日南学園野球部メンバー2018

日南学園野球部メンバーの出身中学と注目選手のまとめ【2018年版】

高校野球2018!

高校野球夏の100回大会で甲子園出場を決めたチームを紹介していきます。

今回は2年ぶり9回目の夏の甲子園出場となる宮崎の日南学園高校です。

部員100人以上がいる宮崎の強豪、日南学園高校ですが宮崎県大会は苦しい戦いが続きました。

3回戦、準々決勝では終盤までリードを許す展開も粘り強く逆転勝ちで駒を進めました。

そんな2018日南学園高校野球部メンバーの出身中学と注目選手を紹介!

またの中心選手やチームの特徴などをまとめていきます。

スポンサーリンク

日南学園高校野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

それでは2018年日南学園野球部メンバーの出身中学とポジションがこちらとなります。

夏の甲子園2018のメンバー

投手

  • 背番号1/辰己凌晟/3年/出身中学:橿原市畝傍中(奈良)

捕手

  • 背番号2/蓑尾海斗/3年/出身中学:日南市吾田中(宮崎)

内野手

  • 背番号3/尾崎和音/3年/出身中学:堺市上野芝中(大阪)
  • 背番号4/沖秀太/3年/出身中学:大阪市此花中(大阪)
  • 背番号5/坂元海/3年/出身中学:都城市沖水中学校(宮崎)
  • 背番号6/中島一颯/3年/出身中学:宮崎市檍中(宮崎)

外野手

  • 背番号7/奥野竜也/3年/出身中学:宮崎市大淀中(宮崎)
  • 背番号8/桑田潤/3年/出身中学:大阪市三国中(大阪)
  • 背番号9/門川大晟/3年/出身中学:宮崎市加納中(宮崎)

その他ベンチ入りメンバー

背番号10/原真太郎/3年/出身中学:国富町本庄中(宮崎)
背番号11/庄田和規/2年/出身中学:宮崎市本郷中(宮崎)
背番号12/山田竜大/2年/出身中学:堺市旭中(大阪)
背番号13/年見口源/3年/出身中学:日南市南郷中(宮崎)
背番号14/山田雄大/3年/出身中学:霧島市牧之原中(鹿児島)
背番号15/村井海大/3年/出身中学:大阪市横堤中(大阪)
背番号16/米田開/3年/出身中学:橋本市紀見北中(和歌山)
背番号17/土屋祐太/3年/出身中学:宮崎市宮崎西中(宮崎)
背番号18/辰嶋優/1年/出身中学:福智町金田中(福岡)

スポンサーリンク

注目選手

2018年日南学園高校野球部の注目選手はこちらの選手

蓑尾海斗

175センチ/76キロ/右投右打/捕手

扇の要、そしてキャプテンをしてチームを支える蓑尾選手。

3年夏の県予選では19打数8安打で打率4割超えの活躍

主軸3番打者として甲子園出場に貢献しました。

体はさほど大きく無いもののしっかりと振り抜く打撃で好機を演出します。

また、捕手としてもフットワークの良さを武器にタイプの違う5人の投手をリードしてきました。

まずは2年ぶりの甲子園で初戦突破を目指します。

辰己凌晟

176センチ/76キロ/右投左打/投手

決め球のスライダーを軸に多彩な変化球を操るエース。

予選では全5試合に登板しましたが、24イニングスで12失点と打ち込まれました。

四死球も8つと不安定で夏の戦いの難しさを実感したかと思います。

ただ、丁寧に低めに決まっている時のピッチングは素晴らしいので甲子園では低めで打たせてとる投球を心がけたいですね。

端整な顔立ちですし、人気投手になるのでは?

坂元海

172センチ/72キロ/右投右打/内野手

小柄ながら思い切りの良い打撃でチームを引っ張る好打者。

2番三塁手として出場した予選では打率4割台の活躍でチーム最多の9打点を叩き出しました。

決勝では本塁打を放つなど4本の長打を放つなど勝負強さが光ります。

毎日500本の素振りを欠かさずしてきた成果が出ていて、切れ目のない打線を支えています。

日南学園野球部2018の特徴

2年ぶりの夏の甲子園出場を決めた宮崎の日南学園高校。

切れ目のない打線と粘り強さを発揮して駒を進めてきました。

初戦は5回コールド発進も3回戦と準々決勝では終盤までリードを許す展開でしたが、いずれの試合も8回裏のチャンスをものにして逆転勝ちをおさめました。

決勝の日章学園戦は両軍合わせて31安打の乱打戦となりましたが、坂元や門川の本塁打など長打攻勢で勝ちきりました。

一方のディフェンス面では失策の少ない安定した守りとタイプの違う5人の投手の粘投で勝利を引き寄せます。

新チームは初戦敗退からスタートしましたが悲願の甲子園出場までたどり着きました。

過去最高は2001年に寺原隼人を擁してのベスト8。

平成最後の甲子園で平成の日南学園を彩った投手に恥じぬような戦いを見せたいところ。

まとめ

というわけで、2018年版の日南学園高校野球部メンバーの出身中学と注目選手についてまとめてみました。
いかがでしたか?

注目はチーム安打数の約半分を放っている2から4番の3選手。

長打力もありチームを勢い付ける打者たちです。

接戦での粘り強さもあるだけにダークホース的存在になれるのか?注目したいですね。