益田東高校野球部メンバー

2018年で第100回目を迎える夏の甲子園!

今回はノーシードから勝ち上がり18年ぶりに甲子園に帰ってきた島根県代表の益田東高校野球部について書いて行きたいと思います!

そんな2018年の益田東高校野球部の出身中学と注目選手をチェック!

またチームの特徴についても迫ります

是非ご覧ください!

スポンサーリンク

益田東高校野球部メンバー2018【出身中学とポジション】

夏の甲子園2018登録メンバー

投手

  • 背番号1/和田晃成/3年/大阪府大東中(大阪)

捕手

  • 背番号2/中山翔/3年/大阪府城陽中(大阪)

内野手

  • 背番号3/安田陸人/2年/大阪府細郷中(大阪)
  • 背番号4/藤本涼太/3年/京都府双ケ丘中(京都)
  • 背番号5/稲林隼人/3年/大阪府高野台中(大阪)
  • 背番号6/首藤舜己/3年/大阪府上甲子園中(大阪)

外野手

  • 背番号7/荻野竜志/3年/大阪府渋谷中(大阪)
  • 背番号8/乾豊/3年/大阪府大東中(大阪)
  • 背番号9/佐野真太郎/3年/大阪府阿倍野中(大阪)

その他のベンチ入りメンバー

  • 背番号10/有田恭朔/3年/大阪府豊中八中(大阪)
  • 背番号11/乾颯汰/3年/大阪府城陽中(大阪)
  • 背番号12/北田健太朗/3年/大阪府北池田中(大阪)
  • 背番号13/住田智稀/3年/大阪府久米田中(大阪)
  • 背番号14/馬場椋太郎/3年/大阪府四條畷中(大阪)
  • 背番号15/林拓茉/3年/大阪府門真はすはな中(大阪)
  • 背番号16/谷口哲也/3年/大阪府新東淀中(大阪)
  • 背番号17/上田穣一朗/3年/福岡県長尾中(福岡)
  • 背番号18/山下稜平/3年/大阪府浜寺南中(大阪)

スポンサーリンク

注目選手

そんな2018年の益田東高校野球部メンバーの注目選手はこちら

和田晃成

173センチ/71キロ/右投げ右打ち/投手

島根県大会5試合全てに先発し試合を作ったチームのエース。

140キロのストレートとブレーキの効いたカーブなどキレの良い変化球のコンビネーションを使った思い切りの良い投球が武器ですね。

四死球が多いのが少し気になりますが、ランナーを出しながらも粘りのピッチングができるところはさすがエースといったところです。

その粘りのピッチングを物語るのが島根県大会決勝の石見智翠館高校戦。10本のヒットを浴びながら完封する我慢のピッチングを見せました。

11の残塁を記録する要所を締めるピッチングは圧巻でした。

甲子園でも攻めても点が入らないという焦りを与え強豪校に一泡吹かせて欲しいですね。

安田陸人

181センチ/82キロ/右投げ右打ち/内野手

島根県大会打率0.526の恐怖の6番バッター。しかもベンチ入りしているチーム唯一の2年生なんですね。

島根県大会10安打11打点ツーベース3本ホームラン2本は6番バッターとは思えない活躍でした。

どこからでも点が取れる打線の中で、下位打線につながる重要な打順である6番を任され、先輩たちをどこまで上に連れて行くバッティングができるか、2年生スラッガーに期待大です。

稲林隼人

178センチ/76キロ/右投げ左打ち/内野手

大きく足をあげる豪快なバッティングフォームで1年生から公式戦で4番を打つチャンスに強い頼れる中距離バッター。

広角に打てる器用さもあるバッターですね。

140人近い部員がいる中で1年生からレギュラーとして多くの先輩がいるで打席に立ち、認められるためなんとか結果を出そうと思っていたそう。

昨年秋からは自己中なプレーをしない事を心がけて試合に臨んでいるのだとか。監督からの指導でこれまでの生活態度を改めるように言われたからだったそうです。率先して掃除をしたりしメンタル面も鍛えました。
 
今年から犠打を駆使し戦ってきた益田東の中で4番である稲林選手も多くの時間を犠打に費やしてきました。長打もあり、送ることもできる繋ぐ4番に甲子園でも期待したいと思います。

益田東高校野球部2018の特徴

島根県大会では、第2シードの開星高校、第3シードの立正大湘南高校、決勝では第1シードの石見智翠館高校を撃破し強豪校をことごとく撃破してきた益田東高校。

益田東高校は校舎からグラウンドへ行くのに急坂を登らなくてはならないそうです。この坂の名前は甲子園坂。この坂を10往復する坂ダッシュは同校の名物練習なのだとか。

年末には3日間で海岸や高校の周辺の山なとを100キロ走り込む練習もあるそうです。この辛い練習を乗り越えることで仲間との結束が生まれたとキャプテンの荻野選手が語っていました。

そんなトレーニングで鍛えた下半身を武器に攻撃力の高い打撃でどこからでもチャンスメイクができる打線が特徴ですね。大事な場面では送りバントでランナーを進めるといった堅実な部分もあります。

守備面では和田選手とバッテリーを組むキャッチャーの中山選手の巧みなリードで打者を切ってとります。また、藤本選手と首藤選手の二遊間は島根県大会ノーエラーの堅守を誇りますね。大庭監督はチーム史上最高の内野陣と守備には絶対の自信を持っています。

1人1人が野球に触れられるように4軍制を取っているのもこの高校の特徴です。1軍はヤンキース、4軍はルーキーズ、2軍3軍はプロ野球チーム名がつけられるそうです。各軍同じメニューで練習し、チーム員全員が野球に触れられるように考慮しているのだとか。

色々と考え工夫された練習をするチームなのですね。

まとめ

以上、2018年益田東高校野球部メンバーについてまとめてみました。

いかがでしたか?

部員138名と多くの部員を抱える益田東高校。試合に出られない多くの仲間の気持ちや思いを抱いて試合に出る選手達は悲願の夏1勝をもぎ取れるか、堅守強打の益田東高校から目が離せませんね。