木更津総合野球部野球部メンバー2018

高校野球2018!

高校野球夏の100回大会で甲子園出場を決めたチームを紹介していきます。

今回は3年連続7回目の出場を決めた千葉の木更津総合高校です。

4番投手の野尻幸輝を中心とした強力打線が光るチームで、守りも安定しています。

140キロ超の投手も数人いて、2018年優勝候補の一角とも言えます。

そんな2018年木更津総合高校野球部メンバーの出身中学を紹介!

頂点を目指すチームの注目選手についてもまとめていきます。

スポンサーリンク

木更津総合野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

それでは2018年前橋育英野球部メンバーの出身中学とポジションがこちらとなります。

※夏の甲子園2018登録メンバー

投手

  • 背番号1/野尻幸輝/3年/【出身中学:山県市高宮中(岐阜)】

捕手

  • 背番号2/山中稜真/3年/【出身中学:横浜市豊田中(神奈川)】

内野手

  • 背番号3/大久保貴揮/3年/【出身中学:浦安市高洲中学校(千葉)】
  • 背番号4/大曽根哲平/3年/【出身中学:市原市有秋中(千葉)】
  • 背番号5/小池柊稀/2年/【出身中学:磯辺中(千葉)】
  • 背番号6/神子瑞己/3年/【出身中学:袖ケ浦市蔵波中(千葉)】

    >

外野手

  • 背番号7/神山竜之介/3年/【出身中学:橿原市光陽中(奈良)】
  • 背番号8/東智弥/3年/【出身中学:誉田中(千葉)】
  • 背番号9/太田翔悟/2年/【出身中学:川崎市平間中(神奈川)】

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/白井竜馬/3年/【出身中学:江戸川区葛西第三中(東京)】
  • 背番号11/根本太一/2年/【出身中学:成田市成田中(千葉)】
  • 背番号12/篠木健太郎/1年/【出身中学:明和町明和中(三重)】
  • 背番号13/高橋京/3年/【出身中学:三郷市北中(埼玉)】
  • 背番号14/比護涼真/3年/【出身中学:横須賀市常葉中(神奈川)】
  • 背番号15/古川玲央/3年/【出身中学:木更津市畑沢中(千葉)】
  • 背番号16/田中斗暉也/3年/【出身中学:真砂中(千葉)】
  • 背番号17/松山大成/3年/【出身中学:市原市姉崎中(千葉)】
  • 背番号18/冨島琉汰/3年/【出身中学:市原市五井中(千葉)】

スポンサーリンク

注目選手

2018年木更津総合高校野球部の注目選手はこちらの選手

野尻幸輝

178センチ/78キロ/右投左打/内野手兼投手

1年春に5番レフトでレギュラーを掴んだプロ注目のスラッガー野尻選手。

2年春からは三塁手のレギュラーとなり、2年秋からは4番を任されています。

鋭いスイングから逆方向へも力強い打球を打てる高校通算21本塁打の強打が武器です。

チーム事情により3年春からは投手も務め、最速143キロの力強い真っ直ぐで押していくタイプです。

3年夏の東千葉予選では4番投手として大活躍し、準々決勝の東海大市原望洋戦ではサイクル安打を達成するなど、5試合で8安打を放ち打率5割、ホームラン1本に5打点を実力を発揮しました。

決勝では完投で成田打線を寄せ付けず、大学進学が濃厚と言われていますが甲子園での二刀流の活躍から目が離せません。

また、岐阜県出身で大阪桐蔭の根尾昂とは中学時代に岐阜選抜で共にプレーしましたから、そのあたりにも注目したいですね。

東智弥

172センチ/70キロ/右投右打/外野手

木更津総合のリードオフマン、東智弥選手。

小柄ながら野球センス抜群で、高校通算本塁打は20本を超えるなどパンチ力を秘めた選手です。

1年夏からベンチ入りし試合に出ていましたが、思い切りのいい打撃は魅力的で東千葉予選決勝でも本塁打を放ちました。

先頭打者が塁に出れば勢いが出ますし、甲子園には魔物がいることを目の当たりにしてますからね。

2017年夏の甲子園では好投手山下輝を擁しながらもあと一死から4失点で逆転負け。

そして、東選手は最後の打者で空振り三振に終わっています。

最後の夏、リベンジに燃えます。

根本太一

180センチ/78キロ/右投右打/投手

最速149キロの豪速球が持ち味の2年生投手、根本太一。

ブレイクのきっかけとなったのは2年春の関東大会。

元々速球に定評あった根本投手でしたが、制球難もあって使い所に困っていました。

関東大会王者の健大高崎に対し先発で7回途中4安打4失点と試合を作り、夏はメンバー入りを果たしました。

夏の東千葉予選では5試合9回と2/3を投げ2失点で四死球ゼロと落ち着いた投球を見せました。

イニング数を大きく上回る15個の三振を奪っていて、自慢の速球で相手を寄せ付けません。

2年時点で最速149キロですから、当然150キロ超えに期待がかかるでしょうし、2019年ドラフト候補としても注目です。

木更津総合野球部2018の特徴

3年連続で夏の甲子園出場を決めた木更津総合高校。

2016年は早川隆久、2017年は山下輝というチームの柱となるエースの存在が大きいチームでした。
しかし、いずれも接戦をものにできず甲子園を後にしました。

2018年の投手陣はエースナンバーを背負う白井竜馬は130キロ前後の技巧派投手。

早川は山下のような圧倒的な存在ではありませんが、打線の中心でもある143キロ右腕の野尻幸輝、最速149キロの2年生根本太一の継投で支えます。

打線も1番から9番まで好打者が揃い、着実に点を奪うことが出来るチームとなっています。

投打に渡って野尻のワンマンチームとならずに、チーム力で優勝を狙える実力はありますから。

100回目の夏でどこまで勝ち上がれるのか注目したいですね。

まとめ

というわけで、2018年版の木更津総合高校野球部メンバーの出身中学と注目選手についてまとめてみました。

いかがでしたか?

木更津総合の夏の甲子園最高成績は木更津中央高校時代のベスト4。

校名変更してからはベスト8が最高です。

100回大会でベスト4の壁を越え、その先にある頂点を目指したいですね。

個人では二刀流でチームを引っ張る野尻幸輝、150キロ越えに期待がかかる2年生投手の根本太一に注目したいところ。