報徳学園野球部メンバー2018

高校野球2018!

高校野球夏の100回大会で甲子園出場を決めたチームを紹介していきます。

今回は8年ぶり15回目の夏の甲子園出場となる兵庫の報徳学園高校です。

甲子園がある兵庫県勢で最多の甲子園出場回数を誇る報徳学園ですが、ここ数年実力あるメンバーが揃いながら中々甲子園に辿り着けませんでした。

2018の注目はもちろん、ドラフト候補の小園海斗選手。

そんな2018年報徳学園野球部メンバーの出身中学と注目選手を紹介!

またチームの特徴などをまとめていきます。

スポンサーリンク

報徳学園野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

それでは2018年報徳学園高校野球部メンバーの出身中学とポジションがこちらとなります。

※夏の甲子園2018のメンバー

投手

  • 背番号1/渡辺友哉/3年/出身中学:西宮市鳴尾中(兵庫)

捕手

  • 背番号2/堀尾浩誠/3年/出身中学:加西市北条中(兵庫)

内野手

  • 背番号3/神頭勇介/3年/出身中学:神戸市本多聞中(兵庫)
  • 背番号4/羽渕達哉/3年/出身中学:姫路市大津中(兵庫)
  • 背番号5/大崎秀真/2年/出身中学:報徳学園中(兵庫)
  • 背番号6/小園海斗/3年/出身中学:宝塚市光ガ丘中(兵庫)

外野手

  • 背番号7/村田琉晟/3年/出身中学:奈良市京西中(奈良)
  • 背番号8/長尾亮弥/3年/出身中学:淡路市津名中(兵庫)
  • 背番号9/永井辰徳/3年/出身中学:与謝野町橋立中(京都)

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/木村勇仁/3年/出身中学:報徳学園中(兵庫)
  • 背番号11/林直人/2年/出身中学:宝塚市山手台中(兵庫)
  • 背番号12/原口志士/3年/出身中学:神戸市星陵台中(兵庫)
  • 背番号13/亀田龍磨/3年/出身中学:西宮市山口中(兵庫)
  • 背番号14/松本拓実/3年/出身中学:京丹後市網野中(京都)
  • 背番号15/森本龍治/3年/出身中学:川西市明峰中(兵庫)
  • 背番号16/西井星矢/2年/出身中学:大和高田市高田西中(奈良)
  • 背番号17/岡崎星輝/3年/出身中学:大阪市鯰江中(大阪)
  • 背番号18/渡辺壮馬/3年/出身中学:報徳学園中(兵庫)

スポンサーリンク

注目選手

2018年報徳学園野球部の注目選手はこちらの選手

小園海斗

178センチ/79キロ/右投左打/内野手

プロ注目の三拍子揃った遊撃手の小園海斗。

遠投110メートル、50メートル5秒8と身体能力が高く、1番遊撃手として出場した東兵庫予選では打率.333ながら4本の二塁打を放ちました。

4回戦の滝川第二戦ではバックスクリーンに豪快な本塁打を放つなど長打力も兼ね備えます。

ポテンシャルの高さにはプロのスカウトも惚れ込んでいて、巨人の益田スカウトは

「立浪を彷彿させる」

とミスター二塁打のスラッガーに姿を重ねています。

阪神の熊野スカウトは

「やっぱり能力は(高校生の中で)抜けている」

と甲子園での活躍に期待を寄せていて

そのほかにも中日やオリックス、DeNA、西武、広島など数多くの球団がマークしているまさにドラフトの目玉となりそうな選手です。

CHECK!小園海斗(報徳学園)のドラフト進路は?各球団の評価をチェック 

渡辺友哉

180センチ/70キロ/左投左打/投手

怪我を乗り越えエースとなった制球力が光るサウスポー。

2年生の時は故障があり、登板することは出来ませんでしたが
制球力とテンポの良さを持ち味にエースとして予選突破に貢献しました。

3試合24回を投げ2失点にまとめ、四死球も4つと安定しています。

決勝では2年前の優勝校でもある市立尼崎を完封で退けるなど好投が目立ちました。

守りからリズムを作るチームを支えます。

神頭勇介

176センチ/78キロ/右投右打/内野手

高い身体能力を持つ4番キャプテンの神頭勇介。

高校2年までは捕手をしていたこともあり、肩の強さは周りを見れる視野の広さも光ります。

中学時代にはU15日本代表でも4番を務めた経験のある選手で、豪快な一打というよりは鋭いスイングの中距離打者ですね。

県予選ではマークも厳しく、長打が一本も出ずにブレーキでしたが主砲の大暴れで甲子園を沸かせる予感がします。

報徳学園野球部2018の特徴

8年ぶり15回目の夏の甲子園に出場する兵庫の名門、報徳学園。

春2回、夏1回全国制覇をしている甲子園の常連校です。

しかし、ここ数年夏の甲子園から遠ざかっていましたね。

実力ある選手が揃いながら涙をのんできました。

逆転の報徳で知られるチームですが、2018年は守りが持ち味のチーム。

2年夏にU18日本代表にも選ばれた遊撃手の小園海斗を中心とした堅い守りで予選6試合で6失点。失策はわずか1つと安定しています。

一方の打撃は甲子園出場56チーム中ワーストのチーム打率.272ですが少ないチャンスをものにする打線の繋がりが光ります。

打撃でも豪快な本塁打を放った1番の小園海斗を起点に勝負強い中軸で得点を奪います。

犠打や進塁打など小技が持ち味で出塁した走者を確実に迎え入れます。

80回、90回の記念大会に続き100回目も出場する名門校の躍進に地元甲子園の視線が集まります。

まとめ

というわけで、2018年版の報徳学園野球部メンバーの出身中学と注目選手についてまとめてみました。

いかがでしたか?

チーム打率は56校でワースト、各チームにいる打率4割、5割のラッキーボーイはいませんがコツコツと繋ぐ野球と堅い守りで頂点を目指します。

プロ注目の小園海斗の活躍にも注目が集まるでしょう!