八戸学院光星野球部メンバー2018

高校野球2018!

高校野球夏の100回大会で甲子園出場を決めたチームを紹介していきます。

今回は2年ぶり9回目の夏の甲子園出場となる青森の八戸学院光星高校です。

八戸学院光星といえば甲子園優勝はないものの、2011年夏、2012年春、夏と3期連続で準優勝している強豪校。

坂本勇人や北條史也などプロで活躍するOBを多く輩出していますね。

そんな2018年八戸学院光星野球部メンバーの出身中学と注目選手をチェック!

またチームの特徴などをまとめていきます。

スポンサーリンク

八戸学院光星野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

それでは2018年八戸学院光星高校野球部メンバーの出身中学とポジションがこちらとなります。

※夏の甲子園2018のメンバー

投手

  • 背番号1/福山優希/3年/出身中学:八戸市市川中(青森)

捕手

  • 背番号2/秋山龍生/3年/出身中学:取手市戸頭中(茨城)

内野手

  • 背番号3/但井智哉/3年/出身中学:岩美町岩美中(鳥取)
  • 背番号4/近藤俊太/3年/出身中学:横浜市秋葉中(神奈川)
  • 背番号5/下山昴大/2年/出身中学:弘前市第四中(青森)
  • 背番号6/武岡龍世/2年/出身中学:吉野川市鴨島第一中(徳島)

外野手

  • 背番号7/東健太郎/3年/出身中学:堺市上野芝中(大阪)
  • 背番号8/長南佳洋/3年/出身中学:郡山市安積中(福島)
  • 背番号9/矢野虎弥/3年/出身中学:大阪産業大学附属中(大阪)

ベンチ入りメンバー

  • 背番号10/中村優惟/3年/出身中学:久慈市長内中(岩手)
  • 背番号11/成田太一/3年/出身中学:柏原市玉手中(大阪)
  • 背番号12/松谷隆誠/3年/出身中学:藤井寺市藤井寺中(大阪)
  • 背番号13/吉田和永/3年/出身中学:松原市松原第六中(大阪)
  • 背番号14/島袋翔斗/2年/出身中学:那覇市古蔵中(沖縄)
  • 背番号15/豊田勝利/3年/出身中学:茨木市南中(大阪)
  • 背番号16/伊藤大将/2年/出身中学:寝屋川市第九中(大阪)
  • 背番号17/北林英治/3年/出身中学:甲賀市土山中(滋賀)
  • 背番号18/太山皓仁/2年/出身中学:大阪市加美南中(大阪)

スポンサーリンク

注目選手

2018年八戸学院光星野球部の注目選手はこちらの選手

福山優希

178センチ/77キロ/右投右打/投手

2年夏からエースナンバーを背負う右の本格派投手。

最速145キロの直球を武器にスライダーやフォークなど多彩な変化球を交え三振の山を築きます。

セットポジションから大きく脚をあげて力の入ったボールを投げ込みます。

プロも意識できるほどの投手に成長しました。

3年夏の県予選ではライバル青森山田戦で5回にノックアウトされましたが、決勝では本来のキレを取り戻しエースの意地を見せました。

6年ぶりの決勝進出に向け全力投球で挑みます。

武岡龍世

178センチ/70キロ/右投左打/内野手

1年春から遊撃手のレギュラーの2年生選手。

強肩、巧打に50メートル6秒1の俊足を兼ね備える走攻守三拍子揃った選手です。

夏の県予選では2番遊撃手として出場し、5試合で打率は5割。チームトップの12打点を叩き出す活躍を見せ、ホームランも2本放ちました。

3盗塁もチームトップの数字でまさに攻撃の起点となる選手です。

青森山田戦でも本塁打を放ち脚光を浴びた2年生に注目です。

長南佳洋

174センチ/71キロ/右投左打/外野手

強力打線の3番打者として長打を量産する左のスラッガーでキャプテンの長南選手。

夏の県予選は打率5割でチームトップの3本塁打を放ちました。

柔らかいフォームから緩急にも対応できる巧打者ながらパンチ力もあり長打が魅力です。

全国制覇を目指し県外から多くの選手がやってくる名門をキャプテンとしてまとめてきました。

八戸学院光星野球部2018の特徴

2年ぶり9回目の夏の甲子園に出場する青森の名門、八戸学院光星。

前述の通り、2011夏から3期連続で甲子園準優勝しているチームです。

2年前の98回大会では2回戦の東邦戦で一時7点リードしたものの9回に逆転サヨナラ負けを喫しました。

当時スタンドで応援していたのが、今の3年生の中心選手たち。

1球で試合が変わることを痛感しました。

2018年はチーム打率.410と強打ぶりは健在。

準決勝の青森山田もコールドで下すなど圧倒的な打力で勝ち上がりました。

スタメン全員が予選打率3割を超えるなどどこからでも点が取れる力があります。

また、予選5試合で失策はわずか1つと守備も堅いです。

もちろん目指すは全国制覇。

100回大会でこれまでの悔しさを晴らします。

まとめ

というわけで、2018年版の八戸学院光星野球部メンバーの出身中学と注目選手についてまとめてみました。
いかがでしたか?

チーム打率4割超えは非常に勢いがありますよね。

また、ディフェンス面も非常に安定していて、まさに隙のないチームに仕上がりました。

全国制覇を期待しても良いのではないでしょうか!?