ください!

スポンサーリンク

関戸康介ってどんな選手?大谷二世?

将来有望は中3右腕の関戸康介。

なぜ注目されているのか?どんな選手なのか?そして大谷二世と呼ばれているのは本当?

などと紹介していきます。

まず、関戸康介投手は現在、高知の名門明徳義塾中学の3年生で軟式野球部に所属しています。

長崎県出身で地元の佐世保市立広田小時代に、少年野球チーム・セインツボーイズで軟式野球を始めると、最速129キロ投手としてNPBジュニアトーナメントの福岡ソフトバンクホークスJr.に選ばれました。

中学2年生の時に、最速136キロ右腕として各メディアに取り上げられるようになり一躍有名になりました。

そして、大谷二世と呼ばれる所以ですが、2018年5月放送のテレビ番組内の「未来の大谷翔平を探せSP」コーナーで出演し、見事プロ野球OBチームを見事9人斬りしたことからそう呼ばれるのではないでしょうか?

しかし、二刀流という意味では大谷二世は関戸投手ではなく同じ高知県の高知中にいる森本大智投手も怪物級です。

なんとこちらは中2で最速145キロ。打者としても素晴らしいようで同学年の関戸投手にとってもライバルでしょう。

森本大智投手も目が離せませんね。

現在の球速や球種は?

そんな怪物中学生、関戸康介の現在の球速球種についてまとめていきたいと思います。

2018年現在、中学3年生の関戸投手。

一冬超えて球速は最速143キロまで伸びました。

中学生でしかも軟式で140キロ超なんて、先が楽しみで仕方ないですよね。

球種としては動画で見る限りだと120キロ台のスライダーと110キロ台のカーブでしょうか。

中学軟式ならこれだけあれば十分ですし、真っ直ぐで推して行けますよね。

まだ力任せで投げている部分もあるので、しっかり下半身を強化すればまだまだ伸びるでしょう。

進路先の高校は?

スーパー中学生の明徳義塾中、関戸康介投手ですが、進路先の高校も気になりますね。

明徳義塾といえば中高一貫校で、甲子園常連校でもあります。

甲子園に行くために明徳義塾中に入る選手もいるくらいですから、余程の事がない限りは明徳義塾高校に進学するでしょう。

明徳義塾高でエースとして活躍する事がプロへの最善の道かもしれませんね。

ちなみに、明徳義塾はこれまでに20人以上のプロ野球選手を輩出していて、現役だとオリックスの伊藤光選手が有名です。

しかし、2011年に楽天入りした北川倫太郎以降プロ入りがなく明徳義塾にとってもプロでも活躍できる選手の育成をしたいのでは?

とにかく、先が非常に楽しみな選手です。

両親はどんな人?兄弟はいる?

そんな関戸投手の両親兄弟について探ってみます。

中学生にしてこれだけの注目を集めている関戸投手なので家族の情報もいろいろあると思いましたが、調べてみたところ関戸投手の家族についての情報は見つかりませんでした。

ただ、関戸投手は現在身長175センチと中学生とは思えぬ恵まれた体格の持ち主です。

これは両親の遺伝によるものでしょうか?

もしかしたら両親がスポーツ選手だったりする可能性もありますよね。

また、兄の影響で野球を始めたという選手も多いことから兄弟の存在も今後の気になってくるでしょう。

今後、中学野球で日本一になったり高校進学後甲子園で活躍すれば家族のインタビューや兄弟の情報なども出てくることでしょう。

関戸投手の明るい未来に期待しましょう。

まとめ

というわけで今回は、将来の野球界を背負って立つ存在となりそうなスーパー中学生、明徳義塾中の関戸康介についてまとめてみました。

現在の球速や進路先の高校、両親についても取り上げましたが本当に楽しみな存在ですよね。

また同じ高知地区に森本大智というこれまたスーパー中学生がいるからさらに楽しみですね。

大谷翔平や清宮幸太郎を超えるスーパースターになってくれることに期待しまとめといたします。