明石商業高校野球部メンバー2019

明石商業高校野球部メンバー2019!

今回は兵庫の新鋭強豪校の明石商業高校野球部メンバーについてまとめていきます。

公立校ながら2018年の夏の甲子園に出場し大きな注目を集めた高校の1つです。

そんなセンバツ2019の明石商業高校野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】明石商業高校野球部メンバー【身長体重・出身中学】

センバツ2019のベンチ入りした明石商業高校野球部メンバーはこちらの選手。

投手

背番号1/中森俊介/2年
身長・体重⇒182センチ・83キロ
出身中学⇒篠山東中学校(兵庫)

捕手

背番号2/水上桂/3年
身長・体重⇒172センチ・72キロ
出身中学⇒宝塚第一中学校(兵庫)

内野手

背番号3/清水良/3年
身長・体重⇒178センチ・77キロ
出身中学⇒太田中学校(兵庫)
背番号4/岡田光/3年
身長・体重⇒173センチ・65キロ
出身中学⇒別所中学校(兵庫)
背番号5/重宮涼/3年
身長・体重⇒181センチ・82キロ
出身中学⇒大久保中学校(兵庫)
背番号6/河野光輝/3年
身長・体重⇒171センチ・65キロ
出身中学⇒衣川中学校(兵庫)

外野手

背番号7/溝尾海陸/3年
身長・体重⇒170センチ・75キロ
出身中学⇒御津中学校(兵庫)
背番号8/来田涼斗/2年
身長・体重⇒180センチ・82キロ
出身中学⇒長坂中学校(兵庫)
背番号9/安藤碧/3年
身長・体重⇒181センチ・77キロ
出身中学⇒井吹台中学校(兵庫)

控え

背番号10/宮口大輝/3年
身長・体重⇒180センチ・73キロ
出身中学⇒宝塚中学校(兵庫)
背番号11/南瑛斗/3年
身長・体重⇒181センチ・77キロ 
出身中学⇒宝殿中学校(兵庫)
背番号12/宮下匡雅/3年
身長・体重⇒177センチ・72キロ
出身中学⇒朝日中学校(兵庫)
背番号13/水田彩斗/3年
身長・体重⇒185センチ・80キロ
出身中学⇒魚住中学校(兵庫)
背番号14/宮本啓吾/3年
身長・体重⇒170センチ・61キロ
出身中学⇒箕面第一中学校(大阪)
背番号15/岡部宇裕/3年
身長・体重⇒172センチ・62キロ
出身中学⇒向洋中学校(兵庫)
背番号16/杉戸理斗/3年
身長・体重⇒170センチ・79キロ
出身中学⇒長尾中学校(兵庫)
背番号17/横山虎太郎/3年
身長・体重⇒175センチ・76キロ
出身中学⇒青雲中学校(兵庫)
背番号18/百々亜佐斗/3年
身長・体重⇒173センチ・71キロ
出身中学⇒宝梅中学校(兵庫)

チームとしての特徴としては甲子園出場校としては珍しいと殆どが地元兵庫出身の選手で固められています。

この世代の明石商業のチームカラーとしては強打と強力な投手陣が売りのチームで秋季大会では同じく全国区の智弁和歌山から12点、報徳学園から4点を奪い両試合とも完封勝利を飾るといった決勝では惜しくも一点差で龍谷大平安に敗れたものの圧倒的な強さを見せつけました。

特に投手陣は1年時からベンチ入りしていた中森投手、と二番手の宮口投手の成長もあり高校野球特有の過密日程も苦にしない二枚看板を筆頭に秋季大会では失点の少ない試合が目立つ結果となりました。

注目選手でも紹介するリードオフマンの来田選手を起点に得点を重ね守り勝つ野球ができれば大会での好成績が望めそうです。

スポンサーリンク

注目選手

明石商業野球部の注目選手ですが、先述した二枚看板と秋季大会で一年生ながらレギュラーを掴み取ったリードオフマンをピックアップします。

中森俊介

この世代では屈指の完成度を誇るエース右腕の中森投手。

軟式野球出身ながら1年生の時最速145km/hを記録し大きな注目を集めました。球種も多く、カーブ、スライダー、フォーク、チェンジアップを操るそうですが、組み立ての中心はスライダーで緩急にチェンジアップといったところ。

身体も大きく今後の球速アップが期待される投手の1人であり、プロのスカウトからも熱視線です。

宮口大輝

二番手なながら中森投手より1学年上で最速140km/h右腕の宮口投手はやや変則気味のスリークォーター。

持ち味はブレーキの効いたスライダー方向の曲がるボール。

秋季大会では多くの三振を奪い、報徳学園戦では完封勝利も納めスタミナも十分あり3年夏はエースナンバーを奪えるか注目ですね。

来田涼斗

一年生ながらレギュラーで1番バッターを務めた来田(きた)選手。

走攻守すべて揃った逸材で大阪桐蔭からの誘いもあったそうです。

一年生ながら既に上級生と遜色ない打撃力があり、入学したての春の近畿大会では当時大阪桐蔭の根尾昂投手から安打を放ちました。

脚も早く50m走は5秒台を計測し、将来的にドラフトで競合するレベルの選手になる可能性を秘めている選手となります。

2018年秋季近畿大会の結果

一回戦明石商業6―4京都国際
二回戦明石商業4―0報徳学園
準決勝明石商業12―0智弁和歌山
決勝 明石商業1―2龍谷大平安

4戦中2戦が完封で総失点数も少なく投手陣のレベルの高さが伺えます。

打撃陣も完封された試合は無く、決勝の龍谷大平安戦は1点に抑え込まれてしまったものの得点力のあるところを示しました。

継投は中森投手から南投手に繋ぐ試合、宮口投手が完投する試合があり投手1人にやる登板過多は無いようです。

龍谷大平安のよう強豪校の良い投手を相手にした時どのように一点でも多く取る野球をするのかが今後の課題といったところでしょうか。

【センバツ2019】明石商業高校野球部メンバーのまとめ

公立校ながら多くの注目選手を抱えた明石商業ですが、チームとしての力も非常に高く中森投手、来田選手の両二年生が大きな成長を果たせば2年連続の夏の甲子園出場、甲子園での好成績も望めるでしょう。

今後の明石商業に注目です!!