独立リーグドラフト候補2018

独立リーグドラフト候補2018!

毎年ドラフトでは甲子園で活躍した高校球児や六大学リーグ、全日本選手権などで活躍した大学生、都市対抗で光った社会人などが注目されがちです。

しかし、独立リーグだって良い選手は沢山います。

ということで今回は独立リーグの2018年ドラフト候補に焦点を当てていきますので是非ご覧ください!

スポンサーリンク

橋詰循(栃木ゴールデンブレーブス)

橋詰循・栃木ゴールデンブレーブス)

190センチ/90キロ/右投げ右打ち

兵庫県立津名高校から千葉経済大学に進み現在栃木ゴールデンブレーブスで活躍している長身右腕。

主に抑えとして35試合に登板し1勝3敗6セーブを挙げています。最速151キロのストレートと鋭いフォークが武器で奪三振率8.42を記録。四死球が多いのが少し目立ちますが素質は十分です。

高校時代には目立った成績の無い分、大学、独立リーグで大きく伸びた選手ですね。

ヨンデル・ラミレス(群馬ダイヤモンドペガサス)

ヨンデル・ラミレス・群馬ダイヤモンドペガサス

192センチ/95キロ/右投げ左打ち

現DeNAベイスターズで監督をしているアレックス・ラミレス監督の甥っ子。

日体荏原高校出身で3年間登板機会無しで卒業しました。卒業後は群馬ダイヤモンドペガサスにて活躍し今年で4年目。最速148キロのストレートとスライダー、カーブ、フォーク、ツーシームなど多彩な変化球を持っています。

独立リーグでの実績は乏しいですが実力はあると思います。

村田陽春(武蔵ヒートベアーズ)

村田陽春・武蔵ヒートベアーズ

174センチ/80キロ/右投げ右打ち
日南学園から東京国際大へ進学後ヒートベアーズへ入団。

大学時代には4年時にリリーフで7試合登板し2勝を挙げています。

ヒートベアーズでは1年目から登板しており、中継ぎ抑えで46試合に登板し防御率2.47、2勝2敗4セーブの実績を残していますね。2年目からは先発として登板機会が増えるも思うような成績を残せず中継ぎに戻りました。

最速151キロのストレートとチェンジアップのコンビネーションが武器ですね。スライダー、カットボールも持ち球です。

斎藤英輔(信濃グランセローズ)

斎藤英輔・信濃グランセローズ

180センチ/82キロ/右投げ両打
福岡出身ですが、高校は青森山田へ進学。1年夏からベンチ入りし2年夏には甲子園のマウンドに立っています。

高校では腰痛に悩まされました。

高校卒業後は青山学院へ進学し、リーグ通算39試合登板、6勝10敗、109奪三振、防御率2.30という成績を残しています。大学時代には152キロの自己最速をたたき出していますね。その後は鷺宮製作所野球部に入部し全国のマウンドも経験しています。

今まで怪我に悩まされてきている選手ですが実績は十分ですね。

高平廉都(福井ミラクルエレファンツ)

高平廉都・福井ミラクルエレファンツ

180センチ/79キロ/右投げ右打ち

高校時代は外野手を務め、投手歴が浅い選手。

啓新高校からプロ入りを目指すも指名がなく一時期は相双リテックに入社し軟式野球に転向し、強肩を活かして投手を担いました。

高卒2年目から福井ミラクルエレファンツに契約選手として所属し、最速150キロを武器にリリーフとして活躍しています。

経験不足からか、被安打が多く防御率もあまりよくありませんが投手歴も浅いので今後の伸びしろの大きさには期待できます。

藤岡雅俊(石川ミリオンスターズ)

藤岡雅俊・石川ミリオンスターズ

桐蔭学園卒。

甲子園経験はありませんが1年秋からベンチ入りを果たしていますね。高校時代から140キロオーバーのストレートで鳴らしていました。

卒業後は中大に進学しますが、中退し福井ミラクルエレファンツへ入団。その後石川ミリオンスターズに移籍しています。

1年目には10セーブを挙げる活躍をし、2年目には主に先発で10勝を挙げる活躍を見せていますね。

最速147キロのストレートとスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークと多彩な変化球を操る器用な投手です。プロでも即戦力として活躍できる選手ですね。

原田宥希(香川オリーブガイナーズ)

原田宥希・香川オリーブガイナーズ

180センチ/80キロ/右投げ右打ち

最速150キロのサイドハンド投手。大体大浪商では控え投手として活躍し3年の夏大阪大会では履正社にサヨナラ負けの決勝打を食らっていますね。

その後は滋賀・高島ベースボールクラブにてプレー。

2年目にトライアウトで合格しドラフトで3位指名を受け香川オリーブガイナーズに指名され入団しました。防御率が安定しており、リーグでも常に上位に入ってくる選手でもあります。

タイプとしてはスライダー、シンカー、ツーシームなど速い変化球を中心に操る投手ですね。

フォアボールが多いのが欠点でもありますが克服すればプロでも活躍できる能力があります。

高島秀伍(香川オリーブガイナーズ)

高島秀伍・香川オリーブガイナーズ

185センチ/82キロ/右投げ右打ち
桐蔭中時代に、軟式で全中準優勝を経験している投手。

高校大学ではレフトとして活躍し、特に東洋大では4年時に正レフトの座を手に入れ3本のホームランを放っています。

その後はセガサミーに就職しそこでもレフトとして活躍し全日本選手権で打率0.667の高打率を残していますね。

そして香川オリーブガイナーズに入団後投手に再挑戦することになります。最速150キロのストレートでプロの3軍相手に勝利するピッチングもしていますね。

ポテンシャルが高い上に中学以来投手経験が無いため伸びしろの大きい選手です。

鎌田光津希(徳島インディゴソックス)

180センチ/87キロ/右投げ右打ち
最速155キロのストレートを持つ本格派右腕。

横芝敬愛高校出身で3年夏にエースとして全4試合の先発を務めています。

この大会では、浦安との引き分け再試合では計320球の熱投で連続完投し勝利していますね。

1試合目には延長15回8安打6四死球2失点、再試合で9回6安打1失点の2日間合計で24回を1人で投げぬいています。

大学進学後は怪我を経験しその後思うような投球ができませんでした。

持ち球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、ツーシームと多彩で即戦力としての期待がかかります。

スポンサーリンク

岸潤一郎(徳島インディゴソックス)

岸潤一郎・徳島インディゴソックス

174センチ/76キロ/右投げ右打ち
甲子園で6勝を挙げた強気にインコースを攻める投手。

明徳義塾時代には、1年春からベンチ入りし3年時はエースとして春夏の甲子園に出場しています。

特に春の選抜では3試合で35回、493球の熱投を見せてくれていました。4番としても活躍し高校通算ホームランを24本放っています。

大学時代は怪我による影響からか登板機会はごくわずかでありました。最速146キロの伸びのあるストレートと130キロ前後のカットボール、縦のスライダー、フォークとチェンジアップが持ち球で内角を攻めるピッチングが持ち味です。

高校時代には野手としてもプロから注目された逸材ですね。

四戸洋明(愛媛マンダリンパイレーツ)

四戸洋明・愛媛マンダリンパイレーツ

186センチ/83キロ/右投げ右打ち

国士舘高校出身の22歳。甲子園経験はありませんが、2年秋からエースの座を獲得しその後もエース格として試合に起用される存在になりました。

高校卒業後は独立リーグへ。1年目から9試合に登板し30回と2/3で27奪三振、2勝2敗、防御率4.70の成績を残しています。2年目にはさらに成長し7勝を挙げ、防御率も2.38と大きく改善しました。

独立リーグでの実績も十分のため、プロ指名後の活躍も期待できます。

岡部峻太(高知ファイティングドッグス)

岡部峻太・高知ファイティングドッグス

174センチ/74キロ/右投げ右打ち
ソフトバンク3軍相手に好投した自己最速147キロの右腕

高校卒業後2015年に社会人硬式野球クラブチーム・BANベースボールクラブに所属し、同年8月に高知ファイティングドッグスへ入団しました。甲子園や全日本クラブ選手権本戦出場などはありませんね。

独立リーグ2年目には、10勝を挙げる活躍を見せ防御率も2.81と安定したピッチングをしました。被打率は高めですが、ランナーを出してからのピッチングは安定感がありますね。

スライダー、スプリットにストレートを加えた投球が持ち味です。

プロではリリーフとして活躍が期待されますね。

園部翔也(福島ホープス)

園部翔也・福島ホープス

177センチ/71キロ/左投げ左打ち
最速146キロの速球は左腕。

高校1年秋からベンチ入りしますが、2年春に腰痛でベンチ外を経験しましたが、2年秋にエースナンバーを獲得し3年春に146キロを計測しています。甲子園経験は無しですね。

その後は中大へ進み、退学後青森大学へ編入。2017年のドラフト隠し球とも噂されていましたが指名されず同年BCリーグの福島からドラフト指名されました。

スライダー、カーブ、チェンジアップ、シュートが持ち球ですね。

サウスポーということでプロからの指名は期待できます。

漆戸駿(信濃グランセローズ)

漆戸駿・信濃グランセローズ

178センチ/80キロ/右投げ右打ち

通信制高校の地球環境高校出身。通信制高校の中では史上初の甲子園出場を果たしていますね。

高校入学時は110キロだった球速は甲子園出場時には143キロを計測するまでになりました。北信越大会では大会時記録となる32回連続無失点を記録する快投を見せています。

その後は京都学園大学へ進学しましたが、怪我もあり目立った成績は残せませんでした。

出どころの見づらい投球フォームから、スライダー、チェンジアップ、シンカー、シュートを投げ込む選手です。

独立リーグ日本一を目指しプロも目標に頑張ってもらいたいですね。

伊藤克(徳島インディゴソックス)

伊藤克・徳島インディゴソックス

178センチ/88キロ/右投げ右打ち
高校野球経験無しの異色の経歴を持つ選手。

中学時代に最速142キロを出して強豪校から注目されるようになります。

しかし、卒業後は強豪校の誘いを蹴って建設会社に就職。経済的な理由とモチベーションの低下で野球から離れ、2年のブランク期間を過ごします。

14年春選抜をTVで見た事で野球を再開しEMANON B.B.C 戸塚で3年目にエースの座をつかんでいますね。

その後トライアウト合格を果たし2017年から徳島インディゴソックスに入団。主にリリーフとして活躍し安定したピッチングを見せています。

最速147キロのストレートとスライダーはプロからも注目されていますね。

まとめ

いかがでしたか。

2018年も独立リーグからプロに進み活躍している選手は沢山います。

即戦力として期待される選手なので各球団の動きが注目されますね。

2018年独立リーグからドラフト指名される選手から目が離せません