浦和学院野球部メンバー2018

高校野球2018!

高校野球夏の100回大会で甲子園出場を決めたチームを紹介していきます。

今回は5年ぶり13回目の出場を決めた埼玉の木浦和学院高校です。

埼玉県勢最多の甲子園出場回数を誇る強豪・浦和学院ですが、ここ数年花咲徳栄の躍進もあって当時2年生エースの小島和哉を擁した2013年以来の優勝となりました。

その年の春には選抜で初優勝を果たしていますが、夏の甲子園ではベスト4が最高で通算では負け越しています。

そんな2018浦和学院高校野球部メンバーの出身中学と注目選手を中心にまとめていきます。

前年優勝の同県花咲徳栄に負けじと頂点を目指すチームの特徴についても検証してみました。

スポンサーリンク

浦和学院野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

それでは2018年前橋育英野球部メンバーの出身中学とポジションがこちらとなります。

※夏の甲子園2018登録メンバー

投手

  • 背番号1/河北将太/3年/【出身中学:上里町上里北中(埼玉)】

捕手

  • 背番号2/畑敦巳/2年/【出身中学:横浜市桐蔭学園中(神奈川)】

内野手

  • 背番号3/坪井壮地/3年/【出身中学:千葉市花見川中(千葉)】
  • 背番号4/後藤陸人/2年/【出身中学:四国中央市三島西中(愛媛)】
  • 背番号5/矢野壱晟/3年/【出身中学:北九州市企救中(福岡)】
  • 背番号6/中前祐也/2年/【出身中学:さいたま市大久保中(埼玉)】

外野手

  • 背番号7/佐藤翔/3年/【出身中学:登米市米山中(宮城)】
  • 背番号8/蛭間拓哉/3年/【出身中学:桐生市相生中(群馬)】
  • 背番号9/上野暖人/3年/【出身中学:八尾市成法中学校(大阪)】

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/美又王寿/1年/【出身中学:飯塚市頴田中(福岡)】
  • 背番号11/渡邊勇太朗/3年/【出身中学:羽生市東中(埼玉)】
  • 背番号12/福島迅/3年/【出身中学:札幌大谷中(北海道)】
  • 背番号13/小町竜梧/3年/【出身中学:川越市川越第一中(埼玉)】
  • 背番号14/永島竜弥/2年/【出身中学:栃木市大平南中(栃木)】
  • 背番号15/大澤龍生/3年/【出身中学:朝霞市朝霞第三中(埼玉)】
  • 背番号16/阿部鳳稀/3年/【出身中学:石巻市万石浦中(宮城)】
  • 背番号17/下薗咲也/2年/【出身中学:阿久根市阿久根中(鹿児島)】
  • 背番号18/近野佑樹/3年/【出身中学:杉戸町杉戸中(埼玉)】

スポンサーリンク

注目選手

2018年浦和学院高校野球部の注目選手はこちらの選手

蛭間拓哉

178センチ/82キロ/左投左打/外野手

1年春から強豪チームの主軸を担うプロ注目のスラッガー。

鋭いスイングから力強い打球を広角に打ち分ける4番打者で、2年夏には県予選7試合で4本塁打を放つと、主将として挑んだ最後の夏は6試合で25打数11安打と打線を牽引し、決勝では高校通算27号の豪快な一発を放ちました。

また、強肩をいかした中堅守備も魅力的な上に走力もあり、ソフトバンクの宮田スカウトは

「走塁センスがいい。(走攻守)三拍子揃っている」

と太鼓判を押しています。

最後の夏、頂点を目指すスラッガーに注目です。

渡邊勇太朗

190センチ/87キロ/右投右打/投手

長身から最速149キロの直球と縦のスライダーで打者を斬り取る本格派右腕。

背番号は11ながらもプロ4球団のスカウトが注目する逸材です。

2018春に右肘靭帯の損傷で2カ月ほど実戦から遠のきましたが、最後の夏にスカウトが注目する前で自己最速を更新する149キロの快投を見せ、7回途中1失点とアピールしました。

まだ制球面に課題を残す粗削りな投球が目立ちますが、DeNAの吉田スカウト部長は

「長身から投げ下ろすフォームが魅力的。直球は球威がある」

と評価。

楽天の沖原スカウトは

「素材の良さは高校生ではトップクラス。上背もあるし、肘の使い方も柔かい」

そして広島の尾形スカウトは

「大谷みたいになれる」

と絶賛。

マウンド度胸もあり、甲子園での登板にも注目が集まるでしょう。

佐野涼弥

178センチ/78キロ/左投左打/投手兼外野手

1年春から控え投手としてベンチ入りしていた最速143キロ左腕の佐野投手。

3年夏の大会では背番号20をつけ5番左翼手として出場していました。

広角に打ち分ける打撃と50メートル6秒0の俊足で野手としても活躍していて、甲子園大会では背番号7をつけることも決まりました。

しかし、佐野投手は2年夏には143キロの直球とスライダーが武器の注目のサウスポーとしてマウンドに立っていましたが、
3年夏にはマウンドに立ちませんでした。

2年夏の決勝で5回途中6四死球と乱れたこともあり一時イップスにも陥ったといいます。

佐野投手が投手陣に加わればより一層厚みも増しますし、上位を伺えるかと思いますので最後の夏の甲子園での復活に期待しましょう。

浦和学院野球部2018の特徴

実に5年ぶりに夏の甲子園出場となる浦和学院。

全国から選手が集まるだけあって、レベルの高いチームとなっていますがどちらかというと甲子園では勝てないチームという印象が強いのでは?

そのイメージ通り、甲子園では通算30勝21敗と勝ち越していますが、夏に限っては10勝12敗と負け越しています。

そんなチームですが、140キロ前半のストレートを投げるエースの河北。

最速149キロの長身右腕渡邊、そして1年生ながら最速143キロの美又など実力のある投手が揃っています。

一方の野手も三拍子揃った蛭間拓哉を中心にどこからでも点が取れるチームになっています。

南埼玉大会でも決勝の得点記録を更新するなど総合力の高さを見せつけましたね。

2018のチームは素晴らしい選手を擁しながらも、全員が甲子園初出場となりますから、しっかりと勝ち星を積み重ねて甲子園で勝てないというイメージを払拭したいですね。

まとめ

というわけで、2018年版の浦和学院高校野球部メンバーの出身中学と注目選手についてまとめてみました。

いかがでしたか?

浦和学院の夏の甲子園最高成績はベスト4。

しかし、平成以降は2勝が最高と勝ち上がることが出来ませんね。

平成最後の甲子園大会、平成に多くのプロ野球選手を生み出した埼玉の強豪校の躍進に期待しましょう!