愛工大名電野球部メンバー2018

愛工大名電野球部メンバーの出身中学と注目選手のまとめ【2018年版】

高校野球2018!

高校野球夏の100回大会で甲子園出場を決めたチームを紹介していきます。

今回は5年ぶり12回目の夏の甲子園出場となる愛知の愛工大名電高校です。

愛工大名電といえば、2005年の春の選抜を制したチーム。

当時はバントなど小技を使ったスモールベースボールで勝ち上がりましたが、2018年は打力で激戦区・西愛知を勝ち上がりました。

そんな2018年愛工大名電高校野球部メンバーの出身中学と注目選手を紹介!

チームの中心選手やチームの特徴などをまとめていきます。

スポンサーリンク

愛工大名電野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

それでは2018年愛工大名電野球部メンバーの出身中学とポジションがこちらとなります。

※夏の甲子園2018登録メンバー

投手

  • 背番号1/秋山凌祐/3年/出身中学:大津市瀬田中(滋賀)

捕手

  • 背番号2/安井太規/3年/出身中学:名古屋市長良中(愛知)

内野手

  • 背番号3/牛島凛人/2年/出身中学:江北町江北中学(佐賀)
  • 背番号4/永井翔/3年/出身中学:一宮市千秋中学(愛知)
  • 背番号5/西脇大晴/3年/出身中学:春日井市坂下中(愛知)
  • 背番号6/堀内祐我/2年/出身中学:桑名市陵成中(三重)

外野手

  • 背番号7/稲生賢二/2年/出身中学:半田市乙川中(愛知)
  • 背番号8/後藤晃成/3年/出身中学:四日市市笹川中(三重)
  • 背番号9/柳本優飛/3年/出身中学:松坂市松原第四中(大阪)

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/室田祥吾/3年/出身中学:能美市辰口中(石川)
  • 背番号11/森春輝/2年/出身中学:犬山市東部中(愛知)
  • 背番号12/横井英二/2年/出身中学:名古屋市有松中(愛知)
  • 背番号13/粟田千宙/3年/出身中学:福井市成和中(福井)
  • 背番号14/尾野将太/3年/出身中学:名古屋市天白中(愛知)
  • 背番号15/向川侑成/3年/出身中学:小矢部市大谷中(富山)
  • 背番号16/杉山弘将/2年/出身中学:刈谷市富士松中(愛知)
  • 背番号17/佐藤健志朗/1年/出身中学:岐阜市岐阜中央中(岐阜)
  • 背番号18/津田嵩虎/1年/出身中学:東近江市朝桜中(滋賀)

スポンサーリンク

注目選手

2018年愛工大名電高校野球部の注目選手はこちらの選手

柳本優飛

172センチ/72キロ/右投左打/外野手

巧みなバットコントロールで左右に鋭い打球を放つリードオフマン。

1番ライトとして予選全7試合でチームトップタイの15安打を放ち打率は4割超。

初戦では本塁打を放つなど思い切りのいいスイングが魅力です。

4番の牛島以外は170センチ台と大柄な選手は少ないですが、粘り強い打撃でチームに勢いをもたらします。

稲生賢二

172センチ/73キロ/右投左打/外野手

高い打撃センスが魅力の左の巧打者。

中学時代はU15日本代表に選ばれるなど、1年時から注目を集めていました。

まさにOBのイチローを彷彿とさせるような天才打者とも言われていました。

しかし、3年夏の大会直前に怪我をして二桁17の背番号をつけての出場となりました。

ただ、予選7試合で打率5割、15安打、2本塁打、11打点はいずれもチームトップの数字。

3番打者として能力を遺憾なく発揮しました。

甲子園では一桁7番をつけてフィールドを駆け回ります。

牛島凛人

180センチ/70キロ/右投右打/内野手

チームで唯一身長180センチ台の大型内野手。
2年生ながら4番を任されています。

予選では打率.452、本塁打2本。

14安打中6本が長打と4番らしい働きをしました。

パンチ力のある打撃で甲子園でも好投手を攻略します!

愛工大名電野球部2018の特徴

5年ぶり12回目の夏の甲子園となる愛知の愛工大名電。

2005年の選抜優勝時には送りバントなどで手堅く1点を奪いにいく戦い方でした。

そして、2012,2013と出場した夏の甲子園では濱田達郎、東克樹と左のエースを中心に堅い守りが持ち味でした。

しかし、2018年はとにかく打撃。

徹底した振り込みと体づくりでスイングを強化し予選7試合で9本塁打、三塁打は4、二塁打は24と長打が光りました。

ノーシードながらも接戦で打力を発揮し勝ち上がりましたね。

倉野監督が掲げるスーパー攻撃ベースボール、通称SKBがどこまで通用するのか楽しみです!

まとめ

というわけで、2018年版の愛工大名電高校野球部メンバーの出身中学と注目選手についてまとめてみました。

いかがでしたか?

7試合で39失点と投手陣にやや不安を残しますが、それでも接戦や乱打戦を制してきた自慢の打撃がどこまで全国で通用するのか見ものですね。

新時代、強打の高校野球の時代をぐっと引き寄せます!