旭川大学高校野球部メンバー2018

2018年北北海道大会を見事に制し、9年ぶり8回目の出場を決めた旭川大学高校。

決勝ではチーム打率5割を超えるクラーク記念国際高校を見事に勝利しました。

そんな2018年の旭川大学高校野球部について紹介していきたいと思います。

出身中学と注目選手にもフォーカスしてみました。

是非ご覧ください!

スポンサーリンク

旭川大学野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

それでは2018年旭川大学野球部メンバーの出身中学とポジションがこちらとなります。

※夏の甲子園2018登録メンバー

投手

  • 背番号1/沼田翔平/3年/旭川市神居中(北海道)

捕手

  • 背番号2/中筋大介/3年/旭川市東明中(北海道)

内野手

  • 背番号3/沢口魁人/3年/旭川市明星中(北海道)
  • 背番号4/高谷耕平/3年/旭川市永山中(北海道)
  • 背番号5/青木亮樹/3年/旭川市東明中(北海道)
  • 背番号6/菅原礼央/2年/旭川市神楽中(北海道)

外野手

  • 背番号7/持丸泰輝/2年/旭川市永山中(北海道)
  • 背番号8/佐々木涼太/3年/苫小牧市光洋中(北海道)
  • 背番号9/平沢永遠/3年/旭川市六合中(北海道)

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/楠茂将太/3年/旭川市六合中(北海道)
  • 背番号11/福士直斗/3年/旭川市永山南中(北海道)
  • 背番号12/織山栞悟/3年/旭川市神居中(北海道)
  • 背番号13/藤川拓也/3年/北見市南中(北海道)
  • 背番号14/高橋飛雄馬/3年/豊富町豊富中(北海道)
  • 背番号15/鈴木克昇/3年/旭川市永山南中(北海道)
  • 背番号16/佐々木崇文/2年/旭川市神楽中(北海道)
  • 背番号17/加藤新大/2年/旭川市神居東中(北海道)
  • 背番号18/伝逸靖/3年/洞爺湖町洞爺中(北海道)

スポンサーリンク

注目選手

2018年旭川大学高校野球部の注目選手はこちらの選手

沼田翔平

175センチ/63キロ/右投げ右打ち/投手

ベンチプレス80キロ、スクワット140キロ、最速146キロの力のあるストレートが武器の選手。

持ち球はストレート、カーブ、スライダーとシンプルですが、ストレートが良い分変化球も活かす投球ができています。

甲子園出場を決めた北北海道大会決勝に先発し、強打のクラーク記念国際高校を3失点に抑え勝利に貢献しました。

この試合では5回に2点を先制し6回に追いつかれましたが、8回に3点を奪い9回の反撃も1点に抑え一度もリードを許さない粘りのピッチングを見せてくれましたね。

複数のプロ球団からも注目されており、日本ハムの白井スカウトからは、北海道ナンバーワン投手という評価を受けています。

巨人の 柏田スカウトは悪天候にも崩れない相当な高レベルの投手と評価していますね。甲子園の成績次第ではドラフト指名の可能性もある今大会絶対注目な選手です。

冬場に体幹を徹底的に強化し、重心移動を意識したフォームに変更して3年春に146キロを計測しましたので、さらに成長したこの夏にどんな球速を見せてくれるのか非常に楽しみです。

楠茂将太

身長不明/体重不明/左投げ左打ち/投手

140キロを超えるストレートを投げる旭川大学高校投手陣唯一の左腕。

先発中継ぎもこなし、3年夏の予選ではクリーンナップを打つこともあるほどバッティングもいい選手ですね。

1年から活躍しており新チームでは4番も任されるなど期待されていましたが、春には怪我もあり、なかなか思うようなプレーができていませんでした。しかし3年夏の予選では自己最速を記録するなど復活を印象づけるピッチングを見せています。

しなやかなフォームと下半身の柔軟性がピカイチの北海道でも随一の投手です。

持丸泰輝

176センチ/78キロ/右投げ左打ち/外野手

旭川大学高校の4番打者。

理想の打者は、元ニューヨークヤンキースの4番である松井秀喜氏。打撃論について書かれた松井氏の本を読み、トップの位置や打席でのメンタル面のことを参考にしているのだとか。

体はそこまで大きくないが、1日5合のご飯を食べて体を作っているのでぎっしりと筋肉が詰まった体つきで、ベンチプレス75キロ、握力60キロと内にパワーを秘めています。

夏の予選でもホームランを放っており、甲子園でもそのパワーが見られるのか非常に楽しみですね。

旭川大学野球部2018の特徴

9年ぶり8回目の夏甲子園出場であり9年前は静岡県常葉橘高校に初戦で惜しくも敗れています。

旭川大学野球部2018の特徴としては、最速140キロを超える投手が沼田選手、楠茂選手、平沢選手、青木選手と右投手3人左投手1人の計4人いて全ての試合で継投策を取るところが特徴ですね。

ダメならすぐ交代といったシビアな継投策をとることもあります。先発を決めるときは監督がその日の選手の顔を見て決めるのだとか。常日頃から選手を見ているからこそできる起用方法ですね。

打撃陣は、持丸選手、菅原選手の2年生クリーンナップコンビを中心に得点を重ねていきます。

丸刈り禁止なのもこのチームの特徴であり、何かを変えようと監督が発案したそうです。

不甲斐ない試合をすれば髪の毛を伸ばしているからだと言われてしまうような状況にし、プレッシャーをかけることで選手たちにハッパをかけているのでしょうね。

しかし、それ以外の規律は厳しく眉毛は少しでも剃ってはいけないし、道具の忘れ物等には指導陣の目が光ます。自立心と厳しい規律でチームは強くなりました。

恐らく甲子園で勝ち進んでいっても、選手たちの髪の毛が長いなどといった苦言や批難がメディアやSNSであると思いますがそんなことは関係なくむしろその批難を跳ね返すような活躍を見せて欲しいチームですね。

まとめ

いかがでしたか?

2018年版の旭川大学高校野球部メンバーの出身中学と注目選手についてまとめてみました。

北海道は冬になると積雪もすごく確実に関東勢や関西勢よりもハンデがあります。

そんな中でも駒大苫小牧高校など北海道勢は上位まで勝ち上がることがありますね。

今回もそんな北海道勢旋風を巻き起こせるか、旭川大学高校野球部に期待大です。