敦賀気比高校野球部メンバー2018

高校野球2018!

高校野球夏の100回大会で甲子園出場を決めたチームを紹介していきます。

今回は3年ぶり8回目の夏の甲子園出場となる福井の敦賀気比高校です。

敦賀気比といえば2015年春の選抜大会で優勝したチーム。

夏の甲子園でも2014年のベスト4などこれまで二度準決勝まで駒を進めている実力のある高校です。

そんな2018年敦賀気比高校野球部メンバーの出身中学と注目選手をチェック!

またチームの特徴などをまとめていきます。

スポンサーリンク

敦賀気比高校野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

それでは2018年敦賀気比高校野球部メンバーの出身中学とポジションがこちらとなります。

※夏の甲子園2018のメンバー

投手

  • 背番号1/木下元秀/2年/出身中学:堺市三国丘中(大阪)

捕手

  • 背番号2/杉森圭輔/3年/出身中学:鯖江市中央中(福井)

内野手

  • 背番号3/坂口竜暉/3年/出身中学:河南町河南中(大阪)
  • 背番号4/岩本大輔/3年/出身中学:美浜町美浜中(福井)
  • 背番号5/野道大誠/2年/出身中学:福井市進明中(福井)
  • 背番号6/黒田響生/3年/出身中学:福井市足羽中(福井)

外野手

  • 背番号7/西川剣之介/3年/出身中学:大阪市築港中(大阪)
  • 背番号8/高橋丞/3年/出身中学:鯖江市中央中(福井)
  • 背番号9/細谷優作/3年/出身中学:長岡京市長岡中(京都)

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/坂井翔/3年/出身中学:鯖江市東陽中(福井)
  • 背番号11/黒田悠斗/2年/出身中学:鯖江市中央中(福井)
  • 背番号12/中野樹/3年/出身中学:岸和田市山直中(大阪)
  • 背番号13/森田里玖/3年/出身中学:大阪市中野中(大阪)
  • 背番号14/福田大輝/3年/出身中学:敦賀市粟野中(福井)
  • 背番号15/北山侍穏/3年/出身中学:敦賀市粟野中(福井)
  • 背番号16/中川莉久/3年/出身中学:柏原市玉手中(大阪)
  • 背番号17/進藤晟真/3年/出身中学:横須賀市馬堀中(神奈川)
  • 背番号18/笠島尚樹/1年/出身中学:鯖江市中央中(福井)

スポンサーリンク

注目選手

2018年敦賀気比高校野球部の注目選手はこちらの選手

杉森圭輔

178センチ/80キロ/右投右打/捕手

捕手としてキャプテンとしてチームを支える強打者。

中学時代には鯖江ボーイズで全国制覇を経験するなど1年時から期待を寄せられている存在でした。

3年夏は5番捕手として予選5試合でチーム最多の8安打で打率は.471と当たっていました。

守ってはタイプの違う5人の投手をリードしました。

背番号10の坂井以外は下級生で、経験不足の投手陣を引っ張る強さも持っています。

木下元秀

182センチ/85キロ/左投左打/投手

2年生ながら堂々たる投げっぷりでエースナンバーを背負うサウスポー。

予選では3試合で12回1/3ながら無失点に抑える活躍ぶり。

大きく曲がる100キロ未満のカーブと130キロ台後半のキレのあるストレートのコンビネーションで打者を翻弄します。

継投で勝ち上がってきたチームですが、エースとして長いイニングをしっかり抑えたいですね。

坂口竜暉

179センチ/88キロ/右投右打

2年夏から4番を打ち、豪快な打撃で注目を集めていた強打者。

鋭いスイングで軽々とスタンドに放り込むパワーを持っていて3年夏も4番打者としてチーム唯一のホームランを放っています。

予選5試合で5安打ながらチームトップの12打点を叩き出すなど勝負強さが光りました。

豪快な一振りで甲子園にもアーチを描きます。

敦賀気比高校野球部2018の特徴

3年ぶり8回目の夏の甲子園に出場する福井の強豪、敦賀気比高校。

センバツ優勝経験もあり、実績は十分なチームです。

2018年のチームは打力が持ち味。

初戦から準決勝までの4試合をすべてコールドで勝ち上がりました。

チーム打率は.391でスタメン9人中7人が打率3割を超えていて、下位7番の細谷は打率8割と切れ目のない打線に仕上がっています。

また、決勝では2-1で9回サヨナラ勝ち。

2年生エースの木下が7回2安打無失点の好投で勝利を呼び込むなど5投手の継投で粘り強い守りも光ります。

記念すべき100回目の夏で過去最高の準決勝突破を誓います。

まとめ

というわけで、2018年版の敦賀気比高校野球部メンバーの出身中学と注目選手についてまとめてみました。

いかがでしたか?

強打のチームが多い中、8割打者もいるなど見どころたっぷりのチームに仕上がりました。

ナインが見据えるのは過去最高ベスト4の壁を超えることでしょうが、その先にある北陸勢初優勝にも期待したいですね。