国士舘高校野球部メンバー2019

国士舘高校野球部メンバー2019!

国士舘高校といえば柔道のイメージが強いと思いますが、野球も昔から強く強豪校と言われている学校で、2019年には10年ぶりに春のセンバツ出場が決まりました。

そんな野球部の2019年の強さは何なのか?探っていきたいと思います。

そんなセンバツ2019の国士舘高校野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】国士舘高校野球部メンバー【身長体重・出身中学】

センバツ2019にベンチ入りした国士舘高校野球部メンバーはこちらの選手。

投手

背番号1/白須仁久/3年
身長・体重⇒180センチ・78キロ
出身中学⇒品川富士見台中学校(東京)

捕手

背番号2/澤野智哉/3年
身長・体重⇒167センチ・70キロ
出身中学⇒八王子第六中学校(東京)

内野手

背番号3/黒澤孟朗/2年
身長・体重⇒167センチ・70キロ
出身中学⇒金沢高尾台中学校(石川)
背番号4/黒川麟太郎/3年
身長・体重⇒180センチ・68キロ
出身中学⇒川崎井田中学校(神奈川)
背番号5/冨田洋佑/3年
身長・体重⇒175センチ・75キロ
出身中学⇒江戸川瑞江第三中学校(東京)
背番号6/鎌田州真/2年
身長・体重⇒183センチ・72キロ
出身中学⇒大田志茂田中学校(東京)

外野手

背番号7/森中翼/3年
身長・体重⇒175センチ・75キロ
出身中学⇒川崎稲田中学校(神奈川)
背番号8/松室直樹/3年
身長・体重⇒167センチ・66キロ
出身中学⇒江戸川小岩第二中学校(東京)
背番号9/渡辺伸太郎/3年
身長・体重⇒174センチ・76キロ
出身中学⇒幕張本郷中学校(千葉)

控え

背番号10/遠山樹人/3年
身長・体重⇒170センチ・63キロ
出身中学⇒稲城第六中(東京)
背番号11/山崎晟弥3年
身長・体重⇒182センチ・82キロ
出身中学⇒港区三田中(東京)
背番号12/吉田健吾/2年
身長・体重⇒180センチ・83キロ
出身中学⇒足立第十四中学校(東京)
背番号13/山田裕也/3年
身長・体重⇒173センチ・77キロ
出身中学⇒世田谷駒留中学校(東京)
背番号14/伊藤優/2年
身長・体重⇒164センチ・57キロ
出身中学⇒調布第七中学校(東京)
背番号15/中西健登/2年
身長・体重⇒185センチ・65キロ
出身中学⇒世田谷緑丘中学校(東京)
背番号16/渡辺彪/3年
身長・体重⇒175センチ・74キロ
出身中学⇒小金井第一中学校(東京)
背番号17/石橋大心/3年
身長・体重⇒166センチ・70キロ
出身中学⇒川崎中学校(神奈川)
背番号18/斎藤光瑠/2年
身長・体重⇒178センチ・76キロ
出身中学⇒町田市立町田第三中学校(東京)

過去には2018年シーズン限りで現役を退いた元ヤクルト久古投手など、複数のプロ野球選手を輩出し、2019年メンバーの中にもプロ野球界からの注目を浴びている選手がいます。

詳しい情報は下記の方で書いていきますね。

スポンサーリンク

注目選手

ここからは2019年の国士舘高校野球部の注目選手を紹介します。

山崎晟弥

国士舘高校野球部のエースナンバーを背負う山崎投手。

マックス139キロのストレートを軸にスライダー、チェンジアップ、フォークを操り、空振りをバンバン取るというよりは、打たせて取る投球がスタイルのようです。

その為、ストレートも線を引くような球ではなく、少し動くボールを投げ、打者の芯をズラすくせ球が持ち味。

「2019年内には140キロを超えるストレートを投げれる」

と周囲からの期待は高いのですが、まだまだ絶対的なエースと言われるまでには至っておらず、これからの成長に期待の投手です。

白須仁久

山崎投手と国士舘高校の投手陣を支えている白須投手。

ストレートは常時130キロ前半と、そこまで速くはないのですが、恵まれた体格で球に力があるのが見ていてよくわかる投手です。

変化球はスライダー、カーブを得意としており、ポテンシャルは山崎投手よりも上と言った声も聞かれます。

ある評論家の方は

「体の縦の回転で投げれる投手。骨格も太く、体の力がつくと一気に球速が上がるだろう」

と言っており、高校3年の年に一気に花が咲くかも知れませんね。

黒澤孟朗

1年生の頃から国士舘高校の4番を任されている黒澤選手。

身長が167センチと少し小柄なんですが、芯で捉えた時のバッティングは流石4番の一言。

そして黒澤選手の特徴はなんといってもバッティングフォームで、野球部のみんなからは「ボンズ打法」と呼ばれ、元メジャーリーガーさながらのフォームが特徴となっています。

本人は、西武の森選手を参考にしているようで、

「体が小さくても、強い打球が打てるように」

と、このフォームに辿り着いたようです。

まだまだ2年生と若いので、このまま自慢のフルスイングを続け、高校野球界を代表する強打者に育ってほしいものですね。

鎌田州真

中学時代は軟式のU-15日本代表に選ばれるなど、将来性豊かな鎌田選手。

大型ショートとして、国士舘高校では1年の頃から試合に出続け、2年になってからは勝負強さを買われクリーンアップを務めることも増えてきています。

バッティングセンスが非常に高く、打率を残せるところが魅力なんですが、中学時代ピッチャーを務めていたことから、ショートの守備に関してはまだまだ課題が多く見られるので、これからはその辺りの成長が必須となるでしょうね。

スポンサーリンク

2018年秋季東京大会の結果

2019年春のセンバツを10年振りに出場となった国士舘高校野球部ですが、そのセンバツ出場が決定的となった2018年秋季東京大会の結果を見ていきましょう。

地区大会
1回戦
国士舘高校8-2青稜
決勝
国士舘高校5-2工学院大附
秋季東京大会
1回戦
国士舘高校8-1ICU(7回コールド)
2回戦
国士舘高校4-2昭和一学園
3回戦
国士舘高校5-1関東一
準々決勝
国士舘高校9-1城東
準決勝
国士舘高校5-1東亜学園
決勝
国士舘高校4-3東海大菅生

こちらが秋季東京大会の結果となっています。

8試合で48得点、13失点と、打ってよし、守ってよしの理想的なチームとなっていて、戦い方としては、先発を白須投手が務め、中継ぎで石橋投手、最後は山崎投手が締めるといったパターンで、決勝まで貫き優勝を果たしています。

打つ方では、黒澤選手、森中選手、鎌田選手が中心となって打線を引っ張り、国士舘高校の伝統でもある、走塁や守備に関しても意識が非常に高く、隙のない野球を徹底しているようで、強豪校揃いの東京地区での優勝は必然と言えるチームに仕上がっているようです。

【センバツ2019】国士舘高校野球部メンバーのまとめ

やはり強豪校揃う東京地区で優勝を果たしているだけあり、強いチームに仕上がっているのですが、「誰か1人ズバ抜けた選手がいる」と言ったチームではなく、一人一人の意識が高いチームであることがよく分かります。

そして、中軸を担う打者に2年生が多いのも特徴で、この選手達が伸びるともっともっと面白いチームになると思うので、皆さん注目していきましょう。