東邦高校野球部メンバー2019

東邦高校野球部メンバー2019!

今回は東邦高校野球部メンバーの出身中学や身長・体重、注目選手などをまとめていきます。

東邦高校と言えば、愛工大名電高校と並び、愛知県の高校野球界の超名門校となっていて、常に甲子園を沸かせてきました。

そんな東邦高校野球部は2019年春のセンバツにも選出されていて、どういった選手達が揃っているのかチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

東邦高校野球部メンバー2019【身長体重・出身中学】

毎年の甲子園出場が義務づけられている東邦高校ですが、2019年の野球部メンバーをチェックしてみましょう。

2018年秋季愛知県大会のメンバーです。
※2019年版ということで、学年は1つ上げています

投手

背番号1/植田結喜/3年
身長・体重⇒176センチ・75キロ
出身中学⇒雄踏中学校(静岡)

捕手

背番号2/成沢巧馬/3年
身長・体重⇒181センチ・83キロ
出身中学⇒日進中学校(愛知)

内野手

背番号3/長屋陸渡/3年
身長・体重⇒180センチ・70キロ
出身中学⇒六ツ美中学校(愛知)
背番号4/杉浦勇介/3年
身長・体重⇒179センチ・63キロ
出身中学⇒高浜南中学校(愛知)
背番号5/石川昴弥/3年
身長・体重⇒185センチ・81キロ
出身中学⇒亀崎中学校(愛知)
背番号6/熊田任洋/3年
身長・体重⇒174センチ・72キロ
出身中学⇒長森中学校(岐阜)

外野手

背番号7/倉地賢/3年
身長・体重⇒???センチ・???キロ
出身中学⇒吉根中学校(愛知)
背番号8/河合佑真/3年
身長・体重⇒180センチ・74キロ
出身中学⇒三谷中学校(愛知)
背番号9/坂上大誠/3年
身長・体重⇒180センチ・77キロ
出身中学⇒千種台中学校(愛知)

控え

背番号10/村北翔哉/3年
身長・体重⇒168センチ・70キロ
出身中学⇒みよし北中学校(愛知)
背番号11/奥田優太郎/3年
身長・体重⇒179センチ・73キロ
出身中学⇒日進西中学校(愛知)
背番号12/伊東樹里/3年
身長・体重⇒???センチ・???キロ
出身中学⇒陽南中学校(岐阜)
背番号13/清水元太/2年
身長・体重⇒???センチ・???キロ
出身中学⇒???(愛知瀬戸ボーイズ)
背番号14/仲間裕也/2年
身長・体重⇒???センチ・???キロ
出身中学⇒金武中学校(沖縄)
背番号15/岡田一晟/3年
身長・体重⇒???センチ・???キロ
出身中学⇒豊国中学校(愛知)
背番号16/土屋大貴/2年
身長・体重⇒???センチ・???キロ
出身中学⇒釜戸中学校(岐阜)
背番号17/堀嶺太/3年
身長・体重⇒???センチ・???キロ
出身中学⇒前林中学校(愛知)
背番号18/齋田隼/3年
身長・体重⇒???センチ・???キロ
出身中学⇒瑞穂ヶ丘中学校(愛知)
背番号19/松井涼太/3年
身長・体重⇒???センチ・???キロ
出身中学⇒豊川東部中学校(愛知)
背番号20/吉納翼/2年
身長・体重⇒???センチ・???キロ
出身中学⇒???(名古屋富士ボーイズ)

こちらが東邦高校野球部2019メンバーとなっているのですが、地元愛知県出身者が13名と多く在籍し、愛知県の有望選手が東邦高校へ進学を希望するのでしょうね。

そして2019年の東邦高校といえば、打撃力の強いチームとなっていて、選手達の体格などを見ていても、高校生離れをしている体格の選手が多く、体作りに重点を置いていることよく分かります。

近年では大阪桐蔭高校の選手などを見てもわかるように、高校生というより、大人の体格をした選手が多く見られ結果を残していますよね。

スポンサーリンク

東邦高校野球部の注目選手【2019年版】

ここからはプロ注目のメンバーをピックアップしていきたいと思います。

石川昴弥

投打において東邦高校野球部を牽引している石川選手。

打っては3番打者として、2019年現在高校通算39本塁打を放ち、投げては最速144キロを投げ、二刀流選手としてチームの顔となっています。

ただ、東邦高校野球部の森田監督としては、石川選手に打者として専念して欲しいようで、他に投手がいれは、サード一本でいきたいようでした。

そして何よりプロ野球界からの注目が高く、オリックスの由田スカウトは

「これほどスケールの大きい選手はなかなかいない。飛距離を持っているし、センターから右方向へも大きな当たりを打てる。守備と足も問題なく、あのサイズであれだけ動ければ三塁手としては十分」

と、べた褒めで、このまま順調に育てば2019年のドラフト候補間違いなしでしょうね。

熊田任洋

東邦高校野球部の4番を任されている熊田選手。

走攻守すべてにおいてハイレベルな選手で、走っては50メートル5秒9の足を持ち、打っては左右に打ち分ける技術の高さやミート力があり、守っては守備範囲の広さと遠投110メートルの肩の強さがあるんですよね。

東邦高校の森田監督は、現横浜で東邦高校OBの関根選手の高校時代よりも良いと言っていて、熊田選手の能力の高さが伺えます。

打撃面に少し課題があると言われているので、その辺りを克服すると高校ナンバーワンショートも夢ではない選手です。

植田結喜

新チームのエースとしての期待が高い植田投手。

最速142キロのキレの良いストレートと、スライダーを織り交ぜ、奪三振を量産するタイプの投手で、森田監督もエースとして期待をしているのですが、今のところ調子の良し悪しがハッキリ出てしまい苦労を重ねています。

左腕で140キロ以上を投げれることから期待値の高い投手なので、現在フォームの修正などで試行錯誤しているところから早く脱出してほしいものですね。

2018年秋季愛知大会の結果

2019年春のセンバツ出場が決定的となった、2018秋季愛知大会の結果を調べてみました。

秋季愛知大会
2回戦
東邦高校9-0豊田北(7回コールド)
3回戦
東邦高校8-0日進西(7回コールド)
準々決勝
東邦高校8-1栄徳(8回コールド)
準決勝
東邦高校14-3西尾東(5回コールド)
決勝
東邦高校8-4中京大中京

こちらが秋季愛知大会の結果となっていて、5試合で47得点、8失点、コールド勝ち4回と圧倒的強さで優勝を果たしています。

やはり特筆すべきは、チームとしての打力の強さで、秋季大会全試合で二桁安打を記録し、超攻撃的野球を繰り広げるチームです。

投手は石川選手だけに頼らず、奥田選手や植田選手など、3人でやりくりし、相手の目線をずらしてはいるのですが、課題と言えるのも投手陣となり、植田選手辺りが復調すると、手がつけられないチームになるでしょうね。

東邦高校野球部メンバー2019のまとめ

ここまで東邦高校野球部の2019メンバーを色々と書いてきましたがどうでしたか?

やはり2019年メンバーの中でも石川選手は別格となっていて、投打でチームを支えているのが現状です。

ただ他にも注目度は石川選手に劣るものの、熊田選手などは実力では横一線と言われていますし、ポテンシャルはピカイチの植田選手など、実力の高い選手が揃っているので、注目していきましょう。