横浜高校野球部メンバー2018

高校野球2018!

ということで今回は3年連続で甲子園出場の南神奈川代表・横浜高校をとりあげていきます。

横浜高校といえば多数のプロ野球選手を輩出する名門校で今年もタレント揃いの好メンバーで甲子園出場を決めています。

そんな2018年の横浜高校野球部のメンバーや出身中学、注目選手を取り上げていきます。

それではご覧下さい!!

スポンサーリンク

横浜高校野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

それでは2018年の横浜高校野球部メンバーの出身中学とポジションはこちらです。

※夏の甲子園2018のメンバー

投手

  • 背番号1/板川佳矢/3年/野木町立野木中(栃木)

捕手

  • 背番号2/角田康生/3年/明治中(栃木)

内野手

  • 背番号3/内海貴斗/2年/市立末吉中学(神奈川)
  • 背番号4/齊藤大輝/3年/横浜市立六ツ川中(神奈川)
  • 背番号5/山崎拳澄/3年/横須賀市立野比中(神奈川)
  • 背番号6/遠藤 圭吾/3年/横須賀市立池上中(神奈川)

外野手

  • 背番号7/河原木皇太/3年/茅ヶ崎市立萩園中(神奈川)
  • 背番号8/小泉龍之介/2年/越前市武生第二中(福井)
  • 背番号9/万波中正/3年/練馬区立開進第二中(東京)

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/及川雅貴/2年/八日市場第二中(千葉)
  • 背番号11/黒須大誠/2年/いわき市立中央台北中(福島)
  • 背番号12/山口海翔/2年/川崎市立向丘中(神奈川)
  • 背番号13/長南有航/3年/佐野市立田沼西中(栃木)
  • 背番号14/度会隆輝/1年/ 市川市立下貝塚中(千葉)
  • 背番号15/武川康太/3年/ 横浜市立汲沢中(神奈川)
  • 背番号16/津田啓史/1年/熊本市立長嶺中(熊本)
  • 背番号17/大手晴/1年/磐田市立竜洋中(静岡)
  • 背番号18/小島歩空/1年/横浜市立名瀬中(神奈川)

スポンサーリンク

注目選手

毎年のようにプロ野球選手を輩出する横浜高校ですが、2018年はどのような活躍するのでしょうか。

注目選手に迫ります。

万波中正

横浜高校入学時から抜群の身体能力の高さから注目を集めたスラッガーの万波選手。

しかし、2年生になり伸び悩みベンチ入りすら叶わない日々も続きました。

そんな中、3年生の夏の大会前に見事な復活を果たし中軸で横浜スタジアムのバックスクリーンにホームランを叩き込むといった活躍を見せチームを甲子園へ導きました。

投げては結果こそあまり良くなかったもののストレートは140km/h中盤を連発し、潜在能力の高さも見せつけました。最後の夏に甲子園で活躍できるか注目です。

板川佳矢

横浜高校のエースサウスポーの板川投手。

沈み込むフォームから繰り出されるストレートは最速136km/hながら低い位置のリリースから非常に伸びのあるボールであり、神奈川県大会では好成績を残しました。

監督も3年生投手の板川投手には大きな信頼を寄せていて、おそらく横浜高校の選手層の厚い投手陣の中でも中心として活躍することとなり神奈川大会では降板後外野を守り再びピンチでマウンドに上がるという采配も見られました。

2017年の秋大会からの成長が目覚ましい選手の1人であり、3年生投手としてチームを引っ張る投球を期待したいですね。

及川雅貴

最速152km/hのスーパー2年生サウスポーの及川投手。学年を考えるとおそらく今大会で1番注目されるであろう投手の1人です。

2年生ながら左腕としては規格外の球速をマークしていてプロ顔負けのボールを投げ込みます。

毎試合先発するというわけではなさそうですが、リリーフや日程的に厳しい試合での先発登板が期待されます。

1年時からの成長が凄まじく、甲子園での最速記録の更新にも注目です。左腕での150km/h越えはプロでも珍しく活躍すれば現西武の菊池投手並みの注目を集めるでしょう。

横浜高校野球部2018の特徴

2018年の横浜高校の特徴は投打におけるバランスの良さがあげられるでしょう。

投手陣はエースの板川投手と超高校級サウスポーの及川投手を軸に神奈川大会で活躍した変則投法2年生の黒須投手と連戦を勝ち抜く人数が揃っていて、野手陣では長打力のある万波選手や長南選手をはじめに2年生の時から一軍の試合に出場していた選手が多く経験値が他のチームとは違います。

高校野球ではかなり重要視される守備力も非常に高く、決勝戦では極度のプレッシャーの中ノーエラーで甲子園の切符を掴みました。

伝統校の基礎の徹底とスター選手の存在で全国制覇を狙います。

まとめ

以上、2018年の横浜高校野球部メンバーについて取り上げてみました。

いかがでしたでしょうか。

近年の横浜高校は甲子園に出場するものの優勝からは遠ざかっていて、90回大会の松坂大輔投手の活躍していた時代まで遡ります。

第100回の記念大会ではどのような戦いを見せてくれるのか楽しみです!!