鳥取城北高校野球部メンバー2018

2017年の夏は鳥取大会の優勝候補に挙げられながら、まさかの初戦敗退。今夏はノーシードから挑み、準々決勝で今春の鳥取大会を制した八頭高校をシーソーゲームの末、6回にビッグイニングを作り逆転勝ち。

その勢いのままに準決勝の鳥取西高校戦は、同点の8回にビッグイニングを作り相手を突き放しました。そして決勝戦では米子西高校をシャットアウトで退けて、3年ぶり5回目となる甲子園への切符を手に入れました。

ここ3年、鳥取県勢は初戦敗退と元気がありませんが、校内で鳥取大会の優勝報告を行った際に片山キャプテンは校内放送で全校生徒に向けて

「応援ありがとうございました。甲子園では、鳥取に新たな歴史を刻む戦いをしてきたいと思います」

と挨拶をし、強い意気込みを伝えました。

そんな2018年鳥取城北高校野球部の出身中学と注目選手についてまとめていきます。

ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

鳥取城北高校野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

それでは2018年鳥取城北高校野球部メンバーの出身中学とポジションがこちらです。

※夏の甲子園登録メンバー

投手

  • 背番号1/難波海斗/3年/大阪市菫中(大阪)

捕手

  • 背番号2/山下泰輝/3年/枚方市枚方四中(大阪)

内野手

  • 背番号3/山田椋一/2年/奈良市平城西中(奈良)
  • 背番号4/藤原颯大/3年/大阪市緑中(大阪)
  • 背番号5/忍海部透生/3年/姫路市安富中(兵庫)
  • 背番号6/河野律樹/2年/京都市梅津中(京都)

外野手

  • 背番号7/吉田修平/3年/鳥取市桜ヶ丘中(鳥取)
  • 背番号8/片山隼/3年/鳥取市西中(鳥取)
  • 背番号9/垣内丈二/3年/宍粟市山崎東中(兵庫)

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/野田翔/3年/朝来市梁瀬中(兵庫)
  • 背番号11/浦林直哉/3年/八頭町八頭中(鳥取)
  • 背番号12/大成塁/2年/神河町神河中(兵庫)
  • 背番号13/中島佑吏/3年/川西市川西南中(兵庫)
  • 背番号14/曽根陸成/3年/大阪市大桐中(大阪)
  • 背番号15/西村祐介/3年/門真市門真七中(大阪)
  • 背番号16/田野島瑛/3年/福知山市南陵中(京都)
  • 背番号17/萱原誠道/3年/吹田市山田中(大阪)
  • 背番号18/西村龍聖/3年/養父市関宮中(兵庫)

スポンサーリンク

注目選手

そして2018年鳥取城北高校野球部の注目選手はこちらです。

難波海斗

170cm/67kg/右投げ右打ち/投手

決して体格に恵まれているわけではありませんが、右腕を一度下げて投げる独特のピッチングフォームから最速142kmのストレートを武器にスライダーとフォークを織り交ぜてバッターを打ち取ります。鳥取大会では27.2回を投げ奪三振33とイニングを上回る三振を奪い、エースとしての力を見せました。

中学時代は大阪の枚方ボーイズで大阪桐蔭高校の藤原選手、報徳学園高校の小園選手らとプレーをしていた難波投手。大舞台で今まで秘めた能力を開花させる可能性も十分にありますね!

山田椋一

177cm/79kg/右投げ右打ち/内野手

1年生の秋からスタメンで出場している鳥取城北高校の4番打者。

ライト方向にも強い打球を打つことができるパワーは魅力的で、鳥取大会では22打数7安打6打点で打率.318、準々決勝の八頭高校戦では試合を決定づける2ランホームランをレフトスタンドに叩き込みました。

山田選手自身としては鳥取大会で納得のいく成績が残せていないかもしれませんが、その気持ちを甲子園で存分にぶつけてほしいですね。

片山隼

178cm/71kg/右投げ左打ち/外野手

チームを引っ張る鳥取城北高校のキャプテン。

俊足巧打で広角に打ち分けることができ、鳥取大会では19打数9安打8打点、打率.474と十分な活躍を見せてくれました。

中学時代には鳥取県の総合体育大会の200m走で3位に入るほどの足の持ち主で、守備範囲が広い点も魅力です。

公表されている片山選手のコメントからも分かる通り、とにかく上昇志向の強いキャプテン。何か本当に鳥取の歴史を変えてくれる鳥取城北旋風を巻き起こしてくれそうな気がします。

鳥取城北高校野球部2018の特徴

鳥取県内で圧倒的な部員数がいながら2年間甲子園へ出場できず、また新チーム結成後の秋季県大会では、決勝の米子松蔭戦で先制しながらも逆転負けし準V、春季県大会では準々決勝で米子北高校に5回コールド負けと屈辱を味わい、その危機感は部員全員が共有しています。

例年に比べ突出する選手が少ないため、山木監督は「春のレギュラーでも、夏の大会の選手18人になれるか分からない」と部員同士に競争を意識させて個人の力を伸ばしてきました。

投手陣は昨秋から急速に力をつけ、この夏の大会でエースナンバーを勝ち取った右腕の難波投手が中心。決勝の米子西高校戦では見事完封で甲子園を決めました。

また130km後半のストレートが武器の右腕野田投手、130km後半のストレートにカーブとチェンジアップを使い分ける左スリークウォーターの浦林投手、春のエースで本格派右腕の西村投手と、例年以上の投手層の厚さはかなり魅力的です。

打撃陣は鳥取大会5試合で63安打47得点、チーム打率.362の強力打線がウリ。2年生で4番を打つ山田選手を中心に、3番キャプテンで俊足巧打の片山選手と、5番でホームラン2本を放った藤原選手は共にチームトップの8打点を叩き出しました。

また6番の忍海部が15打数9安打で打率.600、打点5に5盗塁とチームに貢献し、中軸の信頼性は高いものがあります。さらにチーム盗塁数22からも分かる通り、相手チームに足でプレッシャーをかけることもできます。

個々人の意識を高めながら、試合ごとに調子を上げてきた鳥取城北高校メンバー。長年「打線が課題」と言われている鳥取県勢ですが、例年とは違う打ち勝つ野球で一つずつ勝ち星を積み重ねていきたいですね。

まとめ

ここまで2018年の鳥取城北高校野球部メンバーの出身中学と注目選手についてまとめてみました。

鳥取城北高校が甲子園に出場したのは3年前の2015年。チームを率いるキャプテンの片山選手は「絶対に自分たちの代で行こう」と声をかけ、甲子園出場を現実のものにしました。

前回甲子園に出場した時と同じく、鳥取大会をノーシードから勝ち上がってきたチーム。3年前のチームよりも打線に厚みがあり、片山キャプテンが言うように鳥取に新たな歴史を刻むかもしれません。

山木監督も「試合ごとに選手の成長を感じた」と言うように、甲子園でも選手の成長とともにチームが躍進するところを見ることができるかもしれませんね!