履正社高校野球部メンバー2019

履正社高校野球部メンバー2019!

履正社高校野球部と言えば、大阪地区で大阪桐蔭と肩を並べ、常に地区大会優勝を争っている強豪校。

2年ぶり8回目のセンバツに出場する履正社は打力が評判です。

そんなセンバツ2019の履正社高校野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】履正社高校野球部メンバー【身長体重・出身中学】

センバツ2019のベンチ入り登録されてる履正社高校野球部メンバーはこちら

投手

背番号1/清水大成/3年
身長・体重⇒176センチ・73キロ
出身中学⇒丹波氷上中学校(兵庫)

捕手

背番号2/野口海音/3年
身長・体重⇒171センチ・80キロ
出身中学⇒松原第四中学校(大阪)

内野手

背番号3/西川黎/3年
身長・体重⇒172センチ・71キロ
出身中学⇒神戸大附属中学校(兵庫)
背番号4/池田凛/2年
身長・体重⇒172センチ・68キロ
出身中学⇒東大阪英田中学校(大阪)
背番号5/小深田大地/2年
身長・体重⇒176センチ・89キロ
出身中学⇒姫路飾磨中部中学校(兵庫)
背番号6/野上聖喜/3年
身長・体重⇒167センチ・72キロ
出身中学⇒東大阪長栄中学校(大阪)

外野手

背番号7/大西蓮/2年
身長・体重⇒183センチ・91キロ
出身中学⇒加古川両荘中学校(兵庫)
背番号8/桃谷惟吹/3年
身長・体重⇒175センチ・78キロ
出身中学⇒神戸湊川中学校(兵庫)
背番号9/井上広大/3年
身長・体重⇒187センチ・97キロ
出身中学⇒大東南郷中学校(大阪)

控え

背番号10/植木佑斗/3年
身長・体重⇒177センチ・77キロ
出身中学⇒伊丹荒牧中学校(兵庫)
背番号11/岩崎峻典/2年
身長・体重⇒175センチ・77キロ
出身中学⇒大阪大宮中学校(大阪)
背番号12/関本勇輔/2年
身長・体重⇒177センチ/78キロ
出身中学⇒苦楽園中学校(兵庫)
背番号13/内倉一冴/3年
身長・体重⇒175センチ・80キロ
出身中学⇒旭陽中学校(大阪)
背番号14/中原雄也/2年
身長・体重⇒169センチ・63キロ
出身中学⇒八尾久宝寺中学校(大阪)
背番号15/田上奏大/2年
身長・体重⇒184センチ・70キロ
出身中学⇒大阪住之江中学校(大阪)
背番号16/山本啓太/3年
身長・体重⇒169センチ・66キロ
出身中学⇒此花中学校(大阪)
背番号17/坂口敦也/3年
身長・体重⇒181センチ・83キロ
出身中学⇒尼崎常陽中学校(兵庫)
背番号18/浦野皓太/3年
身長・体重⇒170センチ・66キロ
出身中学⇒大阪旭陽中学校(大阪)

以上、58人の部員から約1カ月半の間ベンチ入りの競争から勝ち上がった18人です。

スーパー1年生として注目されていた田淵一樹投手は今回のセンバツ2019のメンバーから漏れているみたいですね。

毎年選手層が厚いチームですが、今回のメンバーはとくに各ポジションにレギュラー候補が揃っているのが特徴的。

他の強豪校に比べ、2年生のメンバー入りが多く、2019年以降のことも考えチーム作りをしているのでしょうね。

スポンサーリンク

注目選手

今回の履正社から注目される選手はこちら。

清水大成

履正社高校野球部のエースピッチャー清水大成投手。

マックス145キロのストレートを軸に、スライダー、チェンジアップ、カーブを織り交ぜ三振の山を築きます。

清水投手の特徴は、やはりキレのあるストレートとなっていて、左腕投手で145キロと、その辺りがプロ野球界からの注目が高いようです。

現在のプロ野球で言うと、横浜の今永投手のようなスタイルで、調子が良いときの投球は、手も足も出ないタイプとなっていて、2019年ドラフト候補間違いなしでしょうね。

野口海音

履正社高校野球部キャプテンを務める野口海音選手。

中学時代から注目が高い選手で、U15日本代表に選ばれキャプテンを務めるなど、当時からキャプテンシーの高い選手だったようです。

履正社では長打を打てる捕手として、2019年2月現在で高校通算20本塁打を放つなど、チームを牽引しています。

捕手としての能力も高く、2塁送球タイム1.8秒を記録する強肩なんですが、スローインのコントロールに少し課題を残していて、この辺りが改善されるとドラフト候補に名乗りをあげるでしょうね。

井上広大

強肩強打の外野手井上広大選手。

身長187センチ、体重97キロと恵まれた体格を持ち、2019年2月現在で、高校通算23本塁打を放っている長距離砲となっています。

2年生の頃に膝の手術で一時戦列を離れての23本塁打なので、まだまだバッティングの可能性を秘めた選手です。

守備面でも、守備範囲が広く強肩となっていて、その辺りも評価が高い要因となっているので、プロ注目の外野手となっています。

2018年秋季近畿大会の結果

ここからは2019年春のセンバツ出場が決定的となった2018年秋季近畿大会の結果をチェックしていきたいと思います。

1回戦
履正社11-2南部(7回コールド)
準々決勝
履正社5-0福知山成美
準決勝
履正社0-7龍谷大平安(7回コールド)

こちらが2018年秋季近畿大会の結果となっています。

1回戦では井上選手の満塁ホームランなどが飛び出し、7回コールドの圧勝で準々決勝へ駒を進めました。

準々決勝の福知山成美戦は、清水投手が圧巻のピッチングで、9回被安打3、12奪三振を奪い完封勝ちを収めたのですが、準決勝の龍谷大平安戦では、先発した植木投手がつかまり、相手の野沢投手に自慢の打線も封じられ、7回コールド負けを喫しています。

それでも2019年の履正社高校の魅力といえば、やはりどこからでも点が取れる打線となっていて、打線が鍵のチームと言えるでしょうね。

【センバツ2019】履正社高校野球部メンバーのまとめ

履正社といえば、常に大阪桐蔭と地区大会の優勝争いをしている名門校で、過去にはヤクルトの山田哲人選手や、寺島成輝投手など数々のプロ野球選手を輩出してきました。

清水大成投手、井上広大選手といった注目が揃ってる履正社ですが、元阪神の関本賢太郎氏の息子である関本勇輔選手にも注目されることでしょう。

プロ野球界からの注目が高い選手が多数いるので、ドラフトでも要チェックですね。