高校野球2018・東京の注目選手

春夏連覇を目指す西の雄、大阪桐蔭高校を中心にどちらかというと西の高校の選手に注目が集まるところではありますが、東京だって負けてはいません!

2018年も高校生のドラフト候補がたくさんいます。

というわけで、今回は東京の注目選手のドラフト評価についてまとめていきます。

ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

野村大樹(早稲田実)

【視察球団】
オリックス、日本ハム、広島、中日、ヤクルト

名門早稲田実業高校で1年生の夏から4番に座る野村選手。

身長172cm/体重82kgと決して大柄ではないもののどっしりとした体格の持ち主で、フルスイングから放たれた高校通算本塁打数は57本というパワーの持ち主。
ただパワーがあるわけではなく、ミート力も一級品で広角に打てる能力の高さも持ち合わせているのは本当に強みです。

打力に関しては日本ハムや広島が高く評価しており、体幹の強さや下半身の粘りなど穴の無さを評価!
個人的には日本ハムの清宮選手が早稲田実業高校時代に活躍できたのは自身の実力もさることながら、次打者に野村選手が控えていたこともあるのではないかと思っています。

その実力から2018年のドラフトが楽しみではあるのですが、2017年のドラフトでこそ清宮選手がプロ入りを表明したものの、早稲田実業高校を卒業する選手のほとんどが進学をしているため、その進路に注目していきましょう。

CHECK!野村大樹(早実)のドラフトは競合する?各球団の評価をチェック  

草薙柊太(国士舘)

【視察球団】
楽天、巨人

身長180cm/体重80kgのしっかりとした体格からMAX147kmのストレートを武器にカーブ、スライダー、チェンジアップを操る国士舘高校のサウスポー。
中学時代に所属していた篠崎野球クラブでは、中学3年生時にエースとして春季東日本中学生軟式野球大会で準優勝をし、優秀選手にも選ばれた実績を持っています。

左腕のテイクバックがやわらかくコンパクトな投球フォームのため、ボールの出どころが非常に見にくいタイプです。
巨人の青木スカウトも「独特な肘の使い方で打者にとっては見づらい。下柳さん(元阪神など)に似ている」と言っています。

サウスポー不足の巨人としては、可能性を秘めている草薙投手のようなタイプは欲しいと思いますので、十分にドラフト候補として食い込んでくるのではないでしょうか。

まだ十分な経験や実績を積んでいないので、夏の大会の実績如何によっては、さらに注目される存在になるかもしれませんね。

勝又温史(日大鶴ケ丘)

【視察球団】
広島、日本ハム

身長180cmから投げ下ろすストレートは最速150kmをマーク。まさに本格派右腕といった印象でストレートのほかにはスライダー、カーブ、カットボール、フォークボールを投げ分けます。

課題はコントロールで、2017年秋季大会で早稲田実業高校と対戦した時には、4四死球6失点と2回を持たずに降板してしまいました。

しかし、まだまだ実績は少ないものの腕の振りの強さや高い身体能力は評価が高く、広島の尾形スカウトは

「黒田さんみたい。東京No.1ですね」

と高評価。

またバッティング能力も高く、1年生の秋からレギュラーの座をつかみクリーンアップを任されています。
投打ともに持っている素質は高いので、第100回の記念大会でひと暴れすればプロへの道も十分に開けてくるのではないでしょうか。

石橋康太(関東一)

【視察球団】

広島

遠投115m、セカンド送球最速1.84秒の強肩と高校通算39本塁打の強打が魅力の石橋選手。

関東一高では1年生の春からベンチ入り。1年生の夏からレギュラーでクリーンアップを任され、2年生の夏の東東京大会では4試合連続ホームランという実績も残しています。

またパワーだけではなく状況に合わせて広角に打ち分ける勝負強さも併せ持ち、そう簡単に三振もしないことから、バッティング能力は本当に高いものを持っています。

広島の苑田スカウト統括部長は

「体が強いね。いい打撃をしている」

と評価をしているように、打力の高い捕手はどこのチームも欲しいはずです。さらにファーストも守れますし、パ・リーグならDHと活躍の幅を広げることも可能ではないでしょうか。
夏の大会の活躍次第では、注目の的のひとりになってもおかしくありませんね。

日置航(日大三)

【視察球団】
楽天、巨人、ヤクルト

日大三高ではキャプテン、そしてクリーンアップでチームを引っ張る日置選手。

攻守のバランスが取れており、安定した守備と打撃センスの高さは秀逸。左右への打ち分け、チャンスでの勝負強さ、高校通算17本塁打のパワー、選球眼の良さと、強打日大三高の主軸を打つだけのことはある能力の高さを持っています。

その成長には目を見張るものがあり、巨人でプレーしていた時にショートも守っていた巨人の岡崎スカウト部長は

「もともと守備のいい選手。高校生ではトップだと思う。体も大きくなっている」

と高い評価をしています。坂本選手の後継者としてうってつけの能力を持っているのではないでしょうか。

2018年のドラフトでは大阪桐蔭高校の根尾選手を筆頭に、ショートにレベルの高い選手が名を連ねています。その内のひとりである日置選手には、夏の大会で成長している姿が見られることを期待せずにはいられませんね。

斎藤未来也(関東一)

【視察球団】
不明

関東一高の米澤監督が歴代No.1と評するスピードスター。

50m5.8秒、一塁到達最速3.87秒ととにかく足が速く、シングルヒット性の打球でも常に二塁を狙う貪欲さを持っています。また塁に出れば、ほぼ二盗を仕掛けてくるため相手バッテリーとしては、これほど嫌なランナーはいないはずです。

トップバッターとして打撃能力も向上しているため、夏の大会では自慢の走力で対戦チームをかき乱し、存分にアピールしてもらいたいところです。

スポンサーリンク

吉岡桃汰(東大和南)

【視察球団】
不明

注目が高まりつつある「都立のドクターK」

身長180cm/体重79kgとガッシリした体格で最速141kmのストレートとウイニングショットの縦と横のスライダーを武器に、カーブ、チェンジアップ、スプリットを投げる吉岡投手。弓を引くように左腕をグッと引き、そのままの流れでしなるように投げ込む投球フォームは、ムダが少なく余分な動きがないように見えます。

そんな吉岡投手が2018年春季東京都大会で奪った三振数は4試合でなんと63個! 初戦の都立淵江高校戦では奪三振22を記録しました。

入部当初はファーストでしたが、高田監督からピッチャーとしての素質を見込まれ1年生の秋にピッチャーに転向。

しかし、すぐに芽は出なかったものの、練習中のケガから聞き手の左手を鍛えたところボールに力強さがつき、みるみる球速がアップ! 怪我の功名とはまさにこのことですね!

噂を聞き付けた6球団のプロのスカウトマンは、

「力がついてくれば面白い。フォームも良いし変化球も良い。これといった欠点は見当たらないですね」「クイックや牽制も上手い。大学行っても追いかけたい存在です」

と上々のコメント。

吉岡投手は高校卒業後の進路を大学に見据えていますが、これから更なる経験を積んでいけば、大物に化ける可能性も十分に秘めている存在ですね。

田中悠我(帝京)

【視察球団】
不明

高校通算本塁打23本のパワーと、1年生の夏からスタメンに起用されて4試合(12打数6安打3打点)で打率.500の成績を残せるほどのバッティングセンスを持つ田中選手。

逆方向への強い打球を意識することでボールを近くまで呼び込めるようになり、全体的に強い打球が打てるようになったのと、打率が残せるようになりました。

また冬場のウェイトトレーニングで身体を大きくすることでパワーをつけ、長打も打てるようになりました。

この夏が田中選手の集大成になりますが、1年生の冬から守っているショートの守備を安定させるという課題も含めて、チームの4番として一花咲かせてほしいと思っています。

中村奎太(日大三)

【視察球団】
不明

身長174cm/体重75kgとそこまで体格に恵まれている方ではありませんが、日大三高の投打の柱として活躍する中村選手。

ピッチングでは右スリークウォーターからMAX144kmのストレートとキレのあるスライダー、カットボール、フォークを巧みに投げ分け、経験とともに次第に安定してきた感があります。

ただ、まだ力み癖があるため、春センバツでの由利工業高校戦で自らピンチを招いてしまったり、春季東京都大会準決勝での早稲田実業高校戦で先取点を許してしまったりする点はこれからの課題と感じます。

バッティングは、内外角関係なくシャープな振りで広角に打てる高い能力を持っていて、長打力があるのも魅力です。

まだまだ成長途中ではありますが、夏の大会の活躍次第ではスカウトの目に留まっても不思議ではない存在ではないでしょうか。

片山昂星(東海大菅生)

【視察球団】
不明

昨夏の甲子園では東海大菅生の4番として、16打数8安打1本塁打2打点の成績を残し見事にその役割を果たしました。

思い切りのいいフルスイングは、どこかソフトバンクの柳田選手やオリックスの吉田選手とどこか重なるものがあります。

片山選手の凄さはスイングスピードにあります。高校生の平均で107~120km、プロ野球の平均で140km~という情報がありましたが、片山選手の最高スイングスピードは驚異の159.9km!

ホームランを量産するプロ野球のスラッガーでも160km以上ですので、片山選手は高校生にして既にプロ野球の一流選手の域に到達していることになります。

しかし片山選手にも自らの課題があり、それはミスショットを減らすことなんだそうです。

ホームランを量産するだけではなく、どんな球にも対応できるようなバッティングフォームを確立させたいとのことでレベルアップを目指しているようです。

日々自分と向き合い研鑽し続ける片山選手。今年の西東京大会では、昨夏から一皮むけた片山選手のパワーあふれるバッティングから目が離せませんね!

まとめ

ここまで高校野球2018!東京代表注目選手のドラフト評価についてまとめてきました。

今回は10選手を紹介しましたが、東京代表の注目選手は将来性のある選手が多くいることがわかりました。

例年のことではありますが、東西東京大会は私学が上位を占める結果になっています。しかし今年、東東京大会は混戦で第1シードの都立小山台高校や甲子園出場経験のある都立城東高校などにもチャンスがありそうです。また西東京大会は都内では負け知らずの横綱日大三高の牙城をどの高校を崩すのか。

いずれにしても第100回記念の甲子園への切符は1枚ずつ。結果だけが全てではありませんが、全選手がチームのために、そして将来のために、悔いのないようプレーをしてもらいたいです!