津田学園野球部メンバー2019

津田学園野球部メンバー2019!

今回は津田学園野球部についてまとめていきます!

津田学園は昭和61年に設置された比較的歴史の浅い学校です。

今までにプロ野球選手は2人出していますね。

そんなセンバツ2019の津田学園高校野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】津田学園野球部メンバー【身長体重・出身中学】

津田学園野球部のセンバツ2019ベンチ入りメンバーはこちら

投手

背番号1/前 佑囲斗/3年
身長・体重⇒182センチ・80キロ
出身中学⇒亀山亀山中学校(三重)

捕手

背番号2/阿萬田 琉希/3年
身長・体重⇒175センチ・72キロ
出身中学⇒南あわじ三原中学校(兵庫)

内野手

背番号3/小林 世直/2年
身長・体重⇒174センチ・74キロ
出身中学⇒桑名長島中学校(三重)
背番号4/前川 夏輝/3年
身長・体重⇒178センチ・74キロ
出身中学⇒津一身田中学校(三重)
背番号5/松尾 夏希/3年
身長・体重⇒174センチ・78キロ
出身中学⇒豊武中学校(愛知)
背番号6/大音 壱汰/3年
身長・体重⇒172センチ・73キロ
出身中学⇒敦賀粟野中学校(福井)

外野手

背番号7/石川 史門/3年
身長・体重⇒186センチ・75キロ
出身中学⇒東員東員第一中学校(三重)
背番号8/渡辺 保育/3年
身長・体重⇒178センチ・73キロ
出身中学⇒名古屋市はとり中学校(愛知)
背番号9/藤井 久大/3年
身長・体重⇒168センチ・70キロ
出身中学⇒明石二見中学校(兵庫)

控え

背番号10/降井 隼斗/3年
身長・体重⇒170センチ・56キロ
出身中学⇒四日市三滝中学校(三重)
背番号11/榮 龍騰/2年
身長・体重⇒175センチ・81キロ
出身中学⇒神戸高倉中学校(兵庫)
背番号12/岩戸 隼樹/2年
身長・体重⇒168センチ・73キロ
出身中学⇒東海富木島中学校(愛知)
背番号13/岩本 太一/3年
身長・体重⇒182センチ・83キロ
出身中学⇒尾鷲尾鷲中学校(三重)
背番号14/水谷 響/3年
身長・体重⇒185センチ・85キロ
出身中学⇒桑名市立多度中学校(三重)
背番号15/谷頭 幹太/2年
身長・体重⇒166センチ・60キロ
出身中学⇒若狭三方中学校(福井)
背番号16/中村 宇亜/2年
身長・体重⇒175センチ・63キロ
出身中学⇒神戸魚崎中学校(兵庫)
背番号17/伊藤 侑希/3年
身長・体重⇒174センチ・75キロ
出身中学⇒東員東員第一中学校(三重)
背番号18/高手 亮佑/3年
身長・体重⇒168センチ・71キロ
出身中学⇒川越川越中学校(三重)

ベンチ入り選手の約半分が身長175センチを以上の高校生としては比較的体格に恵まれたチームだと思います。

基本的には打撃のチームであり秋季東海地区大会では中京大中京高校や大垣日大など甲子園の常連校相手に10点以上を奪う攻撃力がありますね。

津田学園打線の中心は4番の前川選手。東海地区大会では大爆発し大量得点を演出しました。

1番ショートの俊足・大音選手やここ一番での場面に強い渡辺選手、小林選手、中京大中京戦でホームランを打った藤井選手、長打力のあるキャッチャーの阿萬田選手、松尾選手などタレント揃いのチームでもあります。

投手、守りの中心はエースの前選手。プロも注目している投手で183センチの体格から繰り出されるストレートは超高校級です。変化球もレベルが高く非常に頼りになるエースですね。

140キロ台を投げる降井投手の他試合で機能してくれる投手が2人いるという盤石の布陣です。

全体的にみると投打のバランスが取れたチームで噛み合った時の爆発力はもちろん、片方が調子悪くても片方が補ってくれるようなチームですね。

スポンサーリンク

注目選手

津田学園から注目される選手はこちら

前佑囲斗

最速148キロ、体格に恵まれたドラフト注目選手。130キロ台の高速スライダーとツーシームはレベルが高く、秋季東海地区大会では2試合連続の2桁奪三振を奪うなど空振りを取る能力は高いですね。

ウェートトレーニングに力を入れた効果もあり低めに集まるようになり狙ったコースにも投げられるようになったと語るなど自分の成長も感じているようです。

夏から練習の合間にマネージャーの作ったおにぎりを食べたりし体重の増加にも成功。大きく体重も増えて球速も上がったそう。

強力なバックも控えていますので思いっきりマウンドでは投球して欲しいですね。

前川夏輝

秋季東海地区大会で3試合連続ホームランを放ち、トータル12打数8安打と大爆発し全国的にも注目選手に躍り出た前川選手。

しかし、長打が売りの選手なのかと思いきや自分自身はホームランバッターではなく内角外角どちらも打てる柔軟な打撃が持ち味なのだとか。低く強い打球を意識した結果ホームランにつながったそうです。

前川選手のパワーの源は、重さ3キロのバットで行う素振りと打撃練習で強く振るという意識だそう。新品のバッティンググローブがすぐにボロボロになるくらい振り込む前川選手の今年の活躍にきたいですね。

阿萬田琉希

遠投110メートルの強肩キャッチャー。

ピッチャーとの2人の時間を作って相手の性格や状態を見極めようとするなど個の能力以外にも優れたキャッチャーでもあります。一緒にスーパー銭湯に行き裸の付き合いもするのだとか。

打っても夏からの公式戦12試合で16打点を叩き出すなどチャンスに強い打撃も持ち合わせています。

淡々とプレーすることを心がけ、自分は目立たなくていいと縁の下の力持ち役を担っている阿萬田選手に期待ですね。

2018年秋季三重県大会の結果

(秋季東海地区高等学校野球三重大会 桑員地区予選)
津田学園7-0桑名工

津田学園2-0桑名北

(第1代表決定戦)
津田学園8-9いなべ総合

(第2代表決定戦)
津田学園13-2桑名工

(秋季東海地区高等学校野球三重大会 本戦)
1回戦 津田学園4-0伊賀白鳳

2回戦 津田学園10-3松阪商

準々決勝 津田学園5-4伊勢工

準決勝 津田学園2-3菰野

3位決定戦 津田学園4-0海星

いなべ総合高校や菰野高校など強豪校には敗れていますがギリギリのところで滑り込み東海地区大会に出場しました。完封負けの試合はなく得点力は高いチームであるという印象はありますね。

守りが大崩れした試合もいなべ総合の試合だけという安定した試合も多く、最低でも5点程度取れればあとは投手が頑張ってくれそうです。

秋の時点で投打が安定していますので今後の伸びには期待大ですね。

【センバツ2019】津田学園野球部メンバーのまとめ

いかがでしたか?

三重には強豪高校が沢山ありますから勝ち進むのはなかなか難しいです。

しかし、すでに投は前選手、打は前川選手という強力な柱がいる津田学園ですから、選抜も夏も好成績を残せると思います。これからも注目していきましょう。