土浦日大野球部メンバー2018

今回は土浦日大野球部メンバー2018のご紹介!

2018年春のセンバツ大会に出場することはできませんでしたが、昨夏に引き続き2年連続の出場となる土浦日大高校野球部。

茨城県勢の夏の甲子園優勝は85回大会までさかのぼりますが、記念となる100回大会で、茨城県に優勝旗をもたらすことはできるでしょうか?

そんな2018年土浦日大野球部メンバーの出身中学と注目選手を紹介!

またチームの特徴についても迫ります

スポンサーリンク

土浦日大野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

土浦日大野球部メンバー2018の出身中学をポジションはこちら

※夏の甲子園2018の登録メンバー

投手

  • 背番号1/富田卓/3年/土浦市土浦第四中(茨城)

捕手

  • 背番号2/小沢礼嗣/3年/我孫子市立布佐中(千葉)

内野手

  • 背番号3/小菅康太/3年/守谷市守谷中(茨城)
  • 背番号4/石渡耀/2年/取手市永山中(茨城)
  • 背番号5/井上莞嗣/3年/足立区第四中(東京)
  • 背番号6/鶴見恵大/2年/古河市総和南中(茨城)

内野手

  • 背番号7/大賀玲介/3年/常陸大宮市大宮中学校(茨城)
  • 背番号8/鈴木健太/3年/つくば市高崎中(茨城)
  • 背番号9/木原琉位/3年/土浦市土浦第四中(茨城)

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/荒井勇人/2年/足立区第九中(東京)
  • 背番号11/清水樹/3年/修徳中(東京)
  • 背番号12/中川朋彦/2年/常総市石下中(茨城)
  • 背番号13/大和田廉太/2年/かすみがうら市下稲吉中(茨城)
  • 背番号14/岡野誠也/1年/印西市滝野中(千葉)
  • 背番号15/丸山恭平/2年/東海村東海南中(茨城)
  • 背番号16/岡野由伸/2年/石岡市石岡中(茨城)
  • 背番号17/磯貝郁人/3年/足立区蒲原中学校(東京)
  • 背番号18/平野太進/3年/江戸川区小岩第四中(東京)

スポンサーリンク

注目選手

そして、土浦日大野球部メンバー2018で注目選手のご紹介です

富田卓

181センチ 71キロ 右投げ右打ち

県大会予選決勝でも9回を投げぬき、しっかりとエースとしての役目を果たした富田投手

中学時代には全国大会でベスト4に進出した実力派。

球威で勝負するタイプではないものの、体重も13キロオーバーで最速139キロまでアップ

秋季県大会では明秀学園日立に対して16-0のコールド負けの悔しさをバネに粘りの投球を見せてほしいですね。

チームの上位進出を支える存在になりそうです。

井上莞嗣

185センチ/89キロ/右投げ左打ち

ドラフト候補にも名前が挙がる、サードベースマン。

茨城県大会決勝は6番としての出場ながら、2年連続の夏の甲子園出場の立役者となった井上選手。

プロも注目の打撃もさることながら、強権を生かした内野守備も魅力。

甲子園で持ち味の長打力を見せてほしいですね。

鈴木健太

174センチ 84キロ 右投げ左打ち
土浦日大のキャプテンとして、また1番センターとして攻守での活躍が光るリードオフマンです。

県予選準決勝では2打席連続本塁打を放つなど、長打力も備えています。

攻撃の突破口を切り開き、そして広い甲子園の外野の要としてチームを支えます。

土浦日大野球部2018の特徴

30年以上甲子園から遠ざかっていた土浦日大ですが、2017年に続き2年連続の甲子園出場をきめることができました。

その原動力となったのは選手の活躍も、監督の采配もさることながら、チームを支える「名コーチ」の存在を忘れてはなりません。

いつもはつくば市の職員として働く、丸山直樹さんは監督・小菅さんの元教え子。

小菅監督が、下妻二高校で甲子園出場した時も参謀とてチームを支えました。

丸山さんが担うのは、相手高校のデータ分析。

2年連続の甲子園出場を影で支えました。

初戦突破、そして、上位進出のキーマンの丸山さんの存在に注目してみましょう!

まとめ

以上、2018年土浦日大野球部メンバーについてまとめてみました。

目立った超高校級の選手はいないものも、監督や選手、そしてコーチを含めた総合力で茨城県代表となった土浦日大。

久々の栄冠を茨城に持ち帰ることはできるでしょうか。

全国の強豪にどんな戦い方を見せることができるのか、要注目ですね!