明石商業野球部メンバー2018

高校野球2018!

高校野球夏の100回大会で甲子園出場を決めたチームを紹介していきます。

今回は夏の甲子園初出場を決めた兵庫の明石商業高校です。

明石商業といえば、2015年から4年連続で夏の兵庫県大会決勝に進出している実力校ですが、過去3年間は滝川第二、市立尼崎、神戸国際大付属に敗れ涙を飲んできました。

そして、4度目の挑戦となった2018年、ついに夏の甲子園初出場を決めました。

そんな2018明石商業高校野球部メンバーの出身中学と注目選手をピックアップ!

またチームの特徴などをまとめていきます。

スポンサーリンク

明石商業野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

それでは2018年明石商業野球部メンバーの出身中学とポジションがこちらとなります。

※夏の甲子園2018登録メンバー

投手

  • 背番号1/福谷航太/3年/出身中学:高砂市荒井中(兵庫)

捕手

  • 背番号2/山本健太朗/3年/出身中学:神戸市井吹台中(兵庫)

内野手

  • 背番号3/加田悠真/3年/出身中学:洲本市青雲中(兵庫)
  • 背番号4/植本亮太/3年/出身中学:神戸市広陵中(兵庫)
  • 背番号5/重宮涼/2年/出身中学:明石市大久保中(兵庫)
  • 背番号6/田渕翔/3年/出身中学:加古川市山手中(兵庫)

外野手

  • 背番号7/右田治信/3年/出身中学:神戸市須佐野中(兵庫)
  • 背番号8/植田貴紗羅/3年/出身中学:高砂市松陽中(兵庫)
  • 背番号9/西本奈生/3年/出身中学:稲美町稲美中(兵庫)

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/勝本樹/3年/出身中学:西宮市鳴尾中(兵庫)
  • 背番号11/宮口大輝/2年/出身中学:宝塚市宝塚中(兵庫)
  • 背番号12/楠真大/3年/出身中学:たつの市新宮中(兵庫)
  • 背番号13/水上桂/2年/出身中学:宝塚市第一中(兵庫)
  • 背番号14/安藤碧/3年/出身中学:神戸市伊吹台中(兵庫)
  • 背番号15/清水良/2年/出身中学:神戸市太田中(兵庫)
  • 背番号16/来田涼斗/1年/出身中学:神戸市長坂中(兵庫)
  • 背番号17/中森俊介/1年/出身中学:篠山市篠山東中(兵庫)
  • 背番号18/河野光輝/2年/出身中学:明石市衣川中(兵庫)

スポンサーリンク

注目選手

2018年折尾愛真高校野球部の注目選手はこちらの選手

福谷航太

183センチ/72キロ/右投左投/投手

エースナンバーを背負う長身で細身の右腕。

長い手足をいかしたしなやかなフォームから130キロ台中盤のキレのある直球を投げ込みます。

最速は140キロに満たないものの、リリースポイントが打者に近く、球速以上に速く感じるのでは?

夏の西兵庫予選で初めてエースナンバーを背負うと、4試合で16イニングを投げわずか2失点。

与えた四死球は1つと精度の高い投球を披露しました。

2017夏にエースナンバーを付けた左腕の加田との継投で夏の頂点を目指します。

加田悠真

176センチ/73キロ/左投左打/内野手兼投手

下級生の頃からエースナンバーを背負うプロ注目の技巧派左腕。

2年秋、3年春と抜群の投球を見せ、決勝までほぼ一人で投げ抜き秋春の兵庫を制しました。

福谷の成長もあり、夏はエースナンバーを譲る形となったが、それでも福谷より多い5試合35回2/3を投げ秋春夏と3連覇という、レベルの高い兵庫県で3校目となる快挙を成し遂げました。

投球スタイルとしてはワインドアップからスリークォーターで投げ込み最速は134キロ。

多彩な変化球を操りますが、特にスライダーやチェンジアップは一級品でストレートとの緩急で打者を翻弄します。

予選では8四死球と不安定な内容でしたが、福谷とのリレーでまずは夏1勝を勝ち取ります。

勝本樹

191センチ/80キロ/右投右打/投手

190センチ超の長身から球威ある直球を投げ込むプロ注目の本格派右腕。

加田投手の存在もあり控え投手となっていますが、最速145キロのストレートにプロのスカウトも目を引いています。

阪神の熊野スカウトは

「肘の使い方がやわらかい。体が大きいし、将来が楽しみ」

と将来性を評価しました。

また、野手としても恵まれた体格をいかした豪快な打撃が魅力で甲子園でも控え選手ながら投打に渡っての活躍が期待されます。

明石商業野球部2018の特徴

2015夏から3年連続で兵庫県大会決勝で涙を飲んだ明石商業。

2018年は4度目の正直で夏の甲子園初出場を決めました。

しかも、秋春夏と兵庫を制すなど着実に実力をつけてきました。

秋の近畿大会では初戦敗退で選抜大会出場を逃しましたが、春の近畿大会ではセンバツ王者の大阪桐蔭に延長までもつれる粘りを見せ夏の躍進につなげました。

福谷航太、加田悠真、勝本樹といったプロ注目の3投手の他、中森や宮口など5人の投手陣で継投して勝ち上がってきました。

打線も犠打などで好機を演出し、勝負強い中軸で得点を重ねます。

特に主将の右田治信は下位打線ながら予選打率6割超えと当たっていて甲子園でもその打棒に期待がかかります。

初出場の勢いそのままに躍進したいですね。

まとめ

というわけで、2018年版の明石商業高校野球部メンバーの出身中学と注目選手についてまとめてみました。

いかがでしたか?

ここ数年、毎年決勝進出していたので夏の甲子園初出場は意外でした。

まさに公立校の誇りですし、ベンチ入りメンバー全員が地元兵庫の選手というまさに甲子園ファンにとっては楽しみなチームかと思います。

たくさんの声援を受け1勝でも多く経験して欲しいですね。