佐久長聖野球部メンバー2018

佐久長聖野球部メンバーの出身中学と注目選手のまとめ【2018年版】

高校野球2018!

高校野球夏の100回大会で甲子園出場を決めたチームを紹介していきます。

今回は2年ぶり8回目の夏の甲子園出場となる長野の佐久長聖高校です。

佐久長聖は1994年夏に初出場でベスト4まで進んだ平成の長野を代表するチームです。

2017年は決勝で1点差で敗れましたがその悔しさを晴らして長野県大会を制しました。

そんな2018年佐久長聖野球部メンバーの出身中学と注目選手を紹介!

またチームの特徴などをまとめていきます。

スポンサーリンク

佐久長聖野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

それでは2018年佐久長聖高校野球部メンバーの出身中学とポジションがこちらとなります。

※夏の甲子園2018のメンバー

投手

  • 背番号1/林虹太/3年/出身中学:佐久長聖中(長野)

捕手

  • 背番号2/小山忍/3年/出身中学:佐久長聖中(長野)

内野手

  • 背番号3/上神雄三/3年/出身中学:川西市緑台中(兵庫)
  • 背番号4/堀北健人/3年/出身中学:松原市松原第七中(大阪)
  • 背番号5/西藤慶人/3年/出身中学:東御市東部中(長野)
  • 背番号6/上田勇斗/3年/出身中学:大東市谷川中(大阪)

外野手

  • 背番号7/樋口塁大/3年/出身中学:柏原市玉手中(大阪)
  • 背番号8/真銅龍平/3年/出身中学:羽曳野市誉田中(大阪)
  • 背番号9/斎藤真乃輔/3年/出身中学:東大阪市枚岡中(大阪)

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/小嶋大晟/3年/出身中学:横浜市本宿中(神奈川)
  • 背番号11/和田拓巳/3年/出身中学:藤沢市村岡中(神奈川)
  • 背番号12/鈴木大河/3年/出身中学:横浜市今宿中(神奈川)
  • 背番号13/上原怜央/3年/出身中学:佐久市臼田中(長野)
  • 背番号14/大池祐斗/3年/出身中学:長野市北部中(長野)
  • 背番号15/金尚謙/3年/出身中学:東御市東部中(長野)
  • 背番号16/有木龍生/2年/出身中学:羽曳野市高鷲南中(大阪)
  • 背番号17/藤原太郎/1年/出身中学:生駒市大瀬中(奈良)
  • 背番号18/北畑玲央/2年/出身中学:奈良市平城中(奈良)

スポンサーリンク

注目選手

2018年佐久長聖野球部の注目選手はこちらの選手

林虹太

175センチ/75キロ/右投右打/投手

最速143キロのストレートが自慢の本格派右腕。

コントロールが良く、走者を背負っても崩れないのが持ち味です。

長野県大会では準々決勝以降3試合連続で完投勝利。

全5試合に投げ30回で9失点にまとめました。

決勝でのライバル上田西戦も3失点にまとめる粘り強い投球で味方の逆転劇を呼び込みました。

テンポの良い投球でチームを勝利に導きます。

真銅龍平

170センチ/71キロ/左投左打/外野手

小柄ながら状況に応じた積極的なプレーでチームを引っ張るキャプテン。

1番中堅手として出場した県予選では6試合でチームトップの11安打を放ち打率.500をマーク。

小柄な体を努力でカバーし、三振はゼロ。

状況に応じて打ち分けられる粘り強い打撃を身につけました。

決勝でも終盤に逆転の足がかりとなるヒットを放つなど1点差で敗れた2年夏のリベンジを果たしました。

西藤慶斗

172センチ/89キロ/右投左打/内野手

がっしりした体格から豪快なスイングが魅力の4番打者。

長野県予選ではチームトップの9打点、2本塁打と4番の仕事を果たしました。

打率も.476と当たっていて、逆方向にも強い打球を打てるスイングを身につけました。

夏の甲子園初戦でも先制のタイムリーを放つなど、初戦突破に貢献しました。

2回戦以降の一発に期待です!

佐久長聖野球部2018の特徴

2年ぶり8回目の夏の甲子園に出場する兵庫の名門、佐久長聖。

前述の通り、2017年夏は長野県大会決勝で1点差で敗れました。

その時中心メンバーだった2年生が、2018年は3年生として今度は1点差で喜びを爆発させました。

チーム打率.399、接戦もものに出来る高い集中力が光り要所で長打も飛び出すなど打線の繋がりが魅力です。

特筆すべきは三振の数。

チーム合計で3三振という出場56チームで最も少ない数字です。

それだけミート力があり、粘り強い打撃が出来ているということがわかりますね。

甲子園初戦では旭川大の投手2人に対し合わせて8つの三振を喫しましたが、それでも終盤まで粘り強く戦い延長14回タイブレークの末勝利を掴みました。

次戦も好投手擁する高岡商業ですが、粘り強いゲームを期待しましょう!

まとめ

というわけで、2018年版の佐久長聖野球部メンバーの出身中学と注目選手についてまとめてみました。

いかがでしたか?

初戦では史上初のタイブレークが適応される延長14回の死闘を粘り強くものにしました。

2回戦以降も粘り強さと集中打で勝ち上がっていきたいところです。