横浜高校野球部メンバー2019

横浜高校野球部メンバー2019!

横浜高校は2018年秋の関東大会ベスト8ながら5年ぶりの選抜出場を決めました。

魅力はなんといっても、150キロ左腕の及川投手。

豊富な戦力で優勝候補の一角でもあります。

プロ注目の選手もいますし、2019年の高校野球の話題の中心となるでしょう!

そんなセンバツ2019の横浜高校野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】横浜高校野球部メンバー【身長体重・出身中学】

センバツ2019に出場する横浜高校野球部のベンチ入りメンバーはこちら。

投手

背番号1/及川雅貴/3年
身長・体重⇒184センチ・74キロ
出身中学⇒匝瑳市立八日市場第二中学校(千葉)

捕手

背番号2/山口海翔/3年
身長・体重⇒169センチ・75キロ
出身中学⇒川崎市立向丘中学校(神奈川)

内野手

背番号3/内海貴斗/3年
身長・体重⇒182センチ・77キロ
出身中学⇒横浜市立末吉中学校(神奈川)
背番号4/度会隆輝/2年
身長・体重⇒180センチ・76キロ
出身中学⇒市川市立下貝塚中学校(千葉)
背番号5/庄子雄大/2年
身長・体重⇒176センチ・65キロ
出身中学⇒横浜市立希望が丘中学校(神奈川)
背番号6/津田啓史/2年
身長・体重⇒180センチ・77キロ
出身中学⇒熊本市立長嶺中学校(熊本)

外野手

背番号7/冨田進悟/2年
身長・体重⇒182センチ・75キロ
出身中学⇒港区立三田中学校(東京)
背番号8/小泉龍之介/3年
身長・体重⇒171センチ・71キロ
出身中学⇒越前市武生第二中学校(北海道)
背番号9/大手晴/2年
身長・体重⇒179センチ・76キロ
出身中学⇒磐田市立竜洋中学校(静岡)

控え

背番号10/木下幹也/2年
身長・体重⇒185センチ・85キロ
出身中学⇒練馬区立開進第三中学校(東京)
背番号11/松本隆之介/2年
身長・体重⇒188センチ・76キロ
出身中学⇒横浜市立名瀬中学校(神奈川)
背番号12/小島歩空/2年
身長・体重⇒172センチ・64キロ
出身中学⇒横浜市立名瀬中学校(神奈川)
背番号13/吉原大稀/3年
身長・体重⇒177センチ・80キロ
出身中学⇒旭川市立明星中学校(北海道)
背番号14/鬼頭勇気/2年
身長・体重⇒181センチ・67キロ
出身中学⇒横浜市立みたけ台中学校(神奈川)
背番号15/明沢一生/3年
身長・体重⇒184センチ・89キロ
出身中学⇒横浜市立東鴨居中学校(神奈川)
背番号16/西平圭汰/3年
身長・体重⇒182センチ・75キロ
出身中学⇒横浜市立南中学校(神奈川)
背番号17/桑原隼輔/3年
身長・体重⇒171センチ・70キロ
出身中学⇒横浜市立今宿中学校(神奈川)
背番号18/黒須大誠/3年
身長・体重⇒188センチ・79キロ
出身中学⇒いわき市立中央台北中学校(福島)

プロ注目左腕の及川雅貴を擁する横浜高校ですが、メンバーの大半は下級生が占めています。

具体的に言うと、1番には巧打の小泉龍之介選手、4番は内海貴斗選手、そしてバッテリーの2人以外の5選手が下級生ということになります。

戦い方としても当然、及川投手を中心とした守りが際立ちますね。

秋の神奈川県大会では6試合で7失点とディフェンスが安定してましたから。

その闘いぶりは間違いなく全国でもトップレベル。

選抜でも上位進出が狙えます!

スポンサーリンク

注目選手

それでは、2019年の横浜高校の注目選手を紹介します!

及川雅貴

プロ注目で最速153キロが魅力の世代ナンバーワン左腕・及川雅貴投手。

魅力はなんといってもストレート。

左腕ながら最速153キロ!
プロでも150キロを超える左腕は希少ですからね。

183センチ74キロの体格から、やや体を捻りスリークォーター気味に投げ込みます。
直球には角度がありますから、スピードガン以上に速く感じるのでは?

また、自慢のストレートの他にも切れ味鋭い縦横2種類のスライダーやカーブの他、右打者にはチェンジアップを投げ込むなど緩急も使えるのが持ち味のひとつですね。

これだけのスピード、変化球を駆使しながらも、コントロールも非常に安定していて、まさに最強のサウスポーと言うべきでしょう!

すでに国内外9球団のスカウトが視察・評価をするなど、2019年ドラフト1位候補でもあります。

関東ベスト8ながら選抜切符を手にしたのも及川投手の存在あってこそですから、春の選抜、そして夏の大会と実力を遺憾無く発揮して欲しいですね。

及川雅貴(横浜高校)の出身中学や兄弟は?ドラフト評価や球種についても 

小泉龍之介

強豪横浜高校で1年夏からスタメンとして活躍する外野手の小泉龍之介選手。

積極的な打撃が持ち味のリードオフマンで50メートル6秒0の脚力も兼ね備えていて、守っても遠投110メートルの強肩で支えるなど三拍子揃った外野手です。

また、2年秋の神奈川県大会は打率2割台と苦しみましたが、準決勝の慶応戦では劇的なサヨナラ2ランを放つなど勝負強さが光りました。

1年夏の県大会でバックスクリーンへの特大弾を放ち、打球の質が良いとプロのスカウトをうならせた存在ですから、及川投手と共に注目したいですね。

度会隆輝

元ヤクルトの度会博文氏を父に持つ好打者の度会隆輝選手。

打撃センスが魅力で、中学3年生の時にはU-15日本代表でアジア大会でMVPを獲得。

スーパー中学生として注目され、バラエティ番組でミート力を披露し話題となりましたね。

横浜高校入学後は1年春からベンチ入りし、夏にはスタメン出場も経験。

6打席連続安打をマークするなど大器の片鱗を見せつけました。

そして秋からは3番二塁手のレギュラーに定着し、下級生ながらチームの中心選手となっています。

当然、2020年にはドラフト注目の選手となりますが、チームメイトには最速147キロ右腕の松本隆之介投手や、最速144キロの木下幹也投手など注目の同級生が多いですから。

下級生たちもしっかり結果を残していきたいですね!

2018年秋季神奈川大会の結果

それでは2019年の横浜高校について、
2018年秋季神奈川大会の結果をまとめていきます。

2回戦
横浜 14 – 0 三浦学苑 (5回コールド)

3回戦
横浜 12 – 2 鶴嶺 (6回コールド)

4回戦
横浜 7 – 0 横浜創学館

準々決勝
横浜 5 – 2 東海大相模

準決勝
横浜 2 – 1 慶応

決勝
横浜 11 – 2 桐蔭学園

6試合で51得点、7失点と投打にバランスよく順当に勝ち上がりましたね。

そんな横浜が唯一苦戦したのが準決勝の慶応戦。

0-1とビハインドの最終回に小泉選手のサヨナラ2ランで試合を決めました。

先発した及川投手は9安打を浴びながらも自責点なしの1失点にまとめ、12奪三振を記録しました。
エースの粘投に打線が応える理想的な野球だったのでは?

しかし、関東大会では2回戦で木更津総合に2-9の7回コールド負け。

この試合、及川投手は2本塁打を浴びるなど5失点で3回途中マウンドを降りました。

世代ナンバーワン左腕が一冬超えてどこまで成長したのか楽しみですし、関東残り1枠をもぎ取ったツキもありますから選抜でも躍進していきたいですね!

【センバツ2019】横浜高校野球部メンバーのまとめ

やはり、プロ注目左腕の及川投手には注目が集まるでしょう。

「平成最後の怪物」とも言われる逸材は、平成最後の甲子園で大暴れ出来るのでしょうか?
楽しみですね!

また、下級生にも魅力的な選手が多いことから今後益々追っていきたいチームです!