金足農業野球部メンバー2018

高校野球2018!

11年ぶり6度目の甲子園出場を果たした2018年金足農業高校野球部

今回はそんな2018年金足農業野球部のメンバーと出身中学、注目選手を紹介!

またチームの特徴まで触れていきますので是非ご覧ください!

スポンサーリンク

金足農業野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

※夏の甲子園2018登録メンバー

投手

  • 背番号1/吉田輝星/3年/潟上市天王中(秋田)

捕手

  • 背番号2/菊地亮太/3年/潟上市羽城中(秋田)

内野手

  • 背番号3/高橋佑輔/3年/秋田市勝平中(秋田)
  • 背番号4/菅原天空/3年/潟上市羽城中(秋田)
  • 背番号5/打川和輝/3年/秋田市泉中(秋田)
  • 背番号6/斎藤璃玖/3年/井川町井川中(秋田)

外野手

  • 背番号7/佐々木大夢/3年/秋田市河辺中(秋田)
  • 背番号8/大友朝陽/3年/秋田市桜中(秋田)
  • 背番号9/菊地彪吾/3年/秋田市山王中(秋田)

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/関悠人/2年/秋田市秋田南中(秋田)
  • 背番号11/嶋崎響己/2年/秋田市雄和中(秋田)
  • 背番号12/沢石和也/2年/秋田市桜中(秋田)
  • 背番号13/小松雅弥/2年/秋田市泉中(秋田)
  • 背番号14/佐々木大和/2年/秋田市御野場中(秋田)
  • 背番号15/菅原大/2年/潟上市羽城中(秋田)
  • 背番号16/工藤来夢/2年/秋田市土崎中(秋田)
  • 背番号17/船木弦/2年/秋田市秋田東中(秋田)
  • 背番号18/池田翔/2年/秋田市御野場中(秋田)

スポンサーリンク

注目選手

金足農業野球部メンバー2018の注目選手はこちら

吉田輝星

176センチ/81キロ/右投げ右打ち/投手

最速150キロの本格派右腕。

東北地方ナンバーワン投手の呼び声が高い吉田選手ですが、躍動感あふれるフォームと強い腕の振りから放たれる破壊力のあるストレートとキレキレの変化球を見る限りその評価は間違いではありません。

秋田県大会決勝では、昨年の秋田県夏の覇者明桜高校相手に4安打11奪三振完封と圧巻のピッチングを見せてくれました。

冬場に昨年夏からの課題であったスタミナ面の克服のため中泉監督が走りすぎじゃないかと思うくらいの走り込みをしたそうです。そのおかげもあってか、非常に安定した下半身を作り上げ、更に力強いボールを投げるようになったように思います。

持ち球は縦に割れるカーブとスライダーにスプリットとどのボールをとっても高校生としては一級品であり、高卒後プロに入っても活躍できる素材ですね。

プロのスカウトからも評価されており、広島の近藤スカウトは投手としての能力だけでなく、フィールディング、けん制の評価も高くドラフト上位候補に挙げています。

他にも日ハム白井スカウトは、桑田氏のようなタイプでセンスが高い選手。ドラフト上位候補と高い評価をしていますね。

ちなみに高校野球の日本代表にも選ばれている選手です。

東北の怪物が甲子園でどんなピッチングを見せてくれるのかとても楽しみですね。

打川和輝

185センチ/95キロ/右投げ右打ち/内野手
恵まれた体格を持つ金足農業の頼れる4番バッター。

力強いバッティングの他にも後ろにつなぐバッティングもできる器用なバッターでピッチャーもできるそうです。

秋田商業相手の夏準決勝では3打数2安打3打点と打ちまくり、自身の誕生日を祝う活躍を見せました。決勝でも先制のタイムリーを放ちチャンスに強いところもある選手で、吉田選手との3番4番コンビは強力です。

打撃が注目されがちで、ピッチャーとしての能力は吉田選手の陰に隠れてしまっていますが、吉田選手との二枚看板でも悪くないピッチャーでもありますので甲子園でマウンドに立つことがあればその投球にも注目してほしい選手ですね。

菅原天空

175センチ/69キロ/右投げ左打ち/内野手
金足農業の切り込み隊長の1番バッター。天空と書いて読み方は『たく』だそうです。

冬場の徹底した走り込みにより、長打力も増し春季秋田県大会では公式戦初ホームランを放つほどのパワーを手に入れました。

また、投手もこなすその野球センスは秋田県内でも認められており報知高校野球でもチームメイトの吉田選手、打川選手と共に注目選手として取り上げられています。

菅原選手の出塁は勝利のカギですので甲子園でのバッティングに期待しましょう。

金足農業野球部2018の特徴

金足農業は公立高校なんですね。甲子園では私立の強豪校が目立ちますので是非とも公立代表として頑張ってほしいです。

守りの面では投手が何人かいるみたいですが、この夏の秋田県大会では吉田選手が5試合全てに先発し完投していますね。そのうち失点は7と非常に安定した守りです。少しコントロールに難のある吉田選手が無駄なフォアボールを出さなければ更に守りのリズムが作れるでしょう。

バッティングは5試合で22得点と少し物足りなさも感じますが、秋田商業相手に7得点、由利工業相手に7得点と大量得点している試合もありますので爆発力はありますね。決勝は2-0と接戦をモノにする力もありますので甲子園では粘り強い試合運びが予想されます。

レギュラー陣は3年生が主体ですが控えが2年生中心という所も特徴ですね。

ちなみに監督は中泉一豊監督で金足農業出身です。母校を率いて甲子園出場とは、監督自身も喜びはひとしおでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

2018年金足農業野球部メンバーの出身中学と注目選手を中心にお送りしました。

金足農業は甲子園初出場の昭和59年夏に金農旋風を巻き起こし、負けてはしまいましたが準決勝であのKKコンビを擁するPL学園を2-3と追い詰め甲子園ベスト4という素晴らしい記録を残しました。

今回のナインたちは、その時の先輩たちを超えて東北地方に初の夏甲子園優勝をもたらすことができるのか期待しましょう!