大阪桐蔭2018・ドラフト候補

大阪桐蔭2018のドラフト候補選手まとめ!

今回は2017,2018春の甲子園連覇で、夏の100回大会では史上初の2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭

大阪桐蔭は2017年の夏を経験したメンバーが多く、ドラフト候補選手も非常に多いです。

またプロ野球各球団の評価も凄い!上位指名が予想される選手も多くいます。

というわけでそんな大阪桐蔭のメンバーについて、各球団の評価などをまとめていきます。

スポンサーリンク

2018年の大阪桐蔭は歴代最強世代?

2018年の大阪桐蔭は歴代世代と言われてますね。

2018年の大阪桐蔭は歴代世代と言われてますね。

春センバツで2連覇もありますが、根尾昂選手、藤原恭大選手中心にドラフト候補者が多いこと、U18一次候補にも最多6人が大阪桐蔭から選ばれてるということ。

これほど同じ高校、同じ世代からタレントが揃うこともは強豪校でもそうあることじゃありませんから。

ただ、西谷監督はこれを否定してます。

西谷監督が思う最強世代は岩田稔や中村剛也、西岡剛らが揃っていた2001年のメンバーということですが、その代は夏の甲子園に出場出来ませんでした。

ただ、2017,2018と春の優勝を経験している今のメンバーはドラフト上位候補の根尾昴や藤原恭大を中心に6人の選手の使命が予想されます。

そんな最強メンバーのスカウトの評価などをまとめていきたいと思います。

根尾昴

まずは2018年ドラフトナンバーワンの注目選手、二刀流の根尾昴選手。

投手としては最速148キロ、打っては4番打者として広角に打ち分け、50メートル6秒1とポテンシャルが高い選手です。
選抜連覇で2年連続胴上げ投手と、まさに最強世代の中心選手です。

そんな根尾昴には12球団全てが注目していますが、特に1位指名が有力と言われるのは阪神、ソフトバンク、中日です。

地元・阪神の畑山チーフスカウトは

「運動能力が高い。(投手か野手か)決める必要はない。色んな可能性がある」

と投手としての指名も視野に入れていることがわかります。

確かに若手の内野手は売り出し中の選手も多いですからね。

そしてソフトバンクの稲嶺スカウトは「打球が速い」と野手としての素質を見ていて、ポスト今宮としてポテンシャルの高い根尾選手の1位指名が想定されます。

また、中日は1位指名の強い意向を公表していて、中田スカウトは「肩も足もある。松井稼頭央のようなタイプ」と大絶賛しています。

岐阜県出身の根尾選手は小学6年生のNPBジュニアトーナメントで中日ドラゴンズJr.に選ばれましたから、再びドラゴンズのユニフォームに袖を通すことはあるのでしょうか?

また、投手か?野手か?はたまた二刀流か?プロでどんな選手になっていくのか楽しみですね!

CHECK!根尾昂(大阪桐蔭)のドラフトは競合する?各球団ごとの評価を検証

藤原恭太

根尾選手と同じくらい注目されているのが、外野手の藤原恭大選手。

1年夏から中堅手のレギュラーを掴んでいて、走攻守三拍子揃った世代ナンバーワン外野手です。

181センチ78キロと恵まれた体格の持ち主で、50メートル5秒7の俊足が自慢の1番打者でありながら高校通算23ホームランと長打力と思い切りの良さも光ります。

2年生の夏には清宮幸太郎や中村奨成ら後にドラフト1位でプロ入りしたスター選手と同じU18日本代表に選出され、下級生ながらレギュラーとして活躍しました。

藤原選手も多くの球団が調査していて、阪神、日本ハム、ヤクルト辺りが1位指名が濃厚と予想されます。

阪神は根尾昂と並行して調査を進めていますが、畑山チーフスカウトは

「西武の秋山みたい。トリプルスリーを目指せる」

と大絶賛。

今後、中田翔や西川遥輝のFAも予想される日本ハムは外野手の補強がポイント。

山田スカウト顧問は

「プロでレギュラーになれる」

と惚れ込み、大渕スカウト部長も「実践に強い」と高評価です。

また、若手の外野手が伸び悩んでいるヤクルト。

橿渕スカウトデスクは「将来の軸となる野手候補」と指名の方針も固まっている模様です。

根尾選手同様、藤原選手も競合する可能性が高いですね。

CHECK!藤原恭大(大阪桐蔭)はドラフト1位で競合?各球団からの評価は?

柿木蓮

そして、大阪桐蔭のエースである柿木蓮投手。

181センチ84キロの体格から最速148キロのストレートやスライダー、カーブなどを操る本格派右腕です。

粗削りな部分もあるものの、素質を評価している球団も多く、複数の球団が視察しています。

中日の中田スカウトは

「上位候補に食い込んでくる可能性がある」

ソフトバンクの永井スカウト室長は

「下半身が太いし鍛え上げられている。非常に良い素材」

と評価していることから根尾選手や藤原選手の外れ1位など上位の指名も予想されます。

最後の夏、どこまで成長できるか楽しみですね。

柿木蓮(大阪桐蔭)のドラフト進路は?ヤンキー?彼女や出身中学もチェック 

スポンサーリンク

山田健太

183センチ83キロと体格の良い二塁手の山田健太選手。

長打力を買われて、1年秋から三塁手のレギュラーとして出場し2年秋から二塁手に挑戦しています。

持ち味はなんといっても力強い打撃、振り抜くスイングで打ち取られた当たりでもヒットにしてしまうほどで
2年春の選抜では打率5割を越えるなど甲子園通算13試合で打率.438と勝負強さもあり、強力打線の中軸を担っています。

そんな山田選手の打撃には、巨人など数球団が注目していますが、やはり根尾選手と比べると劣ることや巨人の岡本和真のように若い内野手が主軸を務めるチームも増えていることから、上位での使命は可能性が低いと考えられます。

しかし、巨人やソフトバンクなどが、高い打撃センスを評価していることから指名があるのか?夏にどこまで評価を伸ばせるのか注目していきたいですね。

横川凱

190センチの高身長から角度あるボールを投げ込む左腕の横川凱投手。
最速144キロの直球を軸にキレのあるスライダーやカーブ、チェンジアップなどの変化球とのコンビネーションで打ち取るタイプです。

左のエースとされながらも、柿木投手がいるため控え投手ですがDeNAや巨人のスカウトが視察しています。

DeNAの吉田スカウト部長は

「あれだけのサイズがあってもフォームがいい」

巨人の岡崎スカウト部長も「魅力的」と評価しています。

控え投手ではありますが、フォームのバランスなどはエース柿木投手より素質があり、今後さらに経験を積めばプロでも通用する投手でしょう。

中川卓也

2年夏の仙台育英戦で一塁ベースから離れてしまい、それがきっかけで逆転負けを喫した中川卓也選手。

新チームではキャプテンに選ばれ、ポジションも三塁手となりました。

175センチと身長はないものの、内外角を広角に捌く左の巧打者としてプロからも注目されています。

巨人の岡崎スカウト部長は、

「(根尾、藤原と同じ)高校生ではAランク」

と高く評価しています。

誰よりも悔しい思いをしてきた中川選手、春夏連覇に向けての想いも人一倍強いかと思います。

最後の夏に悲願の日本一を達成し、プロの世界へ踏み入れていきたいですね。

まとめ

というわけで、最強世代ともいわれている大阪桐蔭のメンバーについて紹介してきました。

根尾昂、藤原恭大、柿木蓮、山田健太、横川凱、中川卓也とプロ注目の選手が揃ったまさに史上最強チームともいえる彼らの最後の夏から目が離せませんね。

100回大会という節目の大会をものにし、史上最多1校から6人のドラフト指名の快挙を成し遂げたいですね。

また、根尾選手や藤原選手は1位競合も気になります。

注目していきましょう!