高校野球2018・大阪の注目選手

高校野球2018!

今回は大阪の注目選手のドラフト評価などをまとめていきます。

春夏連覇を目指すと大阪桐蔭と、そこに待ったをかける精鋭について紹介します!

お見逃しなく!

スポンサーリンク

根尾昂(大阪桐蔭)

根尾昂・大阪桐蔭

【視察球団】
ソフトバンク、楽天、西武、オリックス、日本ハム、ロッテ、広島、阪神、DeNA、巨人、中日、ヤクルト

プロ野球セパ全12球団が視察に訪れている2018年ドラフトナンバーワン注目の根尾昴。

春夏連覇を目指す大阪桐蔭の4番ショートと強打者としてチームを支えている他、春連覇の際は2年連続で胴上げ投手になるなど投手としても魅力十分です。

大谷ほどスケールは大きくありませんが、二刀流としても注目されています。

中でも1位指名が予想されるのが阪神、中日、ソフトバンクなどでいずれのチームも身体能力の高さや投打にわたるスケールの大きさを高評価しています。

2017年の清宮幸太郎は最多タイの7球団が競合しました。

豊作といわれるドラフトの中で、根尾選手には何球団が競合するのか注目です!

CHECK!根尾昂(大阪桐蔭)のドラフトは競合する?各球団ごとの評価を検証 

藤原恭大(大阪桐蔭)

藤原恭大・大阪桐蔭

【視察球団】

ソスとバンク、楽天、オリックス、日本ハム、ロッテ、広島、阪神、横浜、巨人、中日、ヤクルト

西武以外の11球団が注目している藤原恭大。

大阪桐蔭の不動のトップバッターとして50メートル5秒7の俊足と高校通算26本塁打の破壊力を兼ね備えた外野手です。

スピードや打撃においては根尾選手以上と評価する球団もあります。

2年時からU18侍ジャパンに選出されるなど高校随一の切り込み隊長として注目されてきましたが、最後の夏、どこまで活躍できるのか楽しみですね。

地元・大阪の阪神や、中田翔や西川遥輝のFAの可能性もある日本ハム、若手外野手不足のヤクルトなどで1位指名候補とされていて根尾選手に負けじと競合指名が期待できます。

CHECK!藤原恭大(大阪桐蔭)はドラフト1位で競合?各球団からの評価は? 

柿木蓮(大阪桐蔭)

柿木蓮・大阪桐蔭

【視察球団】

ソフトバンク、日本ハム、オリックス、阪神、巨人、中日、ヤクルト

大阪桐蔭のエース柿木蓮投手。

181センチ84キロと恵まれた体格から最速148キロの速球を中心に、スライダーやカーブ、チェンジアップなども扱う本格派右腕です。

すでに7球団が視察していますが、大注目の大阪桐蔭のエースですからもっと注目されても良いのでは?

大阪桐蔭には柿木投手とWエースの長身左腕・横川凱もいますし、根尾昂や藤原恭大も140キロ超の投手とまさに盤石の布陣ですからその中で頭一つ抜き出るのは難しいですかね。

しかし、中日の中田スカウトは

「上位候補に食い込んでくる可能性がある」

と評価していることから根尾選手や藤原選手の外れ1位など上位の指名も予想されます。

体もしっかりしていますし、最後の夏に大阪桐蔭のエースとして堂々たる投球でどこまで全国制覇に導き1位指名を引き寄せたいですね。

CHECK!柿木蓮(大阪桐蔭)のドラフト進路は?ヤンキー?彼女や出身中学もチェック 

山田健太(大阪桐蔭)

【視察球団】
ソフトバンク、巨人、ヤクルト

大阪桐蔭の二塁手の山田健太選手。

長打力を買われて、1年秋からレギュラーの座を掴んでいます。

持ち味はなんといっても力強い打撃、2年春の選抜では打率5割を越えるなど甲子園通算13試合で打率.438と勝負強さもあり
強力打線の中軸を担っています。

そんな山田選手の打撃には、巨人など数球団が注目していますが、やはり根尾選手と比べると劣ることや上位での指名は可能性が低いと考えられます。

ただ、巨人やソフトバンクなどは高い打撃センスを評価していて、ソフトバンクに至っては若い大砲が不十分なため指名の可能性もありますね!

最後の夏はさらに積極的な打撃を存分に発揮しアピールしていきたいです。

中川卓也(大阪桐蔭)

【視察球団】

巨人、ヤクルト

2017年甲子園の大阪桐蔭と仙台育英戦の試合は記憶に新しいと思います。

当時ファーストを守っていて、例の足が離れてしまったファーストこそ中川卓也選手です。

新チームからはキャプテンに就任し、三塁手にコンバート。

誰よりも悔しい思いをした左のスラッガーは最後の夏で頂点を目指します。

175センチと決して体が大きい訳ではありませんが、鋭いスイングから広角に打ち分ける打撃が魅力的で、巨人の岡崎スカウト部長も「高校生ではAランク」と評価するほどです。

センスも十分ですし、将来性を買われて指名される可能性も高いのでは?

西山虎太郎(履正社)

【視察球団】
巨人

180センチと長身ながら体重70キロ未満と細身な遊撃手の西山虎太郎。

準優勝した2年春の選抜では9番遊撃のレギュラーで出場し、打率.429と大活躍しました。

振り切るスイングでライナー性の打球を左右に飛ばす巧打の選手です。

一方、守っても長身ながら動きも良く柔らかいグラブ捌きが魅力。

現在は主に2番打者を務めていて、足はさほど速くはありませんが隙を突いた走塁も魅力的。

野球センス十分で、もっと体の線がしっかりしてくればプロ入りも考えられます。

将来性を買われて、育成指名の可能性も考えられますね。

スポンサーリンク

松原任那(履正社)

【視察球団】

視察球団:不明

1年秋の神宮大会で活躍を見せた大型スラッガーの松原任那。

現在は大型二塁手として打線の中軸も担っているが、粗削りな部分が多く指名候補とまでは言えません。

ただ、力強いスイングと思い切りの良さは魅力的で最後の夏でどこまでアピールできるか見ていきたいですね。

立石健(大体大浪商)

【視察球団】

セパ10球団(内訳不明)

2年生の時にデビューから公式戦28イニング無失点と頭角を現した立石健投手。

最速140キロのストレートにスライダー、カーブ、チェンジアップを織り交ぜる本格派右腕としてプロ10球団が視察に訪れる程です。

2年冬には大阪選抜にも選ばれ、最強大阪桐蔭の主力らと台湾遠征を経験し刺激を受けました。

2018春の大阪大会はリリーフとしての登板が中心でしたが、大阪桐蔭に対しても2回4奪三振無失点と好投を見せました。

最後の夏は大阪地区は南北に分かれ、大体大浪商は大阪桐蔭とは別ブロックの南大阪となります。

39年ぶりの聖地で躍動し、プロ入りを引き寄せたいところ!

大石晨慈(近大付属高)

【視察球団】

不明

中学時代にはU15侍ジャパンに選ばれ、近大付属入学後も1年夏からエースナンバーを背負う大石晨慈投手。

最速は140キロだが、球速以上にキレのある直球が魅力の左腕で真っ直ぐで狙って三振が取れるのが武器です。

中学時代には羽曳野ボーイズのエースとしてジャイアンツカップ優勝。

当時のチームメイト健大高崎の山下航汰、天理の太田椋らと並び2018年ドラフト注目の選手となっています。

最後の夏は南大阪大阪大会。

大阪桐蔭や履正社の強豪は北大阪に属することから、近大付属は興國や大体大浪商ら古豪と優勝を争う有利な状況です。
混戦も予想されますが、自身初の甲子園出場に向け燃えたいところ。

羽田野温生(汎愛高校)

【視察球団】
楽天、阪神

公立の大阪市立汎愛高校のエース羽田野温生(はるき)投手。

188センチ84キロと恵まれた体格から最速147キロのストレートを投げ下ろす本格派右腕で、公立の星としても注目されています。

最高成績は大阪8強も1年秋に公式戦デビューし大阪桐蔭の根尾昂から空振り三振を奪うなど着実に知名度を上げてきました。

阪神の畑山チーフスカウトは「夏までにどれだけ成長するか楽しみ」、
楽天の愛嬌スカウトは「今後も楽しみに見ていきたい」と将来性を感じ取っています。

最後の夏は、大阪桐蔭や履正社と同じ北大阪だが、1つでも多く勝ち上がり母校初のプロ野球選手誕生を目指します。

まとめ

というわけで高校野球2018、大阪代表注目選手のドラフト評価についてまとめてみました。

今回は10選手の紹介でしたが、さすがは激戦区大阪!まだまだ紹介しきれないほど有力選手がいます。

100回大会ということで大阪南北2代表が甲子園に出場しますが、圧倒的勢力の大阪桐蔭に履正社なとが対抗する北大阪に対して、南大阪は混戦となりそうです。

どこが勝ち上がるか、またどの選手がプロへの道を切り開くのか注目していきたいですね!