丸亀城西高校野球部メンバー

夏の甲子園2018!

今回は香川県代表の丸亀城西高校野球部についてまとめて行きたいと思います。

13年ぶり5回目の出場と久々に甲子園に帰ってきた2018年丸亀城西高校野球部メンバーの出身中学と注目選手をチェック!

またチームの特徴にも迫っていきますので是非ご覧ください!

スポンサーリンク

丸亀城西高校野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

2018年の丸亀城西高校野球部メンバー2018の出身中学は

※夏の甲子園2018の登録メンバー

投手

  • 背番号/1大前輝明/3年/丸亀市立西中(香川)
  • 背番号/10大西徳哉/3年/善通寺市立西中(香川)
  • 背番号/11真鍋祐樹/3年/琴平町立琴平中(香川)

捕手

  • 背番号2/福田直人/3年/宇多津町立宇多津中(香川)
  • 背番号12/松山啓吾/2年/まんのう町立満濃中(香川)

内野手

  • 背番号3/塩田小次郎/3年/丸亀市立東中(香川)
  • 背番号4/中川斗蒼/3年/丸亀市立飯山中(香川)
  • 背番号5/平池碧土/3年/丸亀市立綾歌中(香川)
  • 背番号6/水野達稀/3年/丸亀市立南中(香川)
  • 背番号17/大西佑京/3年/三豊市和光中(香川)

外野手

  • 背番号7/藤田翔希/2年/三豊市立三野津中(香川)
  • 背番号8/佐竹流星/3年/丸亀市立東中(香川)
  • 背番号9/奴賀立樹/3年/香東高松市立香東中(香川)
  • 背番号13/近藤勝斗/2年/多度津町立多度津中(香川)
  • 背番号14/出耒大和/2年/丸亀市立東中(香川)
  • 背番号15/穴吹星成/3年/高松市立国分寺中(香川)
  • 背番号16/角銅秀仁/3年/善通寺市立東中(香川)
  • 背番号18/藤沢和弥/2年/善通寺市立西中(香川)

スポンサーリンク

注目選手

水野達稀

169センチ/69キロ/右投げ左打ち/内野手

攻守に欠かせない1番バッターでショートストップ。

1番バッターながら高校通算ホームランは20本を超え、香川県大会ではツーベース2本、スリーベース2本と長打力を見せつけています。

ヒット11本はチームトップで打率も4割後半とプロ注目という評判に違わない活躍をしました。

タイミングを外されてもヒットにできる器用さもあった水野選手ですが、秋までは少しパワーに物足りなさを感じていました。

そのため冬にスクワットなどで下半身を鍛え太もも回りを60㎝に強化したのだとか。そのおかげもあり小柄ながらパンチ力のある打撃ができるようになりました。

ショートとしてもそつなく守備をこなし香川県大会ではわずかにエラーは1つです。

インパクトの瞬間1歩目を出す事を意識した反応速度は一流ですね。

タイプ的には広島田中広輔選手のような選手で、甲子園だけでなく今後のドラフトでも注目したい選手です。

大前輝明

179センチ/91キロ/右投げ右打ち/投手

本格派右腕の丸亀城西高校のエース。

主に抑えとして試合を締める役割を担っていますね。

179センチ91キロと体格も良く、最速140キロの力のあるストレート、カーブ、スライダー、フォークと多彩な変化球も操ります。ピンチでも苦しい顔をせずむしろ笑顔でチームを鼓舞するタイプの選手です。

昨年夏は決勝で三本松高校に敗れ悔しい思いをした大前選手ですが今年はその雪辱を果たして甲子園出場を決めました。

昨年不甲斐ないピッチングをしてしまったので、その借りを先輩達に甲子園出場で返せたことが良かったと語っていましたね。

リリーフ専門エースが甲子園で躍動する姿が楽しみです。

真鍋祐樹

166センチ/62キロ/右投げ右打ち/投手

香川県大会で主に先発を担った打たせて取るタイプのピッチャー。

4月にエースの大前選手が練習中に骨折し、代わりに練習試合などで登板するようになった真鍋選手。

変化球でうまく相手打者を打ち取る姿を河本監督が目をつけ、夏は大前選手と真鍋選手の継投で行くと決めたそうです。

最後の夏のマウンドに立つことが不安だったそうですが、昨年夏の経験がある大前選手、大西選手からピンチは笑顔、スリーアウト取ったらガッツポーズ、相手の応援や声援も自分の力にするなどアドバイスを聞き心がけたそう。

香川県大会では4回まで投げ試合を作りエース大前選手にマウンドを託しました。甲子園でもいつも通りにプレーすると語り、聖地でのピッチングを楽しみたいのだとか。

しっかりと試合を作り自分らしいピッチングを見せて欲しいですね。

丸亀城西高校野球部2018の特徴

ノーシードから香川県大会を勝ち抜き、決勝で敗退し甲子園を逃した昨年の夏の雪辱を果たしました。

上位打線から下位打線までどこからでも点が取れる切れ目のない打線であり、チーム打率は香川県大会0.361。1番から6番までが左バッターという珍しい打線になっていますね。3番の藤田選手と4番の塩田選手の2人で10打点を稼ぎ勝負強いクリーンナップは強力です。

代打の切り札である奴賀選手は4打数3安打と当たりに当たっています。

投手は真鍋選手が先発しエース大前選手が抑えるのが勝ちパターン。

3年前から外部から師範を呼び空手の動きを取り入れたトレーニングを取り入れ、体幹が鍛えられたり、ボールにキレが出てきたりと効果が表れています。

空手の動きはピッチングやバッティングにもつながると河本監督は考え、空手の形を取り入れた声出しを試合前にし気合を入れているそうです。

空手効果で目指すは悲願の夏1勝。地元香川の選手たちが甲子園で躍動します。

まとめ

以上、2018年版の丸亀城西高校野球部メンバーと注目選手について取り上げてみました。

いかがでしたか?

丸亀城西高校は県立高校で選手の出身も地元のみです。

力のある私立高校が多く県外の選手が多いチームもある中でこういったチームは自然と応援したくなりますよね。是非頑張って欲しいですね。