龍谷大平安野球部メンバー2019

龍谷大平安野球部メンバー2019!

龍谷大平安といえば、京都の名門校。

3年ぶり41回目出場を果たしてる甲子園常連校ですし、プロ野球選手も多く輩出していますね!

そんなセンバツ2019の龍谷大平安野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】龍谷大平安野球部メンバー【身長体重・出身中学】

センバツ2019にベンチ入りされた龍谷大平安野球部メンバーはこちら

投手

背番号1/野澤秀伍/3年
身長・体重⇒176センチ・74キロ
出身中学⇒可児西可児中学校(岐阜)

捕手

背番号2/多田龍平/3年
身長・体重⇒175センチ・76キロ
出身中学⇒奈良市立富雄中学校(奈良)

内野手

背番号3/三尾健太郎/3年
身長・体重⇒180センチ・83キロ
出身中学⇒みなべ町立南部中学校(和歌山)
背番号4/北村涼/3年
身長・体重⇒167センチ・60キロ
出身中学⇒京都市立洛西中学校(京都)
背番号5/奥村真大/2年
身長・体重⇒180センチ・72キロ
出身中学⇒湖南市立甲西中学校(滋賀)
背番号6/羽切陸/3年
身長・体重⇒177センチ・75キロ
出身中学⇒浜松市立曳馬中学校(静岡)

外野手

背番号7/半保和貴/3年
身長・体重⇒167センチ・68キロ
出身中学⇒長岡京市立長岡第三中学校(京都)
背番号8/中島大輔/3年
身長・体重⇒178センチ・73キロ
出身中学⇒日高川町立早蘇中学校(和歌山)
背番号9/水谷祥平/3年
身長・体重⇒176センチ・82キロ
出身中学⇒亀岡市立東輝中学校(京都)

控え

背番号10/豊田祐輔/3年
身長・体重⇒180センチ・80キロ
出身中学⇒京都市立峰ヶ丘中学校(京都)
背番号11/加藤慶大/2年
身長・体重⇒172センチ・65キロ
出身中学⇒???(松山市出身)
背番号12/田島輝久/2年
身長・体重⇒168センチ・68キロ
出身中学⇒岐阜市立岐阜中央中学校(岐阜)
背番号13/橋本幸樹/3年
身長・体重⇒178センチ・78キロ
出身中学⇒???(京都嵐山ボーイズ)
背番号14/下野優真/3年
身長・体重⇒166センチ・62キロ
出身中学⇒京都市立樫原中学校(京都)
背番号15/川谷優真/3年
身長・体重⇒168センチ・71キロ
出身中学⇒京都市立修学院中学校(京都)
背番号16/西川史礁/2年
身長・体重⇒176センチ・68キロ
出身中学⇒丹生中学校(和歌山)
背番号17/大國太陽/3年
身長・体重⇒178センチ・73キロ
出身中学⇒大阪市立大阪白鷺中学校(大阪)
背番号18/中嶋駿/3年
身長・体重⇒176センチ・73キロ
出身中学⇒岐阜市立岐阜西中学校(岐阜)

龍谷大平安というと、全国から選手が集まっているイメージですが、意外にも半分は地元京都出身の選手です。

やはりネームバリューが高く、西日本を中心に県外の選手もいますね。

2014年に選抜で初優勝しましたが、夏は3回優勝したほか、出場するたびに8強入りするなど実績のあるチームです。

2018年夏の甲子園にも出場し、3回戦で敗れはしたものの、善戦を見せましたね。

それでは、2019年のチームの注目選手を紹介していきます!

スポンサーリンク

注目選手

龍谷大平安から注目される選手はこちら

奥村真大

下級生ながら打線の中心を担う、奥村真大選手。

奥村と聞くと、2013年夏の甲子園で活躍し県勢初の4強に貢献した日大山形の奥村展征選手ですよね。

実は、2人は兄弟なんです!

父の伸一さんは滋賀の甲西高校で監督を務めていると野球一家で育った真大選手も1年秋の近畿大会準々決勝で同点犠飛とサヨナラ打を放ち選抜出場に大きく貢献しました。

さらに準決勝では本塁打を放つなど、兄に引けを取らない存在感を発揮しています。

水谷祥平

遠投100メートル、50メートル6秒1と高い身体能力を持つキャプテン、水谷選手。

2018夏の甲子園では、下級生ながらも1番右翼手のレギュラーとして出場。

新チームからは4番打者として活躍しています。

秋の大会では打率.447、2本塁打、13打点を記録するなど好調で、近畿大会ではプロ注目左腕の履正社・清水大成投手からも本塁打を放ちました。

奥村選手との強力クリーンアップに注目です!

野澤秀伍

最速138キロの左腕エース、野澤投手。

2018秋の京都大会では背番号1を背負うも4試合14回あまりを投げて8失点と乱調。

近畿大会では背番号11を背負いましたが、全4試合26イニングを2失点と見違えるような投球を見せました。

決勝では11安打を浴びながらも粘り強い投球で12回を1失点、179球を投げての完投でサヨナラVを呼び込みました。

監督も歴代ナンバーワン左腕と評価するエースは選抜でも注目の投手となるでしょう!

スポンサーリンク

2018年秋季京都大会の結果

それでは2019年の龍谷大平安について、2018年秋季京都大会の結果をまとめていきます。

1回戦
龍谷大平安 10 – 0 京都学園 (6回コールド)

2回戦
龍谷大平安 7 – 5 立命館宇治

準々決勝
龍谷大平安 8 – 6 乙訓

準決勝
龍谷大平安 6 – 7 京都国際

3位決定戦
龍谷大平安 14 – 2 京都外大西 (5回コールド)

前述の通り、秋の京都大会ではエースの野澤投手の乱調もあり、理想的な戦い方は出来ませんでした。

しかし、近畿大会では本来の粘りのスタイルを発揮し、準々決勝の市立和歌山戦、決勝の明石商業戦でサヨナラ勝ちを収めるなど勝ち癖を付けました。

決して飛び抜けた選手がいるわけではありませんが、繋ぎの攻撃と粘りの投球で選抜上位進出を狙います!

【センバツ2019】龍谷大平安野球部メンバーのまとめ

注目はヤクルトの奥村展征選手の弟、真大選手ですね!

兄、そして父はいずれも甲子園で本塁打を放っていて史上2例しかない「甲子園父子ホームラン」を成し遂げています。

真大選手も放ち、「父子ホームラン」に加え「兄弟ホームラン」を同時に実現したいですね!

夢が広がります!!