高岡商業高校野球部メンバー2018

高校野球2018!

高校野球夏の100回大会で甲子園出場を決めたチームを紹介していきます。

今回は2年連続19回目の出場を決めた富山の高岡商業高校です。

高岡商業といえば、富山を代表する強豪校ですが、富山県勢の夏の甲子園最高成績はベスト8で高岡商業は29回大会にベストとなっています。

ちなみに、北陸勢が夏の甲子園を制したことはなく地域全体で悲願の優勝旗を目指します。

そんな2018高岡商業野球部メンバーの出身中学と注目選手を紹介!

またチームの特徴などをまとめていきますのでご覧ください!

スポンサーリンク

高岡商業野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

それでは2018年高岡商業野球部メンバーの出身中学とポジションがこちらとなります。

※夏の甲子園2018登録メンバー

投手

  • 背番号1/山田龍聖/3年/出身中学:氷見市西條中(富山)

捕手

  • 背番号2/筏秀生/2年/出身中学:南砺市立井波中(富山)

内野手

  • 背番号3/石黒優希/2年/出身中学:砺波市庄川中(富山)
  • 背番号4/鞍田新/3年/出身中学:射水市小杉南中(富山)
  • 背番号5/井林泰雅/2年/出身中学:高岡市福岡中(富山)
  • 背番号6/中村昴央/3年/出身中学:小矢部市大谷中(富山)

外野手

  • 背番号7/森田朝陽/2年/出身中学:射水市大門中(富山)
  • 背番号8/堀裕貴/3年/出身中学: 射水市大門中(富山)
  • 背番号9/田嶋怜/3年/出身中学:高岡市芳野中(富山)

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/大島嵩輝/3年/出身中学:砺波市出町中(富山)
  • 背番号11/井上ビリィ/3年/出身中学:高岡市高岡西部中(富山)
  • 背番号12/木谷裕斗/3年/出身中学:氷見市南部中(富山)
  • 背番号13/木田圭祐/3年/出身中学:高岡市高岡西部中(富山)
  • 背番号14/越水透/3年/出身中学:氷見市南部中(富山)
  • 背番号15/立野涼介/3年/出身中学:射水市新湊南部中(富山)
  • 背番号16/竹島直宏/3年/出身中学:高岡市福岡中(富山)
  • 背番号17/北岡駿/3年/出身中学:高岡市志貴野中(富山)
  • 背番号18/安藤佑隼/3年/出身中学:高岡市志貴野中(富山)

スポンサーリンク

注目選手

2018年浦和学院高校野球部の注目選手はこちらの選手

山田龍聖

182センチ/80キロ/左投左打/外野手

プロ注目の最速148キロ左腕の山田龍聖。

1年秋からベンチ入りすると、恵まれた体格をいかしたストレートを軸に三振の山を築きます。

なんと3年夏の富山県予選準決勝にはプロ野球7球団ものスカウトが視察に訪れたといいます。

特筆すべきは長い手足をいかした安定感あるフォームから繰り出されるストレート。

高い位置から振り下ろし、富山のドクターKとも呼ばれるほど奪三振率が高いです。

中日の中原スカウトは

「絶対に欲しい選手。12球団のチーム事情もあるが、3年間かけて育てたいチームもいるでしょう」

と素材の良さを評価。

オリックスの由田スカウトは

「馬力があり、持ってるものはいい」

広島の高山スカウトも

「自分のタイミングをつかめば、まだ伸びる」

といずれの球団もポテンシャルの高さに注目しています。

しかし、2018夏の予選では四死球絡みで失点するなど不安定な投球が続きましたね。

甲子園大会でどれだけ安定した投球を見せられるかが鍵となるでしょう。

中村昴央

174センチ/68キロ/右投左打/内野手

2年から打線の中軸を担う強打者でキャプテンの中村昴央選手。

2年春の選抜、夏の甲子園とチームはいずれも初戦で敗れたもののそれぞれ2安打を放つ活躍を見せました。

3年夏の富山県予選は3番遊撃として出場し、準決勝の高岡第一戦では3打数3安打3打点4得点とチームの勝利に大きく貢献しました。

決勝ではノーヒットに終わりましたが、予選全5試合で二桁得点と打力のあるチームを牽引しましたね。

また、安定したディフエンスやスピードも兼ね備えていて本調子でないエースをしっかりフォローしていきたいですね。

大島嵩輝

180センチ/75キロ/右投右打/投手

長身サイドハンドの大島嵩輝投手。

予選では5試合中3試合に登板し、決勝では最後まで一人で投げ抜き12奪三振。

変化の大きいスライダーとコーナーへのキレのある直球が持ち味で15回2/3を投げ20奪三振と奪三振率も高い投手です。

2年夏の甲子園ではマウンドに上がれず悔しい思いをしました。

今大会もエースナンバーを背負う山田龍聖に注目が集まりますが本調子ではないため背番号10の快投に期待が集まります。

高岡商業野球部2018の特徴

2年連続で富山大会を勝ち抜き県勢最多19回目の夏の甲子園を決めた高岡商業。

春まではプロ注目のエース山田龍聖投手を中心とした層の厚い投手力を軸に戦ってきましたが、2018夏は打力が目立ちましたね。

予選5試合全てで二桁得点し、総得点は62。

本調子でないエースを強打でカバーし他を圧倒しました。

夏の大会のチーム打率は驚異の4割越えで、6人が予選打率4割以上を記録するなどとにかく打撃が印象に残るチームです。

一方ディフェンス面では背番号10の大島が奮闘。

井上や荒井といったリリーフも予選では力の入った投球を見せました。

エースの山田は2試合で13回と1/3を投げて11失点と本来からは程遠い投球となりました。

制球力さえ取り戻せば甲子園に旋風を巻き起こすこと間違いありませんから、投打ともに万全な状態で臨みたいですね。

まとめ

というわけで、2018年版の高岡商業高校野球部メンバーの出身中学と注目選手についてまとめてみました。

いかがでしたか?

富山県予選では打線が爆発したこのチーム。

しかし、猛暑の甲子園を戦い抜くには安定した投手力が必要です。
どのチームは打力は凄いですからね。

そのためにも、プロ注目左腕山田龍聖のエースらしい投球に期待しましょう!

北陸初の真紅の優勝旗を手にし歴史に名を刻めるか!?