山梨学院高校野球部メンバー2019

山梨学院高校野球部メンバー2019!

山梨学院は野球、サッカー、駅伝など様々な競技で全国レベルの高校。

2018年には夏の甲子園に3年連続で出場するなど、県内屈指の強豪校となりました。

そんなセンバツ2019の山梨学院野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】山梨学院野球部メンバー【身長体重・出身中学】

センバツ2019にベンチ入りする山梨学院野球部メンバーはこちらの選手。

投手

背番号1/相沢利俊/3年
身長・体重⇒175センチ・73キロ
出身中学⇒甲斐市立玉幡中学校(山梨)

捕手

背番号2/栗田勇雅/2年
身長・体重⇒172センチ・78キロ
出身中学⇒いわき市立平第一中学校(福島)

内野手

背番号3/岸本捷汰/3年
身長・体重⇒176センチ・78キロ
出身中学⇒甲府市立城南中学校(山梨)
背番号4/菅野秀斗/3年
身長・体重⇒170センチ・71キロ
出身中学⇒日野市立七生中学校(東京)
背番号5/高垣広大/3年
身長・体重⇒181センチ・77キロ
出身中学⇒大阪市立東淀中学校(大阪)
背番号6/小吹悠人/2年
身長・体重⇒180センチ・81キロ
出身中学⇒いわき市立小名浜第二中学校(福島)

外野手

背番号7/功刀史也/2年
身長・体重⇒167センチ・64キロ
出身中学⇒南アルプス市立白根巨摩中学校(山梨)
背番号8/渡邉嵩馬/2年
身長・体重⇒168センチ・65キロ
出身中学⇒西桂町立西桂中学校(山梨)
背番号8/下野けんぞう/2年
身長・体重⇒170センチ・71キロ
出身中学⇒南部町立南部中学校(山梨)
背番号9/野村健太/3年
身長・体重⇒180センチ・88キロ
出身中学⇒安城市立東山中学校(愛知)

控え

背番号10/中込陽翔/3年
身長・体重⇒175センチ・78キロ
出身中学⇒富士川町立鰍沢中学校(山梨)
背番号11/駒井祐亮/3年
身長・体重⇒175センチ・76キロ
出身中学⇒甲府市立東中学校(山梨)
背番号12/上野颯夏/2年
身長・体重⇒171センチ・72キロ
出身中学⇒川崎市立西中原中学校(神奈川)
背番号13/宮崎一樹/3年
身長・体重⇒181センチ・75キロ
出身中学⇒日野市立平山中学校(東京)
背番号14/脇坂尚直/3年
身長・体重⇒173センチ・73キロ
出身中学⇒東近江市立愛東中学校(滋賀)
背番号15/吉川大/2年
身長・体重⇒181センチ・85キロ
出身中学⇒富山市北部中学校(富山)
背番号16/佐藤裕士/3年
身長・体重⇒170センチ・70キロ
出身中学⇒甲府市立城南中学校(山梨)
背番号17/石神悠樹/3年
身長・体重⇒170センチ・66キロ
出身中学⇒江戸川区立松江第五中学校(東京)
背番号18/椙浦元貴/3年
身長・体重⇒176センチ・76キロ
出身中学⇒山中湖中学校(山梨)

山梨県内の選手と、私立の割には地元選手も多く関東近郊からの選手が多いですね。

山梨学院といえば、プロ野球選手も輩出していて2018年のドラフトでは前エースの垣越建伸投手が中日から5位指名を受けプロ入りしましたね!

そんな先輩とともにプレーした選手も多いでしょうし、2019年のメンバーも注目選手盛り沢山!

スポンサーリンク

山梨学院高校野球部の注目選手【2019年版】

それでは、2019年の山梨学院高校の注目選手を紹介します!

野村健太

180センチ91キロと屈曲な肉体を持つ4番の野村健太選手。

現役選手で2番目に多い高校通算34本塁打を放っている山梨の怪童です。

山梨のデスパイネとも呼ばれていますね。

2年夏には5番打者として打率.471、2本塁打、8打点と大当たりで甲子園でも本塁打を放ちました。

そして、秋の大会では4番として26打数14安打と打率5割超え。

さらに4本塁打を放つなど実力を示しましたね。

吉田監督やチームメイトからは「山梨のデスパイネ」と呼ばれる程ですから、選抜での活躍そして通算本塁打をどこまで伸ばすのか注目していきましょう!

栗田勇雅

1年春からマスクを被る正捕手の栗田勇雅選手。

スイングスピードが凄い!と中学時代から話題となっていた選手で、1年春に公式戦デビューし2本塁打を放つなど大暴れ。

「スーパー1年生」として注目されると、春の関東大会では背番号2をつけ正捕手になりました。

なんといっても、1年時から垣越投手の最速144キロのボールを受けてきましたから捕手としての素質も非常に高いでしょう。

夏、秋と打撃に苦しみましたが、春には再び打撃面で向上し活躍を見せてくれるでしょう。

相澤利悛

1年夏からベンチ入りし、新チームでは主将となった相澤利悛選手。

高校野球では非常に珍しい、左投右打の選手です。

背番号3ですから、一塁手としての出場がメインになりますが、秋の大会では先発マウンドを任されるなど投手としても出場。

120キロ台後半のストレートとチェンジアップなどを得意とする技巧派です。

また、打っては逆方向への打撃が光る3番打者として4番の野村選手の前にチャンスを演出します。

珍しい左投右打の選手ということもあり、今後話題となることでしょう!

2018年秋季山梨大会の結果

それでは2019年の山梨学院高校について、2018年秋季山梨大会の結果をまとめていきます。

2回戦
山梨学院 24 – 0 山梨農林 (5回コールド)

3回戦
山梨学院 7 – 0 甲府商業

準々決勝
山梨学院 2 – 1 駿台甲府

準決勝
山梨学院 7 – 5 甲府工業

決勝
山梨学院 2 – 5 東海大甲府

戦い方としては先行逃げ切り。

思い切りのいい打線で点を取り、細かな投手リレーでリードを守ります。

しかし、決勝の東海大甲府戦では相手を上回る9安打を放ちながらも13三振を喫し、打線のつながりを欠きました。

ただ、関東大会では強打でベスト4に進出するなど打線のつながりは全国レベルかと思います。

三振数を減らせれば、選抜で上位も狙えるのでは?

【センバツ2019】山梨学院野球部メンバーのまとめ

というわけで、センバツ2019に出場する山梨学院高校野球部メンバーについてまとめてきました。

垣越投手が引っ張っていた前のチームとは違い、タイプの異なる投手リレーと強力な打線で勝利を目指します。

山梨のデスパイネや左投右打の選手など、楽しみな選手が多いので今後注目していきたいですね!