山梨学院野球部メンバー2018

山梨学院野球部メンバーの出身中学と注目選手のまとめ【2018年版】

高校野球2018!

高校野球夏の100回大会で甲子園出場を決めたチームを紹介していきます。

今回は3年連続8回目の出場を決めた山梨の山梨学院大付属高校です。

山梨学院といえば、1995年に夏の甲子園初出場すると、これまで8回とすっかり平成の山梨を象徴するチームとなりました。

しかし、夏の甲子園通算2勝7敗でひと大会で2勝以上したことがありません。

2018のチームは予選5試合すべてで二桁安打を放つなど打力を中心としたチームです。

そんな2018山梨学院高校野球部メンバーの出身中学と注目選手を紹介!

またチームの特徴などをまとめていきます。

スポンサーリンク

山梨学院野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

それでは2018年山梨学院野球部メンバーの出身中学とポジションがこちらとなります。

※夏の甲子園2018登録メンバー

投手

  • 背番号1/垣越建伸/3年/出身中学:高山市中山中(岐阜)

捕手

  • 背番号2/栗田勇雅/1年/出身中学:いわき市平第一中(福島)

内野手

  • 背番号3/相澤利俊/2年/出身中学:甲斐市玉幡中(山梨)
  • 背番号4/菅野秀斗/2年/出身中学:日野市七生中(東京)
  • 背番号5/佐古一馬/3年/出身中学:横浜市原中学(神奈川)
  • 背番号6/藤本新大/3年/出身中学:吹田市山田中(大阪)

外野手

  • 背番号7/野村健太/2年/出身中学:安城市東山中(愛知)
  • 背番号8/中尾勇介/3年/出身中学:吹田市南千里中(大阪)
  • 背番号9/清水雄登/3年/出身中学:高槻市第六中(大阪)

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/鈴木博之/3年/出身中学:高崎市高南中(群馬)
  • 背番号11/星野健太/3年/出身中学:甲斐市玉幡中(山梨)
  • 背番号12/中込陽翔/2年/出身中学:富士川町鰍沢中(山梨)
  • 背番号13/小澤陸/3年/出身中学:大月市大月東中学(山梨)
  • 背番号14/北村開/3年/出身中学:組合立河口湖南中(山梨)
  • 背番号15/白川寛大/3年/出身中学:甲州市塩山中(山梨)
  • 背番号16/高岡勇人/3年/出身中学:井手町泉ヶ丘中(京都)
  • 背番号17/長谷川学/3年/出身中学:大月市大月東中(山梨)
  • 背番号18/清水陸/3年/出身中学:北杜市高根中(山梨)

スポンサーリンク

注目選手

2018年山梨学院高校野球部の注目選手はこちらの選手

垣越建伸

183センチ/93キロ/左投左打/投手

最速146キロのストレートが自慢のプロ注目左腕。

セットポジションから球威あるストレートとスライダーのコンビネーションで三振の山を築き、県予選では15回を投げ26奪三振と相手打者を寄せ付けず2失点にまとめました。

中学時代は岐阜県の飛騨高山ボーイズに所属していましたが、大阪桐蔭で活躍する根尾昂がいたため控え投手に甘んじました。

しかし、高校入学時130キロ中盤だった球速も146キロまで伸びプロ野球からも注目されるように。

DeNAの吉田スカウトは

「投げ方が非常にいい。球速以上にいいボールを投げる」

と評価。

巨人の木佐貫スカウトは

「左投げで140キロ台後半を投げるのは、大学生を含めても少ない。体も大きく、パワー型で楽しみな素材」

中日の八木スカウトは

「変化球が手元で曲がるようになった」

と真っ直ぐもストレートも精度が高いことがわかります。

中学時代は根尾がエースで垣越投手は控えでした。

元チームメイトとの再会、投げ合いも楽しみにしたいですね。

栗田勇雅

172センチ/78キロ/右投右打/捕手

1年生ながら正捕手としてチームを支える栗田選手。

ブレイクのきっかけとなったのは入学間もない1年春の関東大会でした。

県予選の決勝で2ホーマーを放ったスーパー1年生は強豪集う関東大会でもホームランを放ち自慢の打力を発揮しました。

県予選では背番号2をつけて主に6番捕手として出場。

11打数5安打と活躍し、準決勝ではホームランも放ちました。

扇の要としてチームを引っ張るスーパー1年生から目が離せません。

中尾勇介

176センチ/78キロ/右投右打/外野手

4番中堅としてチームを牽引する強打者の中尾選手。

県予選では18打数11安打で打率6割超えと大当たりでした。

さらに自慢の50メートル5秒9のスピードをいかし6盗塁と快速を披露。

思い切りの良い打撃で長打を量産できる上にシングルヒットで出塁しても盗塁で二塁を陥れる事ができます。

走れる4番打者として甲子園でもダイヤモンドを駆け回ります。

山梨学院野球部2018の特徴

3年連続で山梨の夏を制している山梨学院高校。

2016年の夏の甲子園では1回戦突破も2017は初戦敗退とこれまで甲子園では結果を残せていません。

しかし、2018年のチームはエースの垣越投手を中心に守りからリズムを作るチームです。

中学時代に根尾昂と同じチームでプレーしたこともあり注目を集めるサウスポーを支えるのは入部半年にも満たない1年正捕手の栗田選手。

中学時代からスイングスピードが速いと有名だったそうで、打撃面でも大エースを支えていますね。

県予選全5試合で二桁安打を放った打線はただ打つだけでなく盗塁など積極的な足技を絡めて大量得点に繋げます。

特に県予選で4番を打った中尾選手はチャンスに強く足もあるという選手。

酷暑の甲子園で足からも相手を崩す事が出来、山梨学院として最高の夏2勝を目指します。

まとめ

というわけで、2018年版の山梨学院大付属高校野球部メンバーの出身中学と注目選手についてまとめてみました。

いかがでしたか?

やはり注目は垣越投手でしょうね。

根尾と元チームメイトとということもありますが、あの体格で左だ146キロ、スカウトの視線が熱くなるのもわかります。

2017年99回夏の甲子園は150キロ超の投手は優勝した花咲徳栄の清水達也の150キロのみでした。

今大会も注目投手目白押しで150キロ投手がたくさん現れるのでは?