羽黒高校野球部メンバー2018

今回は2018年山形県代表羽黒高校野球部について書いていきたいと思います。

夏季山形大会決勝では劇的なサヨナラホームランで甲子園を決めた羽黒高校。

そんな2018年の羽黒高校野球部メンバーの出身中学や注目選手をまとめていきます。

是非ご覧ください!!

スポンサーリンク

羽黒高校野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

そんな2018年の羽黒高校野球部メンバーの出身中学とポジションはこちら

※夏の甲子園2018の登録メンバー

投手

  • 背番号1/篠田怜汰/2年/足立区千寿桜堤中(東京)
  • 背番号10/金子摩周/3年/茅ヶ崎市鶴が台中(神奈川)
  • 背番号11/佐藤幸弥/3年/鶴岡市鶴二中(山形)

捕手

  • 背番号2/秋保優大/3年/神奈川県平塚市太洋中

内野手

  • 背番号3/藤沼龍之介/3年/千葉市山王中(千葉)
  • 背番号4/竹内大貴/3年/千葉県千葉市稲毛中(千葉)
  • 背番号5/鈴木倫/2年/横浜市錦台中(神奈川)
  • 背番号6/日下部由伸/2年/酒田市立東部中(山形)

外野手

  • 背番号7/塩崎一朗/3年/町田市鶴川中(東京)
  • 背番号8/中島翔/2年/平塚市旭陵中(神奈川)
  • 背番号9/渡部大地/3年/鶴岡市羽黒中(山形)

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号12/山田梨陸/2年/東京都品川区八潮学園中
  • 背番号13/佐々木碧/3年/庄内町余目中
  • 背番号14/浅石幹/3年/鶴岡市鶴四中
  • 背番号15/今岡幸大/2年/神奈川県横浜市都田中
  • 背番号16/矢部和大/3年/酒田市酒四中
  • 背番号17/北原亘/2年/神奈川県伊勢原市中沢中
  • 背番号18/本田旭/1年/酒田市酒四中

スポンサーリンク

注目選手

佐藤幸弥

175センチ/77キロ/右投げ左打ち/投手

中日山井選手のようにメガネがトレードマークである全国選手権大会山形県予選時のエースピッチャー。

身長は175センチと投手としては小柄な部類ですが、ガッチリとした体型で力強いフォームが特徴です。

最速148キロのストレートを軸に投球を組み立ていく本格派右腕ですね。

自主練習では主にシャドーピッチングと関節トレーニングをしているようで、バランスの良い腕の振りはこの関節トレーニングによって生まれているのかもしれません。

ちなみに自己最速の最速148キロは、県予選の決勝で出したそうです。そういったところからも大舞台に自分の能力以上のモノを発揮できるメンタルを持ち合わせていることも確かでしょう。

持ち味の高めのストレートで甲子園の強打者達から多くの空振りを奪う姿が楽しみですね。

竹内大貴

177センチ/80キロ/右投げ左打ち/内野手

チャンスに強いがっしりとした体型の羽黒高校の4番バッター。

決勝でサヨナラホームランというとてつもない勝負強さを発揮し、甲子園を決定付けました。甲子園のかかった大事な試合でのサヨナラホームランは非常に自信になったことでしょう。

甲子園を決める試合でサヨナラホームランは実力もさることながら、何かもってるとしか言いようのない記録で、甲子園でも何かやってくれるような気しかしないですね。

甲子園に乗り込み、ボールの使えない甲子園見学でグラウンドの感触を確かめたとき打席でフルスイングをした後、外野をしばらく見つめてイメージではかなり飛んだと語るなど甲子園でホームランを打つ準備は万端のようです。

ホームランで決めてやろうと思い、ホームランで決めてしまう頼りになる4番に大注目です。

篠田怜汰

178センチ70キロ右投げ投手

2年生ながら最速145キロのボールを投げ込む羽黒高校の新エース。スプリットとストレートを軸にし投球を組み立てるタイプの選手ですね。

県予選では背番号11番でしたが、エース並みの活躍を見せ甲子園では背番号1を背負うことになりました。

県予選決勝では5回に3-3の同点の場面でワンアウト2塁のピンチで登板し、1点勝ち越されるもその後は6回から無失点の好投を見せています。

篠田選手も佐藤選手同様決勝で自己最速を記録し、緊張よりもワクワクしたという強心臓ぶりをアピールしています。

178センチで70キロと少し細めなので、今甲子園の宿舎では食事係の伊藤くんがつきっきりで大盛りご飯を食べるのを監視しているのだとか。

甲子園は炎天下でマウンド上は想像できないくらい暑くなるので、しっかり食べて先輩達の夏を長くしてあげられるようにマウンドでは躍動して欲しいですね。

羽黒高校野球部2018の特徴

羽黒高校の特徴はなんと言ってもその投手力。

最速145キロの2年生エースの篠田選手と最速148キロの佐藤選手に加え、左投げのサイドスローという変則投手の金子選手の3投手全てが試合を作れるというハイレベルな投手陣が揃っています。

それに加えて守備陣はなんと失策がたったの1つという鉄壁さ。

守備から崩すのはなかなか難しいチームですね。

5試合で失点11、フォアボール7つというのも守りの評価が高い理由の1つでもあります。

失点の少なさは、キャプテンでキャッチャーの秋保選手の巧みなリードも要因ですかね。ちなみに秋保選手は県予選準決勝でサヨナラホームランを放っています。

攻撃の方は、県予選では5試合とも5点以上得点を挙げていますね。投手力がいいだけにコンスタントに点を挙げていけば十分上に行けるチームだと思います。4番の竹内選手の前にもランナーを出せるかが鍵ですね。

まとめ

以上、2018年版の羽黒高校野球部メンバーの出身中学と注目選手をまとめてみました。

いかがでしたか?

奇跡的な勝ち方で県予選準決勝、決勝を上がってきた羽黒高校。甲子園でも運を味方につけ、甲子園の魔物も手なづけることができるでしょうか。

東北に初の深紅の大優勝旗を持って帰れるのかにも期待がかかりますね。