広陵高校野球部メンバー2018

高校野球2018!

高校野球夏の100回大会で甲子園出場を決めたチームを紹介していきます。

今回は2年連続23回目の夏の甲子園出場となる広島の広陵高校。広陵高校いえば選抜大会で3度優勝経験のある広島の強豪校です

2017年の夏は1大会本塁打数などの記録を打ち立てた中村奨成を中心に決勝まで進出しましたが、これまで4回決勝で涙をのみ、夏の日本一にかける思いは強いでしょう。

そんな2018広陵高校野球部メンバーの出身中学と注目選手に迫ります

またチームの特徴などをまとめていきます。

スポンサーリンク

広陵高校野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

それでは2018年広陵高校野球部メンバーの出身中学とポジションがこちらとなります。

夏の甲子園2018のメンバー

投手

  • 背番号1/森悠祐/3年/出身中学:広島市二葉中(広島)

捕手

  • 背番号2/鉤流大遂/2年/出身中学:広島市大塚中(広島)

内野手

  • 背番号3/河端利晶/3年/出身中学:尾道市高西中(広島)
  • 背番号4/吉岡広貴/3年/出身中学:広島市三入中(広島)
  • 背番号5/松本知樹/3年/出身中学:福岡市香椎第一中(福岡)
  • 背番号6/高田桐利/3年/出身中学:倉敷市福田中(岡山)

外野手

  • 背番号7/金澤礼大/2年/出身中学:広島市大州中(広島)
  • 背番号8/藤井孝太/2年/出身中学:広島市牛田中(広島)
  • 背番号9/福光竜平/3年/出身中学:光市大和中(山口)

ベンチ入りメンバー

  • 背番号10/猪多善貴/3年/出身中学:姫路市立菅野中(兵庫)
  • 背番号11/河村佳/2年/出身中学:広島市大州中(広島)
  • 背番号12/秋山功太郎/2年/出身中学:岡山市足守中(岡山)
  • 背番号13/森勝哉/2年/出身中学:赤磐市高陽中(岡山)
  • 背番号14/中村楓大/2年/出身中学:岩国市灘中(山口)
  • 背番号15/石原勇輝/2年/出身中学:呉市川尻中(広島)
  • 背番号16/馬場俊輔/2年/出身中学:京都市大淀中(京都)
  • 背番号17/宗山塁/1年/出身中学:三次市三良坂中(広島)
  • 背番号18/坂本連太郎/3年/出身中学:広島市矢野中(広島)

スポンサーリンク

注目選手

2018年広陵高校野球部の注目選手はこちらの選手

森悠祐

175センチ/75キロ/右投右打/投手

最速149キロの速球が自慢の強豪のエース。

2年夏から甲子園の登板経験はあったものの制球難でノックアウト。

3年春にはエース剥奪されるなど悔しい経験をしましたが、スライダーやチェンジアップなど豊富な球種で3年夏の県予選で躍動。

5試合で23回を3失点にまとめました。

決勝の広島新庄戦では6回からリリーフし延長10回までの5イニングをノーヒットピッチングでサヨナラ勝利を呼び込みました。

悔しさを味わった甲子園のマウンドでリベンジを誓います。

吉岡広貴

172センチ/64キロ/右投左打/内野手

2017夏の悔しさを味わった不動の2番打者。

2年夏から不動の2番二塁手のレギュラーとして甲子園準優勝に貢献し、打率.444をマークするなど活躍しました。

中村奨成の前を打つ打者として決勝でも2安打と音を吐きましたが、4-14と大敗で涙をのみました。

3年夏の予選では打率.417を記録。

チームトップの6盗塁で相手をかき乱し無失策と定評あるディフェンスも披露しました。

目指すは2年夏のリベンジ、頂点あるのみです!

河端利晶

177センチ/86キロ/右投右打/内野手

ガッチリした体格で打球を軽々スタンドへ放り込む強打者。

4番一塁手として出場した県予選では7試合で打率5割超え。

チームトップの3本塁打と触れていました。

得点圏での勝負強さが光り、好機での長打も期待できます。

一方で3盗塁を決めるなど器用さも兼ね備えていて甲子園でも柔軟性あるプレーが期待できます。

広陵高校野球部2018の特徴

2年連続で夏の甲子園出場を決めた広島の広陵高校。

2018年は西日本豪雨の被害を受け、全国で最も遅い開幕となりました。

2017年の夏は中村奨成の大活躍で決勝まで駒を進めましたが、2018年夏はノーシードからの挑戦でした。

ただ、さすがは県内最多出場回数を誇る強豪。

初戦から5試合連続でコールド勝ちを収めるなど打線が好調でした。

準決勝の広島商業戦では甲子園準優勝メンバーの高田の一発などで接戦をものにすると決勝の広島新庄戦ではリードを許しながらも集中打で追いつき、延長の末サヨナラ勝ち。

チーム打率4割を超える強打が光りながらも、豊富な投手陣が安定していてバランスの取れたチームに仕上がりました。

目指すは歴代のOBたちが果たせなかった決勝での勝利のみです。

まとめ

というわけで、2018年版の広陵高校野球部メンバーの出身中学と注目選手についてまとめてみました。

いかがでしたか?

広島といえば西日本豪雨の影響で大きな被害を受けました。

プロ野球でも、カープは力強い戦いを見せていますし高校野球でも悲願の夏の頂点に立ち地元の県民たちに笑顔と勇気を与えたいですね。

期待しましょう!