星稜高校野球部メンバー2019

星稜高校野球部メンバー2019!

2019年の星稜高校といえば、エース奥川選手を中心に、星稜高校史上1番のチームと言われていて、いったいどういったチームに仕上がっているのか?が見どころです。

そんなセンバツ2019の星稜高校野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】星稜野球部メンバー【身長体重・出身中学】

センバツ2019ベンチ入りした星稜野球部メンバーはこちら

投手

背番号1/奥川恭伸/3年
身長・体重⇒183センチ・82キロ
出身中学⇒宇ノ気中学校(石川)

捕手

背番号2/山瀬慎之助/3年
身長・体重⇒177センチ・82キロ
出身中学⇒宇ノ気中学校(石川)

内野手

背番号3/福本陽生/3年
身長・体重⇒170センチ・75キロ
出身中学⇒世田谷緑丘中学校(東京)
背番号4/山本伊織/3年
身長・体重⇒172センチ・67キロ
出身中学⇒川崎高津中学校(神奈川)
背番号5/知田爽汰/2年
身長・体重⇒174センチ・75キロ
出身中学⇒星稜中学校(石川)
背番号6/内山壮真/2年
身長・体重⇒172センチ・72キロ
出身中学⇒星稜中学校(石川)

外野手

背番号7/有松和輝/3年
身長・体重⇒173センチ・78キロ
出身中学⇒星稜中学校(石川)
背番号8/東海林航介/3年
身長・体重⇒180センチ・72キロ
出身中学⇒星稜中学校(石川)
背番号9/岡田大響/3年
身長・体重⇒178センチ・75キロ
出身中学⇒星稜中学校(石川)

控え

背番号10/寺沢孝多/3年
身長・体重⇒174センチ・69キロ
出身中学⇒星稜中学校(石川)
背番号11/萩原吟哉/2年
身長・体重⇒170センチ・70キロ
出身中学⇒星稜中学校(石川)
背番号12/新保温己/3年
身長・体重⇒165センチ・63キロ
出身中学⇒星稜中学校(石川)
背番号13/大高正寛/3年
身長・体重⇒175センチ・86キロ
出身中学⇒星稜中学校(石川)
背番号14/寺西成騎/2年
身長・体重⇒186センチ・79キロ
出身中学⇒根上中学校(石川)
背番号15/今井秀輔/2年
身長・体重⇒183センチ・86キロ
出身中学⇒紫錦台中学校(石川)
背番号16/竹村紘人/3年
身長・体重⇒181センチ・80キロ
出身中学⇒金沢市立野田中学校(石川)
背番号17/吉本有佑/3年
身長・体重⇒181センチ・80キロ
出身中学⇒星稜中学校(石川)
背番号16/高木宏望/2年
身長・体重⇒170センチ・74キロ
出身中学⇒星稜中学校(石川)

普通ほとんどの強豪校は、中学時代から硬式ボールを扱う、ボーイズリーグやリトルシニア出身の選手を獲得する事が多いのですが、星稜高校は地元の中学校の軟式野球出身者が多く見られ、地元中学校との縦の繋がりが強いのでしょうね。

もちろんそれで数々の甲子園出場などを果たしているので、石川県の中学野球のレベルの高さが伺えます。

スポンサーリンク

注目選手

センバツ2019で星稜高校から注目される選手はこちら

奥川恭伸

高校四天王の1人奥川恭伸投手。

恵まれた体格から放たれるストレートはマックス150キロを誇り、変化球もスライダー、フォーク、カーブ、チェンジアップと、多彩に操ります。

2年夏の甲子園で、自己最速を3キロ更新する150キロを投げ、2019年もまだまだ伸びていきそうな将来性豊かな投手です。

何よりプロ野球界からの注目が高く、12球団から視察に訪れるなど、2019年ドラフトの中心になる投手である事は間違いないでしょうね。

内山壮真

2年生ながらにチームの4番を務める内山壮真選手。

1年生の頃からメディアからの注目が高く、野球センス抜群の選手で、ある記者は

「かれこれ50年近く高校野球を見ているが、このサイズの遊撃手で彼ほどのスケールの大きさと迫力を感じさせる選手は他にいただろうか…」

と語っていて、いかに内山選手が注目されているかがよく分かります。

将来的には、現ヤクルトの山田選手のようになるスケールを持ち合わせていて、まだ2年ということもあり、今後の成長が楽しみな選手です。

寺西成騎

中学時代軟式ボールで141キロをマークし、一躍注目を浴びることとなった寺西成騎選手。

高校へ入りストレートの最速が143キロをマーク、そこにスライダー、フォークを投げ込みます。

寺西選手の最大の魅力がキレと伸びのあるストレートで、フォームは早くも完成されていると評判なんですよね。

そして星稜高校林監督からの評価も高く、1年生ながら夏の甲子園も経験し、奥川投手の後釜として十分期待できる選手となっています。

山瀬慎之助

並み居る猛者達を束ねるチームのキャプテン山瀬慎之助選手。

小学生の頃から、エース奥川投手とバッテリーを組み、自慢の強肩は見るものを唸らせます。

元阪神の城島選手が座ったまま2塁へ送球していたように、山瀬選手も肩が強く座ったまま送球する事があり、林監督は

「20年近く見てきた中で肩は一番」

と、評価しているんです。

なので、肩はプロ野球選手と比べても遜色ないレベルなんですが、バッティングに課題を残しており、その辺りが改善されるとドラフト候補になり得る選手でしょうね。

2018年秋季北信越大会の結果

2019年春のセンバツ出場が決定的となった、2018秋季北信越大会の結果を調べてみました。

秋季北信越大会
1回戦
星稜高校9-0関根学園
準々決勝
星稜高校11-0松本第一
準決勝
星稜高校4-0東海大諏訪
決勝第1戦
星稜高校2-2啓新(15回引き分け)
決勝第2戦
星稜高校7-4啓新

引き分け再試合を含み、計5試合で得点33、失点6と、決勝戦までは圧倒的な力を見せて優勝を果たしています。

投げてはエース奥川投手が全5試合に登板、33回自責点0と、素晴らしい成績を収め、打線も5試合で46安打と爆発、4番内山選手を中心に鋭い当たりを連発していました。

やはり2019年の星稜高校は史上最強と言われるだけあり、攻守共に強いチームとなっていて、このまま順調にチームが成長すれば悲願の全国制覇も夢ではないでしょうね。

【センバツ2019】星稜高校野球部メンバーのまとめ

2019年の星稜高校は史上最強の呼び声高く、エース奥川投手を中心に素晴らしい選手が集まっています。

そして各々の選手が、石川県勢悲願の夏の甲子園制覇を狙っていて、それも夢ではないチームだと思うので、2019年星稜高校野球部は間違いなく高校野球界を席巻するチームの一つと言えるでしょう。