奈良大付属野球部メンバー2018

高校野球2018!

今回は夏甲子園初出場の奈良大附属高校についてまとめていきたいと思います。

破壊力のある打力でノーシードから勝ち上がってきた奈良大付属高校野球部メンバーの出身中学や注目選手をチェック!

またチームの特徴についてもとりあげていきます。

ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

奈良大付属高校野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

2018年の奈良大付属高校野球部メンバーの出身中学一覧はこちら

※夏の甲子園2018の登録メンバー

投手

  • 背番号1/木村光/3年/出身中学:桜井市桜井東中(奈良)

捕手

  • 背番号2/植村建太/3年/出身中学:奈良市若草中(奈良)

内野手

  • 背番号3/上野拓真/3年/出身中学:大阪府上之島中(大阪)
  • 背番号4/竹内直人/3年/出身中学:奈良市京西中(奈良)
  • 背番号5/石塚海斗/3年/出身中学:橿原市畝傍中(奈良)
  • 背番号6/白沢皇太/3年/出身中学:葛城市白鳳中(奈良)

外野手

  • 背番号7/東郷佑太/3年/出身中学:大阪府東陽中(大阪)
  • 背番号8/植垣裕/3年/出身中学:五條市五條西中(奈良)
  • 背番号9/宮川寛志/3年/出身中学:生駒市生駒南中(奈良)

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/別府勇輝/3年/出身中学:奈良市平城中(奈良)
  • 背番号11/池田晋輔/3年/出身中学:大和郡山市郡山中(奈良)
  • 背番号12/拾尾昌哉/2年/出身中学:橿原市大成中(奈良)
  • 背番号13/木平大輔/3年/出身中学:大阪府盾津東中(大阪)
  • 背番号14/渕上賢人/3年/出身中学:大阪府豊崎中(大阪)
  • 背番号15/吉田直央/3年/出身中学:大和郡山市郡山中(奈良)
  • 背番号16/山元大晟/3年/出身中学:大阪府縄手中(大阪)
  • 背番号17/鶴田元基/3年/出身中学:御所市御所中(奈良)
  • 背番号18/松本成将/3年/出身中学:生駒市緑ヶ丘中(奈良)

スポンサーリンク

注目選手

そして、2018年の奈良大付属高校野球部メンバーの注目選手がこちらの選手

宮川寛志

177センチ/70キロ/右投げ左打ち/外野手

奈良大附属高校のリードオフマン。

奈良県大会0.545と高い打率を残し、チーム打率0.458の強力打線に勢いを付けた宮川選手。高い打率だけでなく、ツーベース3本、スリーベース1本と長打力もある選手です。

スピードも光る選手で外野の守備範囲もその自慢の足で縦横無尽に走り回ります。

奈良県大会の天理戦では、11回裏ツーアウト満塁のサヨナラのチャンスで打席に立った2番打者の植垣選手に、一塁走者だった宮川選手が「頼むぞ」と声をかけるなど、熱い部分のある選手でもありますね。

甲子園でも高い出塁率で試合をかき回すでしょう。

木村光

172センチ/67キロ/右投げ左打ち/投手

強力奈良大附属高校のエース。

自身も奈良県大会打率0.385と高い打率を誇る怖い9番バッターでした。天理相手にホームランを放つなど長打力もあります。

決勝の天理戦では、強力打線相手に9失点するも、粘り強く投げ延長11回189球を1人で投げ抜き、サヨナラ勝ちを呼び込みましたね。

球威のあるストレートに鋭い変化をするスライダーが武器で、奈良県大会では29回1/3のうち奪三振34個と投球回数を上回る三振を奪っています。

打線が強力なだけに、木村選手の出来は非常に重要です。投打が噛み合えばどんなチームにも負けない強さのある奈良大附属高校ですからエースとして守備からリズムを作って欲しいですね。

東郷佑太

172センチ/68キロ/右投げ右打ち/外野手
強力打線の中心的バッター。

打率5割を超える高打率でチーム打率4割中盤の強力打線を牽引しました。

入学当時の体重は62キロと細身でしたが最大で約10キロの増加に成功し、入学当初は外野の定位置まで飛ばすのがやっとだったパワーが3年になると10本以上のホームランを打つまでに成長。

奈良県大会では2本のホームランと4本のツーベースを放つなど長打力を見せつけました。

甲子園では強いチームを倒したいと意気込む東郷選手。奈良県大会での打撃成績が自信となっているようですね。

田中監督は奈良県大会では東郷選手、宮川選手を中心に打ち勝ってきたと語っていましたので、甲子園でも東郷選手を中心に強力打線が回って行くことでしょう。

奈良大付属高校野球部2018の特徴

奈良大附属高校の田中一訓監督は大阪体育大学出身で、あの元メジャーリーガーで現在巨人で中継ぎを務める上原浩治選手とバッテリーを組みリーグ優勝に導いているそうです。今年は悲願の夏初甲子園出場ということで気合が入っていることでしょう。

チームは打撃のチームで、奈良県大会チーム打率0.458と強打を誇ります。なんと1番宮川選手、2番植垣選手、3番東郷選手、4番上野選手、5番白沢選手、6番植村選手までが打率4割後半という恐ろしい打線。1番低くて7番のキャプテン石塚選手の打率0.333と言うから驚きの打線ですね。長打も5試合で25本と飛ばしに飛ばしています。冬場に行った1日1000本の素振りがこの打撃力を作ったそうです。

守備は春の奈良県大会で8エラーと課題が残っていましたが、夏には4個のエラーに減少するなど改善が見られています。

技術面以外には選手たちの身体作りにも積極的で、強制的ではないが食育講座を選手たちに受けさせているのだとか。取り組むまでは相手チームの選手を見て大きいと感じることが多かったそうですが、今では相手チームから大きいですねと言われるまでになったそうです。選手の親たちは、ラインで食事の専門家に料理の写真を送り足りない栄養についてアドバイスをもらったりしてるのだとか。

食育で培った強靭な肉体を武器に、プロ注目の投手や全国区の投手たちを打ち崩して上位に食い込んできて欲しいですね。

まとめ

以上、2018年の奈良大付属高校野球部メンバーの出身中学と注目選手をまとめてみました。

いかがでしたか?

甲子園出場チームの中でもトップレベルの打撃力を持つ奈良大附属高校。

甲子園でも選手たちには冬場に振り込んで作り上げた鋭いスイングと食トレで培った肉体で強豪校を撃破して欲しいですね。