花咲徳栄高校野球部メンバー2018

2017年の王者が夏連覇、そして3代目となる深紅の大優勝旗の一番目に名を刻むために甲子園に帰ってきました。

今年は第100回記念大会ということで埼玉は南北に分かれたため、ライバル浦和学院高校とは対戦することが無く、北埼玉大会では盤石ぶりを見せつける結果に。上尾高校との決勝戦ではエース野村投手が相手打線を5安打に抑え、4回以降は二塁を踏ませない好投で埼玉代表初となる4年連続(6回目)の出場を決めました!

昨夏の甲子園レギュラーメンバーは野村投手ひとりだけですが、強力打線は今年も健在です。

今年も「強打の花咲徳栄」を見せつけることができれば、史上7校目となる夏連覇が近づいてくるのではないでしょうか。

そんな2018年花咲徳栄高校野球部の出身中学と注目選手についてまとめていきます。

ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

花咲徳栄高校野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

それでは2018年花咲徳栄高校野球部メンバーの出身中学とポジションがこちらです。

※夏の甲子園登録メンバー

投手

  • 背番号1/野村佑希/3年/伊勢崎市境西中(群馬)

捕手

  • 背番号2/田谷野拳世/3年/板橋区上板橋第二中(東京)

内野手

  • 背番号3/新井英一/3年/横浜市万騎が原中(神奈川)
  • 背番号4/倉持賢太/3年/足立区第一中(東京)
  • 背番号5/羽佐田光希/2年/神戸市東落合中(兵庫)
  • 背番号6/韮沢雄也/2年/魚沼市堀之内中(新潟)

外野手

  • 背番号7/杉本直希/3年/町田市町田第二中(東京)
  • 背番号8/橋本吏功/2年/洞爺湖町虻田中(北海道)
  • 背番号9/井上朋也/1年/四条畷市四条畷中(大阪)

ベンチ入りメンバー

  • 背番号10/中田優斗/3年/大和市つきみ野中(神奈川)
  • 背番号11/斎藤倖介/3年/毛呂山町毛呂山中(埼玉)
  • 背番号12/真塩恵太/3年/足利市第三中(栃木)
  • 背番号13/成本龍哉/3年/横浜市すすき野中(神奈川)
  • 背番号14/島崎大輔/3年/小鹿野町長若中(埼玉)
  • 背番号15/松井颯/3年/清瀬市清瀬第四中(東京)
  • 背番号16/宮本治毅/3年/鹿沼市粟野中(栃木)
  • 背番号17/吉倉英俊/2年/世田谷区深沢中(東京)
  • 背番号18/橋本祥生/2年/堺市月州中(大阪)

スポンサーリンク

注目選手

そして2018年花咲徳栄高校野球部の注目選手はこちらです。

野村佑希

185cm/90kg/右投げ右打ち/投手・内野手

英語が全く話せない「ジェームス」が花咲徳栄高校の投打の中心。岩井監督が「あいつが打って投げないと」と4番でエースの野村選手を頼りにしています。

投げては身長185cmの長身から投げ下ろすストレートはMAX146kmという本格右腕。得意のスライダーとのコンビネーションで打者を打ち取ります。

打っては高校通算本塁打56本を放つプロ注目のスラッガー。今夏の埼玉大会は21打数6安打で打率.286、期待されていたホームランは出なかったものの、昨夏の甲子園では25打数13安打で打率.520、打点6にホームランも2本放ち優勝に貢献しました。

そのバッティングからプロ野球のスカウトマンの評価も高く、広島の苑田スカウト統括部長は

「長距離バッターの第一条件である、ボールを乗せる技術がある。インからバットが出て、押し込む力。野手(のドラフト候補)が少ないだけに面白い」

中日の中田アマスカウトディレクターは

「素質的にズバ抜けている。大学生、社会人を含めても、野手ではトップクラス」

など複数の球団が注目をしています。

そして身体もひと回り大きくなって甲子園に帰ってきました。

岩井監督の勧めもあって1日6食、間食ではたんぱく質を取るために鶏肉を食べ、また10~15kgものハンマーでタイヤを叩いて全身を鍛えるおなじみのトレーニングに加えて、インナーマッスルの腸腰筋強化にも取り組み、全身のパワーアップを図りました。

花咲徳栄高校の夏連覇に向けて、パワーアップした4番でエースの活躍から目が離せませんね!

井上朋也

180cm/80kg/右投げ右打ち/外野手

1年生にて強豪花咲徳栄高校の7番ライトの座をつかみ取ったスーパールーキー。

岩井監督が

「スイングが速いし、体力がある。経験を積ませていきたい」

と、主砲・野村選手の後継者として期待する右の長距離砲です!

埼玉大会では18打数6安打4打点、打率.333とチーム平均打率.371の中では控えめにうつりますが、十分に役割は果たしました。

先輩の野村選手を目標としている井上選手。埼玉大会初戦の桶川西高校戦後には

「春に比べて外野が近く感じた。もっといけそうな気がする」

とコメント。

末恐ろしい1年生が甲子園で鮮烈なデビューをするかもしれません。

韮沢雄也

176cm/80kg/右投げ左打ち/内野手

プロのスカウトも注目する巧守巧打のショートストップ。昨夏は1年生で唯一甲子園のベンチを経験しました。

1年生の春からベンチ入りをし、同年秋の新チームから3番ショートを不動のものに。

バットコントロール能力が高く、今夏の埼玉大会では三振0と簡単に三振をしません。また守備範囲も広く、三遊間の深い打球やショート後方の打球をアウトにできる、かなり高い能力を持っています。

甲子園での攻守の活躍に期待しましょう!

花咲徳栄高校野球部2018の特徴

昨夏の王者も決して安泰な道のりではありませんでした。

新チーム後に臨んだ秋季埼玉大会こそ制したものの、秋季関東大会では、初戦で後に関東大会を制した中央学院高校に逆転負けを喫し、あっさりと夏春連覇の道が絶たれてしまいました。

巻き返しを図るべく挑んだ春季埼玉大会は、決勝戦でライバル浦和学院高校に9回までリードしながら逆転サヨナラ負け。春季関東大会でも2回戦の東海大相模高校戦で4点のビハインドを9回に追いついたもののその裏にサヨナラ負けと、苦汁をなめてきました。

しかしそんな中でこの1年、岩井監督は「プレッシャーの中でさまざまな取り組みをして花開いた」と話しています。

新たに「走り負けない、動けるチーム」を目指すために学校のグラウンドの外野沿いに、通称「徳栄ビーチ」を設けました。

地面を30cmほど掘り下げて砂を敷き詰め、全長約180mの砂浜を作り、そこで走り込みを重ね筋力アップに取り組みました。

この埼玉大会では平均打率.371と昨夏のチームに負けない結果を残し、1年間の取り組みの成果が出てきているようです。

今年の投手陣は昨年のような二本柱ではなく、エース野村選手を中心に中田投手、松井投手、斎藤投手らの安定感で勝負します。埼玉大会では6試合で失点をわずかに5点に抑えました。

打線の中心も野村選手ですが、どこからでも点が取れる強力打線は今年も健在です。

岩井監督が

「全員がキーマン。どこからでも突破口を開いていく総合力がある」

という打線は、2番キャプテンの杉本選手が打率.563でホームランも打てるパンチ力が魅力。

クリーンアップは巧打が光る3番韮沢選手、注目の4番野村選手、選球眼が良く埼玉大会ではツーベースを5本放った5番羽佐田選手は打率.533と強力打者が続き、さらに8番の新井選手、9番の田谷野選手は打率が4割を超え。

相手投手は全く気を抜くことができません。また埼玉大会でチーム最多の7打点を記録したのが1番、8番、9番という点も見逃すことはできず、どこからでも点が取れる最強打線は相手からすれば「最恐」としか思えませんね。

今年も実力通りの力を発揮することができれば、深紅の大優勝旗を再び埼玉県に持ち帰ることができるのではないでしょうか。

まとめ

ここまで2018年の花咲徳栄高校野球部メンバーの出身中学と注目選手についてまとめてみました。

今年は追われる立場、またマークされる立場の花咲徳栄高校ですが、キャプテンの杉本選手は「持ち味の攻める姿勢を見せたい」と意気込みます。また野村選手は「もう一度、挑戦者の気持ちで新しい優勝旗をとりにいく」と挑戦者の気持ちを忘れていません。

大阪桐蔭高校の2度目の春夏連覇が騒がれている今大会。そういった意味では野村選手が言うように、昨夏の王者もある意味挑戦者ということかもしれませんね。

今夏のチームスローガンは「脳科学」。

「常に新しいことに取り組まないと進化しない」という岩井監督の考えから、大舞台でどうしたら緊張しないかなど、精神的な鍛錬を今春から取り入れました。さまざまな取り組みを行う花咲徳栄高校が、この夏の甲子園も楽しませてくれそうです。