春日部共栄野球部メンバー2019

春日部共栄野球部メンバー2019!

春日部共栄野球部と言えば、監督の部員への暴力などで話題となっていますが、地元埼玉県では野球の名門校として名を馳せています。

そんなセンバツ2019の春日部共栄野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】春日部共栄野球部メンバー【身長体重・出身中学】

センバツ2019のベンチ入りした春日部共栄野球部メンバーはこちら

投手

背番号1/村田賢一/3年
身長・体重⇒182センチ・78キロ
出身中学⇒浦安日の出中学校(千葉)

捕手

背番号2/石崎聖太郎/3年
身長・体重⇒174センチ・77キロ
出身中学⇒日立大久保中学校(茨城)

内野手

背番号3/森飛翼/3年
身長・体重⇒176センチ・72キロ
出身中学⇒松戸和名ヶ谷中学校(千葉)
背番号4/平岡大典/3年
身長・体重⇒165センチ・70キロ
出身中学⇒板橋赤塚第三中学校(東京)
背番号5/片平進/3年
身長・体重⇒178センチ・78キロ
出身中学⇒春日部共栄中学校(埼玉)
背番号6/丸田輝/3年
身長・体重⇒180センチ・66キロ
出身中学⇒越谷市立富士中学校(埼玉)

外野手

背番号7/平尾柊翔/2年
身長・体重⇒172センチ・70キロ
出身中学⇒上尾大石南中学校(埼玉)
背番号8/黒川渓/3年
身長・体重⇒178センチ・72キロ
出身中学⇒江東第二砂町中学校(東京)
背番号9/木村大悟/3年
身長・体重⇒175センチ・65キロ
出身中学⇒久喜菖蒲中学校(埼玉)

控え

背番号10/小森結/3年
身長・体重⇒171センチ・76キロ
出身中学⇒春日部共栄中学校(埼玉)
背番号11/菊地翔/2年
身長・体重⇒175センチ・64キロ
出身中学⇒川口鳩ヶ谷中学校(埼玉)
背番号12/上原雅也/3年
身長・体重⇒173センチ・70キロ
出身中学⇒川口青木中学校(埼玉)
背番号13/榊原圭哉/3年
身長・体重⇒184センチ・86キロ
出身中学⇒荒川諏訪台中学校(東京)
背番号14/高橋秀弥/2年
身長・体重⇒170センチ・68キロ
出身中学⇒希望が丘中学校(神奈川)
背番号15/安保昇希/2年
身長・体重⇒171センチ・64キロ
出身中学⇒さいたま市立美園中学校(埼玉)
背番号16/森田翔/2年
身長・体重⇒173センチ・70キロ
出身中学⇒清瀬中学校(東京)
背番号17/舘重憲/3年
身長・体重⇒173センチ・75キロ
出身中学⇒柏市立柏第三中学校(千葉)
背番号18/高橋光平/3年
身長・体重⇒176センチ・76キロ
出身中学⇒足立第九中学校(東京)

秋季関東大会では、エースで4番の村田投手を中心に守り勝つ野球が目立ち、決勝こそ桐蔭学園注目の森選手に2本の本塁打を打たれ競り負けてしまいますが、守備力の高さが特徴のチーム。

攻撃面では、村田投手の前後を打つ平尾選手や石崎選手らが勝負強く、その影響で村田投手と勝負する機会が増えてくれるので、頼もしいクリーンアップとなっています。

ただ、良くも悪くも村田投手中心のチームとなっているので、チームとしては選手全体の底上げが必要でしょうね。

スポンサーリンク

注目選手

センバツ2019の春日部共栄野球部メンバーから注目される選手をピックアップしていきます。

村田賢一

春日部共栄野球部の顔とも言える村田賢一投手。

エースで4番と、まさにチームの中心選手で、投げては最速147キロのストレートに、スライダー、カーブ、スプリットと投げ分けます。

打つ方でも、2019年ドラフト1位候補で横浜高校の及川投手から関東大会でホームランを打つなど、恵まれた体格からの長打は圧巻で、何より村田投手は、度重なる怪我が原因となり、2年の秋から本格的に試合に出場していて、これから先の成長が楽しみ投手なんですよね。

秋季埼玉県大会では、全試合完投で優勝を果たすなど、スタミナも桁外れとなっているので、本当に将来が楽しみとなっています。

平尾柊翔

中学時代に15歳以下の日本代表に選ばれ、4番を任されていた平尾柊翔選手。

元プロ野球選手の祖父を持ち、父や叔父も野球経験者と、まさに野球一家に生まれ、2年生ながら春日部共栄野球部では3番打者を多く任されいる未来の主砲となっています。

やはり中学時代に日本代表の4番を務めていたことからか、大舞台にも臆することはありませんし、勝負強いバッティングにスイングスピードが速く、打った打球の速さを見ていると将来に期待をせずにはいられません。

村田投手が抜けた後の4番打者は間違いないと思うので、スケールの大きなバッターになってほしいものですね。

石崎聖太郎

こちらの選手も中学時代に15歳以下の日本代表に選ばれた経歴を持つ石崎聖太郎選手。

春日部共栄ではチームの主将を務め、エース村田投手の女房役である捕手のポジションを担っています。

捕手としての石崎選手は、頭の良い選手で、リード面に定評があり、肩の強さも超高校級で2塁送球タイム1.89を叩き出しているんですよね。

2018年セ・リーグ盗塁阻止率ナンバー1だった、小林誠司選手のタイムが1.9と言われているので、石崎選手の肩がいかに強いかがわかりますよね。

打つ方でも、クリーンアップを務め、勝負強いバッティングが魅力となっていて、打てる捕手として注目が高まっています。

2018年秋季埼玉大会の結果

それでは2019年の春日部共栄について、2018年秋季埼玉大会の結果をまとめていきます。

2回戦
春日部共栄8-1狭山清陵(7回コールド)
3回戦
春日部共栄11-4正智深谷(8回コールド)

準々決勝
春日部共栄6-3上尾
準決勝
春日部共栄1-0浦和実業(12回サヨナラ勝ち)
決勝
春日部共栄4-1東濃大三

こちらが2018年秋季埼玉大会の結果となっていて、まず印象的なのが全試合で村田投手が完投勝利を収めています。

やはり高校野球界は1人のエースが完投完封が多く、見ているファンは感動するのですが、選手に負担がかかる事が多く、春日部共栄もその典型と言えますよね。

チームとしては5試合で30得点、9失点と、打撃、守りにバランスが取れていて、盗塁も多く見られ、クリーンアップがチャンスで走者を返すと言った、長打に頼らず確実に点を取る堅実な野球が持ち味と言えるでしょう。

もちろん上記でも書いた平尾選手などは、本塁打を狙える打者であるので、この辺りの選手が伸びてくると、長打の増えたより強いチームになると思います。

【センバツ2019】春日部共栄野球部メンバーのまとめ

春日部共栄といえば監督の暴力などでネガティブな話題が多いのですが、野球の実力も非常に強いチームとなっています。

エース村田投手を中心に、攻守ともにバランスのとれたチームで、2019年の中でもまだまだ成長していくチームだと思うので、高校野球ファンの方は注目ですよ。