盛岡大付属野球部メンバー2019!

今回は盛岡大付属野球部メンバーの出身中学や身長・体重、注目選手などをまとめていきます。

盛岡大付属は言わずと知れた岩手の強豪校で、甲子園の常連校でもありますよね。

2018年秋にはプロ注目の大船渡・佐々木投手を打ち崩すなど強打で勝ち上がり、東北大会準優勝しました。

食トレによる肉体改造で破壊力を増したということで、選抜での戦いぶりも楽しみですね!

それではまとめていきましょう。

スポンサーリンク

盛岡大付属野球部メンバー2019【身長体重・出身中学】

それでは早速、盛岡大付属野球部メンバー2019をまとめていきます。

※2018秋の東北大会のメンバーです。
※2019年版ということで、学年は1つ上げています

投手

背番号1/阿部秀俊/3年
身長・体重⇒168センチ・63キロ
出身中学⇒一関市立一関東中学校(岩手)

捕手

背番号2/島上眞綾/3年
身長・体重⇒167センチ・63キロ
出身中学⇒西宮市立学文中学校(兵庫)

内野手

背番号3/竹ヶ原大輝/3年
身長・体重⇒174センチ・68キロ
出身中学⇒栗原市立志波姫中学校(宮城)
背番号4/峰圭哉/3年
身長・体重⇒175センチ・64キロ
出身中学⇒上三川町立明治中学校(栃木)
背番号5/及川温大/3年
身長・体重⇒182センチ・78キロ
出身中学⇒奥州市立水沢南中学校(岩手)
背番号6/佐々木俊輔/3年
身長・体重⇒177センチ・69キロ
出身中学⇒北上市立飯豊中学校(岩手)

外野手

背番号7/平賀佑東/3年
身長・体重⇒181センチ・72キロ
出身中学⇒盛岡市立大宮中学校(岩手)
背番号8/小川健成/3年
身長・体重⇒175センチ・75キロ
出身中学⇒大阪市立大正東中学校(大阪)
背番号9/岡田光輝/3年
身長・体重⇒171センチ・68キロ
出身中学⇒大阪市立大正西中学校(大阪)

控え

背番号10/木内優成/3年
身長・体重⇒176センチ・71キロ
出身中学⇒雫石町立雫石中学校(岩手)
背番号11/石井駿大朗/2年
身長・体重⇒170センチ・76キロ
出身中学⇒綾瀬市立綾北中学校(神奈川)
背番号12/松原瑠来/3年
身長・体重⇒172センチ・60キロ
出身中学⇒仙台市立七郷中学校(宮城)
背番号13/小野寺颯斗/3年
身長・体重⇒170センチ・70キロ
出身中学⇒奥州市水沢南中学校(岩手)
背番号14/早川公平/3年
身長・体重⇒不明
出身中学⇒池田市立渋谷中学校(大阪)
背番号15/小島乃/3年
身長・体重⇒166センチ・65キロ
出身中学⇒三沢市立第二中学校(青森)
背番号16/大久保瞬/3年
身長・体重⇒不明
出身中学⇒川崎市立南加瀬中学校(神奈川)
背番号17/本郷勇気/3年
身長・体重⇒不明
出身中学⇒横浜市立田奈中学校(神奈川)
背番号18/佐藤凛/3年
身長・体重⇒171センチ・60キロ
出身中学⇒大和市立つきみ野中学校(神奈川)
背番号19/村上颯/3年
身長・体重⇒169センチ・55キロ
出身中学⇒宝塚市立御殿山中学校(兵庫)
背番号20/原康一郎/3年
身長・体重⇒不明
出身中学⇒八王子市立第四中学校(東京)

地元・岩手出身の選手は6人と決して多くはあらませんが徐々に地元の強豪として根付いてきたのでは?

前述の通り、打撃が持ち味のチームで
秋の公式戦12試合で90得点を生み出しました。

特にクリーンアップは強力で、振り切る打撃で長打を量産します。
どこからでも得点を奪える打線は全国でも上位レベルではないでしょうか?

ディフェンス面はやや不安が残りますが、主戦の技巧派左腕、阿部投手が低目に丁寧に投げ込み相手打者を打ち取ります。

とにかく、注目したいのは打撃です!

スポンサーリンク

盛岡大付属野球部の注目選手【2019年版】

それでは、2019年の盛岡大付属の注目選手を紹介します!

小野寺颯斗

強力打線の4番に座るスラッガーの小野寺颯斗選手。

振り切る打撃を武器に2年春からベンチ入りして活躍しましたが、その後膝の故障で岩手県大会ではメンバー外となります。

しかし、東北大会では復帰し4番打者として出場しました。

170センチと小柄ながら逆方向へも長打を打て、2学年上で高校通算63発の植田拓選手を彷彿とさせるような選手です。

「だるま」のニックネームで親しまれるスラッガーの選抜での活躍に期待です!

小川健成

強力クリーンアップの後ろの6番を打つ右の強打者、小川健成選手。

持ち前の思い切りの良い打撃で秋の東北大会では17打数9安打と大当たり。

強力打線を牽引しました。

また、準々決勝の酒田南戦では本塁打を放つなどパンチ力も兼ね備えた選手です。

三振も少なくミート力に定評があり、強力打線の中核として注目したい存在です。

岡田光輝

下級生のころから中軸を担うスラッガーの岡田光輝選手。

大きく足をあげるフォームから鋭いスイングで長打を量産します。

秋の東北大会でも16打数7安打と好調でした。

2年夏の岩手県大会では決勝で4打数ノーヒットと悔しい思いをしましたから、自身初となる甲子園の舞台で大暴れしたいですね!

2018年秋季岩手大会の結果

それでは2019年の盛岡大付属について、2018年秋季岩手大会の結果をまとめていきます。

盛岡地区予選

1回戦
盛岡大付属 12 – 0 盛岡誠桜 (5回コールド)

地区代表決定戦
盛岡大付属 8 – 7 盛岡第四

準決勝
盛岡大付属 7 – 9 盛岡商業

岩手県大会

1回戦
盛岡大付属 7 – 0 花泉 (8回コールド)

2回戦
盛岡大付属 7 – 0 盛岡大付属 (7回コールド)

準々決勝
盛岡大付属 11 – 1 花北青雲 (5回コールド)

準決勝
盛岡大付属 7 – 5 大船渡

決勝
盛岡大付属 3 – 2 花巻東

県大会の準決勝まですべての試合で7得点以上と打線が印象的ですね。

特に県大会では3試合連続コールド勝ちの後、プロ注目の好投手、最速157キロ右腕の佐々木朗希を擁する大船渡と対戦。

初回から先制するなど試合を優位に進め、結局佐々木から7点を奪いました。

10個の三振を喫するなど課題も残りましたが、好投手を攻略したことで選抜出場切符を掴むほどの躍進を見せたのでしょう。

名高い好投手が揃う甲子園でも、その打線が機能することを期待しましょう!

盛岡大付属野球部メンバー2019のまとめ

というわけで、盛岡大付属野球部メンバー2019についてまとめてきました。

プロ注目の超高校級の選手がいるわけでもなく、投手もそこそこというチームではありますが、思い切りのいいスイング、そして繋がりのある打線は魅力的です。

佐々木投手から7点を奪ったことからも証明できますしね。

2019年の高校野球で注目していきたいチームの1つでしょう。