習志野高校野球部メンバー2019

習志野高校野球部メンバー2019!

今回は習志野高校野球部の出身中学や身長・体重、注目選手などをまとめていきます。

習志野はヤクルトの小川監督やロッテ・福浦選手がOBにあたる古豪。

2019年の習志野高校野球部の特徴は主将が2人いるということで、小林徹監督が2018年の秋の関東大会から導入したみたいで根本翔吾選手、竹縄俊希選手がチームを率います。

今回の顔ぶれを見ていきましょう。

スポンサーリンク

習志野高校野球部メンバー2019【身長体重・出身中学】

習志野高校野球部のメンバーの身長体重と出身中学はこちら

※2019年版ということで、学年は1つ上げています

投手

背番号1/飯塚脩人/3年
身長・体重⇒181センチ・78キロ
出身中学⇒習志野第二中学校(千葉)

捕手

背番号2/兼子将太朗/3年
身長・体重⇒182センチ・80キロ
出身中学⇒市川第七中学校(千葉)

内野手

背番号3/高橋一翔/3年
身長・体重⇒177センチ・73キロ
出身中学⇒成田中台中学校(千葉)
背番号4/高橋一翔/2年
身長・体重⇒172センチ・62キロ
出身中学⇒九十九里中学校(千葉)
背番号5/和田泰征/2年
身長・体重⇒183センチ・78キロ
出身中学⇒江戸川春江中学校(東京)
背番号6/角田勇斗/2年
身長・体重⇒170センチ・66キロ
出身中学⇒船橋法田中学校(千葉)

外野手

背番号7/竹縄俊希/3年
身長・体重⇒170センチ・62キロ
出身中学⇒八千代萱田中学校(千葉)
背番号8/根本翔吾/3年
身長・体重⇒165センチ・68キロ
出身中学⇒成田中学校(千葉)
背番号9/山内翔太/2年
身長・体重⇒169センチ・66キロ
出身中学⇒江戸川瑞江第二中学校(東京)

控え

背番号10/山本慶都/3年
身長・体重⇒177センチ・76キロ
出身中学⇒習志野第二中学校(千葉)
背番号11/福山康/3年
身長・体重⇒163センチ・67キロ
出身中学⇒勝浦北中学校(千葉)
背番号12/京極塁/2年
身長・体重⇒170センチ・66キロ
出身中学⇒習志野第二中学校(千葉)
背番号13/佐々木駿太/3年
身長・体重⇒175センチ・65キロ
出身中学⇒磯辺中学校(千葉)
背番号14/松本陸/3年
身長・体重⇒172センチ・70キロ
出身中学⇒白井南山中学校(千葉)
背番号15/櫻井亨佑/2年
身長・体重⇒178センチ・74キロ
出身中学⇒成田下総みどり学園中学校(千葉)
背番号16/高橋雅也/2年
身長・体重⇒175センチ・68キロ
出身中学⇒佐倉中学校(千葉)
背番号17/田邉秀馬/3年
身長・体重⇒170センチ・65キロ
出身中学⇒習志野第二中学校(千葉)
背番号18/岩沢知幸/3年
身長・体重⇒170センチ・62キロ
出身中学⇒山武成東東中学校 (千葉)

ほぼ千葉県民で構成されているベンチメンバーです。違ったタイプの145キロの速球派飯塚選手、右アンダースロー岩沢選手、コントロールとテンポが売りの山内選手の3投手継投で試合を構成するチームですね。

野手では3番の根本選手が中心。走攻守揃ったキャプテンが引っ張ります。

また2018秋季大会後にダブルキャプテン制をとり根本選手と共に竹縄選手もキャプテンとしてチームを引っ張っていますね。引っ張る選手が2人いることによって目が行き届く範囲も増え強力なチーム力を持った高校になっています。

また、習志野高校は吹奏楽も強くスタンドでの応援も注目です。全国レベルで200人以上の迫力ある応援は見ものですよ。スタンドからの美爆音を追い風に大会を駆け上がって欲しいですね。

スポンサーリンク

習志野高校野球部の注目選手【2019年版】

飯塚脩人

最速145キロの速球派エース。

身長181センチという恵まれた体格もあり、伸び代もある投手ですのでこれからも注目していきたい選手の1人ですね。

2019年ドラフト6位でロッテ入団した先輩の古谷拓郎選手以上の素質を持つとも言われており高校野球シーズンだけでなくドラフトでも騒がれそうな予感です。

120キロ台のスライダーは切れ味がよく、高めの釣り球や両サイドの投げ分けもできこの時期としてもレベルが高い投手ですね。

関東大会桐蔭学園戦での敗戦を機にさらにコントロール、球威を高め変化球の質も上げていきたいと語っています。

根本翔吾

走攻守揃った3番センターの根本選手。

上の代から試合に出場しており、経験値は抜群です。1年生の時は体が出来上がっていませんでしたが、最近では腰回りや太ももなどの下半身が出来上がり始めているようです。

インサイドアウトの理想的なスイングで速球と変化球どちらも対応できる巧打者でもありますね。

ベースランニングも速く、足の速さを活かした守備範囲の広さもまずまず。

また関東大会の桐生第一戦では、延長14回裏にほぼサヨナラ決定のセンターフライでダイレクトスローを見せて見事にチームを救った肩も一級品ですね。

兼子将太朗

守備に定評のあるディフェンス型のキャッチャー。本格派、技巧派、右腕左腕とタイプの違う投手たちのリードにも定評があり、継投で試合を作るチームを裏で支えています。

打撃力は課題ですが、勝ち越しのチャンスで長打を放つ場面や、重要な場面できっちりスクイズを決めるなど勝負どころでは力を発揮できる選手ですね。

大会を勝ち抜くには、兼子選手の力が必要ですのでしっかりと投手陣を支えていって欲しいです。

2018年秋季千葉大会の結果

第2地区予選
1回戦
習志野12 – 0船橋古和釜 船橋豊富・八千代西
2回戦
習志野4 – 3県立船橋

秋季千葉県大会
1回戦
習志野2 – 1拓大紅陵
2回戦
習志野3 – 1市立柏
3回戦
習志野7 – 0佐倉
準々決勝
習志野7 – 0千葉敬愛
準決勝
習志野6 – 1銚子商
決勝
習志野2 – 6中央学院

昨年夏の決勝では中央学院に敗退して甲子園を逃してしまいましたが、今回も決勝で中央学院にやられてしまい屈辱は晴らせませんでした。

しかし、関東大会では中央学院が初戦敗退で選抜を逃し習志野がその悔しさを背負い選抜に出場することになりましたね。

秋季千葉県大会ではゲーム後半の得点が多く、前半がゼロ行進でも後半集中して得点できるチームであるようです。

失点が少なく、中央学院戦以外は3点未満。強豪高校である拓大紅陵高校や銚子商業高校相手に最少失点であるため結果から見てチームとして高い投手力であることが伺えますね。

21世紀枠以外での関東地区選抜出場校では、唯一の公立校ですので是非とも頑張って欲しいですね。

習志野高校の有名な応援歌であるレッツゴー習志野が甲子園で聴けるのは非常に楽しみです。

習志野高校野球部メンバー2019のまとめ

いかがでしたか?

チームとして習志野高校が勝ち上がるにはやはりタイプの違う3投手がどのように機能するかがカギになると思います。

エースの飯塚選手に頼りきりでは、甲子園の上まで勝ち上がることは難しいでしょう。

チームがピンチの時には、ダブルキャプテンである根本選手と竹縄選手の支えも必要です。

チーム一丸となって頑張って欲しいチームですね。