智弁和歌山野球部メンバー2019

智弁和歌山野球部メンバー2019!

智弁和歌山といえば、甲子園の常連校!

2018年夏にチームを甲子園通算68勝の高嶋仁監督が勇退しましたね。

それでも、新体制となった2018秋は近畿大会準々決勝で大阪桐蔭を破り4季連続の甲子園出場を決めました!

そんなセンバツ2019の智弁和歌山野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】智弁和歌山野球部メンバー【身長体重・出身中学】

センバツ2019に出場する智弁和歌山野球部のベンチ入りメンバーはこちらの選手。

投手

背番号1/池田陽佑/3年
身長・体重⇒181センチ・79キロ
出身中学⇒宇治市立宇治中(京都)

捕手

背番号2/東妻純平/3年
身長・体重⇒174センチ・77キロ
出身中学⇒和歌山市立紀伊中学校(和歌山)

内野手

背番号3/佐藤樹/3年
身長・体重⇒174センチ・72キロ
出身中学⇒紀の川市立貴志川中学校(和歌山)
背番号4/黒川史陽/3年
身長・体重⇒182センチ・83キロ
出身中学⇒河合町立河合第一中学校(奈良)
背番号5/入江諒/3年
身長・体重⇒170センチ・66キロ
出身中学⇒和歌山市立高積中学校(和歌山)
背番号6/西川晋太郎/3年
身長・体重⇒168センチ・68キロ
出身中学⇒有田市立保田中学校(和歌山)

外野手

背番号7/硲祐二郎/3年
身長・体重⇒176センチ・74キロ
出身中学⇒和歌山市立東中学校(和歌山)
背番号8/細川凌平/2年
身長・体重⇒172センチ・68キロ
出身中学⇒京都市立嵯峨中学校(京都)
背番号9/根来塁/3年
身長・体重⇒170センチ・67キロ
出身中学⇒紀の川市立貴志川中学校(和歌山)

控え

背番号10/綾原創太/2年
身長・体重⇒173センチ・69キロ
出身中学⇒和歌山市立貴志中学校(和歌山)
背番号11/池田泰騎/2年
身長・体重⇒175センチ・75キロ
出身中学⇒堺市立登美丘中学校(大阪)
背番号12/湯浅公貴/3年
身長・体重⇒182センチ・85キロ
出身中学⇒みなべ町立南部中学校(和歌山)
背番号13/上原佑斗/3年
身長・体重⇒168センチ・70キロ
出身中学⇒和歌山市立伏虎中学校(和歌山)
背番号14/久保亮弥/3年
身長・体重⇒178センチ・76キロ
出身中学⇒紀宝矢渕中(三重)
背番号15/平田晃将/2年
身長・体重⇒174センチ・70キロ
出身中学⇒堺市立福泉南中学校(大阪)
背番号16/小林白彪/2年
身長・体重⇒178センチ・70キロ
出身中学⇒由良町立由良中学校(和歌山)
背番号17/山本雄太/3年
身長・体重⇒177センチ・77キロ
出身中学⇒和歌山市西脇中学校(和歌山)
背番号18/小林樹斗/2年
身長・体重⇒181センチ・78キロ
出身中学⇒美浜町立松洋中学校(和歌山)

学年ごとの入部人数制限を設けているため、少数精鋭のチームとしても有名です。

才能があると見込まれれば学年関係なく出場機会を得ることができますから、2019年のチームも1年生の頃から主力だったメンバーも、ようやくレギュラーの座をつかんだ選手も様々です。

そして2019年の主力は1年夏の甲子園、2年春の選抜、夏の甲子園と連続して大舞台を経験していますね。

名称・高嶋監督からOBで元プロの中谷監督に代わりましたが、その強さは衰えることはないでしょうね。

2018年は主力の林晃太が広島へ入団するなど、プロ入りする選手も多いことですし、2019年もプロ注目の選手もいますよ!

それでは、注目選手を紹介していきます!

スポンサーリンク

注目選手

センバツ2019の智弁和歌山野球部の注目選手を紹介します!

東妻純平

高校入学後に遊撃手から捕手に転向し、1年秋から正捕手となった東妻選手。

遠投120メートルの強肩と元内野手のフットワークで二塁送球はプロ顔負けの1.84秒をマークするなど
スローイングが自慢のプロ注目選手です。

また、4番打者として高校通算20本塁打をマークするなど打力も一級品です。

5歳上の兄・東妻勇輔投手は2018年ドラフト2位でロッテに入団。
最速155キロの剛腕投手を身内に持ち、
プロの世界での兄弟バッテリーの実現にも注目したいですね!

黒川史陽

恵まれた体格から器用に左右に弾き返す左の強打者、黒川選手。

中学時代はNOMOジャパンの主将も務めたスラッガーは1年春から主力の座を掴むと三塁手、二塁手、外野手など様々なポジションをこなしてきました。

2年春の選抜では打率.368と活躍し、準優勝に大きく貢献しましたね。

大阪桐蔭の根尾投手から2安打も放っていますし、打撃センスが光り、プロのスカウトの目にも留まっています。

主将となった2年秋の大会では怪我を抱えてのプレーも、近畿4強に貢献しました。

選抜での大暴れに期待したいですね!

池田陽佑

長身右腕でエースの池田陽佑投手。

準優勝した2年春の選抜では先発マウンドを経験するなど、期待されてきた投手です。

しかし、エースナンバーを背負った新チームでは不甲斐ない投球が続き下級生左腕の池田泰騎に先発マウンドを譲ることもありましたね。

2年春には選抜で135キロを計測しましたが、本人は145キロを目標にしているだけあって冬でどこまで成長したのか楽しみですね。

2018年秋季和歌山大会の結果

それでは2019年の智弁和歌山について、2018年秋季和歌山大会の結果をまとめていきます。

1回戦
智弁和歌山 10 – 0 桐蔭 (5回コールド)

準決勝
智弁和歌山 10 – 3 南部 (8回コールド)

決勝
智弁和歌山 9 – 6 市立和歌山

予選は強打で勝ち上がるなど、和歌山県内では敵なしといったところでしょうか?

打線を牽引するのは1番の細川凌平選手で、50メートル5秒8の快速が自慢の中堅手です。

そして黒川、東妻、根来という下級生の頃から主力の選手がクリーンアップと抜け目がありませんね。

しかし、その強力打線も近畿大会準決勝の明石商業戦でわずか3安打に封じ込まれ、12-0、5回コールド負けを喫しました。

全国トップレベルの野球を選抜でも見せつけて欲しいですね!

【センバツ2019】智弁和歌山高校野球部メンバーのまとめ

2018年の主力だった林選手はドラフト3位で広島へ、東妻純平選手の兄・勇輔投手はドラフト2位でロッテとOB2人がプロの世界へ進みました。

自身も阪神などで活躍したOBの中谷新監督が、高嶋イズムを継承しつつ智弁和歌山の新時代を切り開くことを期待しましょう!

東妻純平選手、黒川史陽選手がプロ入りと続けるのか注目です!