札幌大谷野球部メンバー2019

札幌大谷野球部メンバー2019!

今回は札幌大谷野球部メンバーの出身中学や身長・体重、注目選手などをまとめていきます。

札幌大谷といえば、2018年秋の北海道大会で創部10年目にして初めて頂点に立つと勢いそのままに明治神宮大会でも優勝し2019年の選抜へ、甲子園初出場を決めました!

突如として現れた新鋭校、どんなチームなのか押さえておきましょう。

スポンサーリンク

札幌大谷野球部メンバー2019【身長体重・出身中学】

それでは早速、札幌大谷野球部メンバー2019をまとめていきます。

※2018秋の北海道大会のメンバーです。
※2019年版ということで、学年は1つ上げています

投手

背番号1/西原健太/3年/
身長・体重⇒184センチ・90キロ
出身中学⇒札幌大谷中学校(北海道)

捕手

背番号2/飯田柊哉/3年/
身長・体重⇒173センチ・71キロ
出身中学⇒札幌大谷中学校(北海道)

内野手

背番号3/清水悠我/3年/
身長・体重⇒176センチ・75キロ
出身中学⇒札幌大谷中学校(北海道)
背番号4/釜萢大司/3年/
身長・体重⇒172センチ・66キロ
出身中学⇒札幌大谷中学校(北海道)
背番号5/佐藤颯馬/2年/
身長・体重⇒174センチ・72キロ
出身中学⇒函館市立尾札部中学校(北海道)
背番号6/北本壮一郎/3年/
身長・体重⇒179センチ・75キロ
出身中学⇒北栄中学校(北海道)

外野手

背番号7/中川征典/3年/
身長・体重⇒168センチ・70キロ
出身中学⇒札幌市立平岡緑中学校(北海道)
背番号8/石鳥亮/3年/
身長・体重⇒180センチ・85キロ
出身中学⇒札幌大谷中学校(北海道)
背番号9/佐藤翔騎郎/2年/
身長・体重⇒181センチ・71キロ
出身中学⇒札幌市立日章中学校(北海道)

控え

背番号10/田口恭大/3年/
身長・体重⇒170センチ・65キロ
出身中学⇒札幌大谷中学校(北海道)
背番号11/増田大貴/2年/
身長・体重⇒172センチ・61キロ
出身中学⇒札幌市立常盤中学校(北海道)
背番号12/大野柚太/3年/
身長・体重⇒164センチ・73キロ
出身中学⇒札幌大谷中学校(北海道)
背番号13/津崎愛斗/2年/
身長・体重⇒165センチ・55キロ
出身中学⇒小樽市立長橋中学校(北海道)
背番号14/小関慎之助/2年/
身長・体重⇒168センチ・60キロ
出身中学⇒北栄中学校(北海道)
背番号15/吉田優太/2年/
身長・体重⇒174センチ・75キロ
出身中学⇒札幌市立発寒中学校(北海道)
背番号16/青山弥稜/3年/
身長・体重⇒165センチ・75キロ
出身中学⇒札幌大谷中学校(北海道)
背番号17/太田流星/3年/
身長・体重⇒172センチ・75キロ
出身中学⇒札幌大谷中学校(北海道)
背番号18/阿部剣友/2年/
身長・体重⇒197センチ・87キロ
出身中学⇒北斗市立大野中学校(北海道)

2018年、創部10年目で急成長を遂げた札幌大谷。

豊富な投手陣を中心とした守りの野球が持ち味です。

タイプの違う4投手の継投は初の甲子園でも楽しみな存在でしょう。

また、粘り強い打線も持ち味で出塁率の高い1,2番を軸に得点を生み出します。

神宮大会の決勝では選抜でも優勝候補の一角として挙げられる石川の星稜高校と対戦。

プロ注目の右腕、奥川恭伸投手に対し6回まで3安打と苦しみましたが、7回のチャンスをものにし逆転で優勝を引き寄せました。

非常に楽しみなチームですね。

スポンサーリンク

札幌大谷野球部の注目選手【2019年版】

それでは、2019年の札幌大谷の注目選手を紹介します!

西原健太

184センチ90キロと恵まれた体格の持ち主でエースナンバーを背負う西原健太投手。

持ち味は最速142キロのストレート。

2年秋からエースとなりましたが、北海道大会では3試合11イニングで12四死球9失点と本来の投球が出来ませんでした。

それでも神宮大会1回戦では龍谷大平安を5回まで無失点に抑える投球を見せると、決勝の星稜戦では1失点完投とエースらしい投球を見せました。

また、打っても4番打者として打線を牽引。

全道大会では打率4割超えと活躍しました。

北海道の二刀流の出来が試合の勝敗を大きく動かすでしょう。

太田流星

2018年秋の大会で最も脚光を浴びたのが控えの太田流星投手。

きっかけとなったのが神宮大会の準決勝。

九州王者・筑陽学園を8回まで無安打に押さえる圧巻の投球を見せました。

あわや44年ぶりノーヒットノーランの快挙でしたから。

太田投手はアンダースローで、球速は120キロ台と決して速くはありません。

ただ、相手打者に的を絞らせないテンポの速さとシュートやスライダーなど手元でボールを動かし凡打の山を築いてきました。

また、神宮大会優勝後の歓喜の輪で、喜びのあまり過呼吸を起こしてしまったことも話題となりました。

西原投手との球速差20キロ継投が楽しみですね!

阿部剣友

197センチの長身が一際目を引く左腕の阿部剣友投手。

足を大きくあげたダイナミックなフォームから最速136キロの速球を投げ込みます。

秋には1年生ながらベンチ入りすると、神宮大会準々決勝の国士舘戦で先発。

しかし、緊張で制球が定まらず1イニングで交代するなど悔しい思いをしました。

冬のトレーニングで、秋時点で134キロだった直球が2キロ速くなるなど成長著しい選手で、ひょっとしたら選抜ではエースナンバーを背負うなんてことも?

注目したいですね!

2018年秋季北海道大会の結果

それでは2019年の札幌大谷について、2018年秋季北海道の結果をまとめていきます。

札幌地区大会(Aブロック)

1回戦
札幌大谷 10 – 0 石狩南 (6回コールド)

2回戦
札幌大谷 8 – 1 札幌南 (7回コールド)

3回戦
札幌大谷 7 – 1 北海道科学大

地区代表決定戦
札幌大谷 21 – 2 札幌白石(5回コールド)

全道大会

2回戦
札幌大谷 5-2 滝川西

準々決勝
札幌大谷 5-1 白樺学園

準決勝
札幌大谷 7-6 駒大苫小牧

決勝
札幌大谷 9-6 札幌第一

地区大会は順当に勝ち上がると全道大会でも投打がかみ合いました。

そして準決勝、決勝と2試合続けて逆転勝ち。

準決勝では甲子園優勝のある駒大苫小牧に序盤に4点を先取されましたが、5回に追いつき粘ると最後は延長10回にタイムリーで勝ち越し勝利。

決勝でも甲子園常連校の札幌第一に4点を先行されましたが、3回の集中打で追いつき8回には一挙5点を奪い突き放しました。

主戦、西原の投球がピリッとしない中、集中力のある打線、そして継投で勝ち上がりました。

初の甲子園舞台でも堂々の闘いぶりを見せてくれるでしょう。

まずは選抜での初戦突破、期待したいですね!

札幌大谷野球部メンバー2019のまとめ

というわけで、札幌大谷野球部メンバー2019についてまとめてきました。

やはり、なんといっても魅力的なのが投手陣。

取り上げた西原投手、太田投手、阿部投手以外にも好投手が揃いますから選抜ではどんな投球を見せてくれるのか楽しみです。

また打線もよく、石島選手や北本選手、釜萢選手といった好打者も揃っています。

神宮大会の北海道勢Vは田中将大投手を擁した2006年の駒大苫小牧以来。

札幌大谷は2019年、最も躍進が期待されるチームです!