福知山成美高校野球部メンバー2019

福知山成美高校野球部メンバー2019!

福知山成美と言えば、5年ぶり3回目のセンバツ出場が決まるなど、京都の名門校に名乗りを上げている高校で、知名度も年々高くなっていますよね。

そんなセンバツ2019の福知山成美高校野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】福知山成美高校野球部メンバー【身長体重・出身中学】

センバツ2019の福知山成美高校野球部のベンチ入りメンバーはこちら

投手

背番号1/小橋翔大/3年
身長・体重⇒171センチ・70キロ
出身中学⇒福知山成和中学校(京都)

捕手

背番号2/原陽太/3年
身長・体重⇒176センチ・83キロ
出身中学⇒京都蜂ヶ岡中学校(京都)

内野手

背番号3/井戸悠太/2年
身長・体重⇒175センチ・75キロ
出身中学⇒堺美木多中学校(大阪)
背番号4/岡田健吾/3年
身長・体重⇒167センチ・68キロ
出身中学⇒長岡京長岡第二中学校(京都)
背番号5/佐藤翔平/3年
身長・体重⇒173センチ・68キロ
出身中学⇒舞鶴白糸中学校(京都)
背番号6/東原成悟/3年
身長・体重⇒176センチ・66キロ
出身中学⇒京都蜂ヶ岡中学校(京都)

外野手

背番号7/人知憲蔵/2年
身長・体重⇒165センチ・60キロ
出身中学⇒大阪我孫子中学校(大阪)
背番号8/坂優斗/3年
身長・体重⇒182センチ・76キロ
出身中学⇒鈴鹿天栄中学校(三重)
背番号9/神内泰/3年
身長・体重⇒167センチ・60キロ
出身中学⇒綾部中学校(京都)

控え

背番号10/佐喜将悟/3年
身長・体重⇒174センチ・72キロ
出身中学⇒東大阪長瀬中学校(大阪)
背番号11/橋本翔生/3年
身長・体重⇒175センチ・65キロ
出身中学⇒丹波氷上中学校(兵庫)
背番号12/池田樹希/3年
身長・体重⇒172センチ・62キロ
出身中学⇒尼崎小園中学校(兵庫)
背番号13/阪谷奨真/3年
身長・体重⇒173センチ・76キロ
出身中学⇒丹波市島中学校(兵庫)
背番号14/小西公一郎/3年
身長・体重⇒168センチ・66キロ
出身中学⇒野洲中学校(滋賀)
背番号15/岩田涼雅/3年
身長・体重⇒174センチ・63キロ
出身中学⇒吹田山田東中学校(大阪)
背番号16/谷掛元基/3年
身長・体重⇒176センチ・78キロ
出身中学⇒篠山西紀中学校(兵庫)
背番号17/岡楓馬/3年
身長・体重⇒173センチ・65キロ
出身中学⇒豊岡南中学校(兵庫)
背番号18/山口颯哉/2年
身長・体重⇒164センチ・58キロ
出身中学⇒京都西京極中学校(京都)

主に近畿圏内から集められたメンバーで構成されていて、強豪校に多く見られるパターンであることがよくわかります。

そして2019年の新チームは、ダブル主将体制という極めて珍しい形をとり、岡田健吾選手と小橋翔大投手が担っているんですよね。

2018年秋季京都大会では、エース小橋投手の2試合連続完封などで、龍谷大平安や乙訓などの甲子園常連校を抑え初優勝を果たしていて、決勝戦では小橋投手を温存させるほどの余裕っぷりを覗かせていました。

日を追うごとにチームのバッティングも良くなっていて、2019年の戦いが楽しみなチームと言えるでしょうね。

スポンサーリンク

注目選手

ここからは注目選手をピックアップしていきたいと思います。

小橋翔大

チームのキャプテンであり、エースの小橋翔大投手。

ストレートの最速は133キロと、最近の高校生の中では、ごく普通のスピードなんですが、左右高低に投げ分けるコントロールが抜群で、そこにスライダー、カーブで打者の目線を散らします。

福知山成美の井本監督も「彼がエースというと、たいてい『えっ』となる。どこにでもいる投手。

それが甲子園で投げれるんだから、凄いじゃないですか」と言っていて、普通の投手がどこまで成長するのか楽しみな選手ですよね。

原陽太

チームの頼れる4番で、小橋投手の女房役であるキャッチャーを務める原陽太選手。

ガッチリとした体格で、長打力が魅力の捕手となっていて、2018年秋季京都大会での2打席連続本塁打は圧巻でした。

ただ、まだまだ全国的な知名度は低く、2019年は原選手にとって、飛躍の年にしてほしいものですね。

2018年秋季近畿大会の結果

1回戦
福知山成美5-4神戸国際大付
準々決勝
福知山成美0-5履正社

こちらが2018年秋季近畿大会の結果となっていて、1回戦こそ神戸国際大付に競り勝つものの、準々決勝では履正社のエース清水投手の前に手も足も出ず完封負けを喫しています。

秋季京都大会ではチーム打率3割2分4厘と打線が波に乗っていたのですが、近畿大会では好投手を打ち崩すことができなかったのですが、2年生の人知選手などは粘り強いバッティングが魅力と言われていますし、今後の課題としては、チームとしていかに好投手を崩すかが鍵となりそうですね。

【センバツ2019】福知山成美高校野球部メンバーのまとめ

こうして見ていると、福知山成美高校にはズバ抜けた選手がいるわけではなく、チームとして団結しながら戦っていることがよくわかります。

もちろんエース小橋投手が中心にはいるんですが、小橋投手もまだまだ絶対的エースとまではいかないので、2019年にどれだけ選手が成長するか楽しみでなりませんね。