興南高校野球部メンバー2018

高校野球2018!

高校野球夏の100回大会で甲子園出場を決めたチームを紹介していきます。

今回は2年連続12回目の出場を決めた沖縄の興南高校です。

高いチーム力で沖縄大会を勝ち抜いた2018年の興南野球部メンバーと出身中学、注目選手を取り上げていきます。

それではご覧ください

スポンサーリンク

興南高校野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

2018年前興南高校野球部メンバーの出身中学とポジションがこちらとなります。

※夏の甲子園2018登録メンバー

投手

  • 背番号1/藤木琉悠/3年/【出身中学:沖縄市山内中学校(沖縄)】

捕手

  • 背番号2/遠矢大雅/2年/【出身中学:宜野湾市宜野湾中学校(沖縄)】

内野手

  • 背番号3/仲村匠平/3年/【出身中学:宜野湾市宜野湾中学校(沖縄)】
  • 背番号4/根路銘太希/2年/【出身中学:伊江村伊江中学校(沖縄)】
  • 背番号5/大山盛一郎/3年/【出身中学:那覇市城北中学校(沖縄)】
  • 背番号6/勝連大稀/2年/【出身中学:宜野湾普天間中学校(沖縄)】

外野手

  • 背番号7/比嘉龍之介/3年/【出身中学:南城市玉城中学校(沖縄)】
  • 背番号8/里魁斗/3年/【出身中学:糸満市三和中学校(沖縄)】
  • 背番号9/塚本大雅/3年/【出身中学:中城村中城中学校(沖縄)】

ベンチ入りメンバー

  • 背番号10/當山尚志/3年/【出身中学:恩納村恩納中学校(沖縄)】
  • 背番号11/仲松青竜/3年/【出身中学:沖縄市古蔵中学校(沖縄)】
  • 背番号12/比嘉良天/3年/【出身中学:読谷村読谷中学校(沖縄)】
  • 背番号13/宮城大弥/2年/【出身中学:宜野湾市嘉数中学校(沖縄)】
  • 背番号14/具志頭大夢/3年/【出身中学:恩納中学校(沖縄)】
  • 背番号15/具志堅大海/3年/【出身中学:嘉手納町嘉手納中学校(沖縄)】
  • 背番号16/安里啓志/3年/【出身中学:浦添市神森中学校(沖縄)】
  • 背番号17/兼城朋裕/2年/【出身中学:うるま市高江洲中学校(沖縄)】
  • 背番号18/西里颯/1年/【出身中学:石垣市立石垣第二中学校(沖縄)】

スポンサーリンク

注目選手

2018年興南高校野球部の注目選手はこちらの選手

宮城大弥

173センチ/70キロ/左投左打/投手

1年夏からエースとしてマウンドに立っていたサウスポーの宮城投手。

遠投120メートル、50メートル6秒3とハイポテンシャルな2年生は
中学時代U15日本代表に選出された実力の持ち主です。

1年夏の沖縄県予選では全6試合に登板し、失点わずか1で防御率0.40と高い安定感を見せましたが、甲子園では5回途中4失点でKOされるなどホロ苦デビューでした。

最速142キロの切れ味ある直球とスライダーやカーブ、チェンジアップなどで緩急をつけ三振を奪います。

制球力も一級品で、コーナーショットで相手打線を寄せ付けません。

背番号13をつけた2018年沖縄県予選では、決勝で二塁を踏ませない圧巻の二安打無四球完封を飾るなど堂々とした投球を見せました。

2010年春夏連覇の琉球トルネードこと島袋洋奨を思わせるような投げっぷりからは目が離せません。

當山尚志

175センチ/70キロ/右投右打/投手兼外野手

3年春にはエースナンバーを背負いながらも中心打者としてチームを引っ張る當山選手。

投げては140キロに迫るストレートと切れ味抜群のスライダーで的を絞らせません。

沖縄県予選ではリリーフ登板で登板機会が少ないながらも安定した活躍を見せ、藤木琉悠、宮城大弥の両左腕の疲労を分散させましたね。

また投げない日には5番左翼としても出場し、思い切りの良い打撃でもチームに勢いをもたらします。

琉球の二刀流が甲子園でどんな活躍を見せるのか楽しみですね。

塚本大雅

身長不明/体重不明/右投右打/外野手

2年夏の甲子園、2年秋の九州大会ではメンバー外だったものの名門興南高校で4番に抜擢された塚本選手。

その実力は図り知れませんが、ネットで検索すると逆方向へのホームランの動画が上がっていました。

足をあげる大きな構えから逆らわずに逆方向へ弾き返す打球の鋭さと飛距離からはパンチ力の強さを伺えます。

沖縄県予選の決勝でも右方向への安打を放っていて、豪快な打者というよりはチーム打撃の出来るタイプの4番打者かと思います。

2017年夏の甲子園の興南は6点を先制しながらもリードを守りきれず6-9で初戦敗退。

勝利を引き寄せるためにもチームバッティングで貢献したいですね。

興南高校野球部2018の特徴

2年連続12回目の夏の甲子園となる興南高校。

2010年の甲子園春夏連覇の時には左腕エース島袋洋奨を中心としたディフェンスと粘り強い打撃が持ち味でしたが、
2018年も守りが主体の戦い方でしょう。

甲子園では恐らく宮城大弥がエースナンバーを背負うことになりますが、藤木琉悠との両左腕の投球が勝敗を左右します。
そこに右腕の當山尚志も加わり厚みが増しています。

さらに藤木投手、當山投手は打撃もよく自身で援護点をもたらすこともあり、より良い流れがチームに出来るでしょう。

打線は主将の仲村匠平や塚本大雅などの主軸の3年生がチームを引っ張りますが、好打者の根路銘太希や正捕手で勝負強い打撃も光る遠矢大雅などの2年生の活躍も不可欠です。

抜きん出た才能を持つ選手はいませんが、チームプレーで勝ち上がるスタイルです。

まとめ

というわけで、2018年版の興南高校野球部メンバーの出身中学と注目選手についてまとめてみました。
いかがでしたか?

大会の主役となるようなプロ注目の選手などはいませんが、高いチーム力で2年連続の甲子園出場を決めました。

特に注目される宮城投手はスーパー1年生として臨んだ2017年大会で悔しい思いをしていますから、快投を披露し挽回したいところですね。

注目していきましょう!