市立和歌山高校野球部メンバー2019

市立和歌山高校野球部メンバー2019!

和歌山県で智弁和歌山に並ぶ強豪校の市立和歌山高校ですが、2019年のチームは中々強いチームとなっているようなので、どういった選手が揃っているのかチェックしていきましょう。

そんなセンバツ2019の市立和歌山高校野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】市立和歌山高校野球部メンバー【身長体重・出身中学】

センバツ2019の市立和歌山高校野球部のベンチ入りメンバーはこちらの選手

投手

背番号1/岩本真之介/2年
身長・体重⇒181センチ・71キロ
出身中学⇒広川耐久中学校(和歌山)

捕手

背番号2/米田航輝/3年
身長・体重⇒171センチ・74キロ
出身中学⇒岸和田山直中学校(大阪)

内野手

背番号3/上原拓海/2年
身長・体重⇒166センチ・70キロ
出身中学⇒伏虎義務教育学校(和歌山)
背番号4/下井田知也/3年
身長・体重⇒171センチ・71キロ
出身中学⇒和歌山紀伊中学校(和歌山)
背番号5/山野雄也/3年
身長・体重⇒165センチ・69キロ
出身中学⇒和歌山西浜中学校(和歌山)
背番号6/緒方隆之介/3年
身長・体重⇒173センチ・80キロ
出身中学⇒和歌山明和中学校(和歌山)

外野手

背番号7/瀧谷侑斎/2年
身長・体重⇒175センチ・78キロ
出身中学⇒有田川金屋中学校(和歌山)
背番号8/片上柊也/3年
身長・体重⇒167センチ・73キロ
出身中学⇒熊取北中学校(大阪)
背番号9/柏山崇/3年
身長・体重⇒174センチ・76キロ
出身中学⇒田辺新庄中学校(和歌山)

控え

背番号10/奴田宗也/2年
身長・体重⇒170センチ・65キロ
出身中学⇒橋本高野口中学校(和歌山)
背番号11/津田智久/3年
身長・体重⇒164センチ・67キロ
出身中学⇒御坊市立湯川中(和歌山)
背番号12/鈴木大陽/3年
身長・体重⇒173センチ・74キロ
出身中学⇒かつらぎ妙寺中学校(和歌山)
背番号13/壱岐有翔/2年
身長・体重⇒187センチ・83キロ
出身中学⇒泉佐野第三中学校(大阪)
背番号14/山田佳吾/3年
身長・体重⇒170センチ・75キロ
出身中学⇒岩出第二中学校(和歌山)
背番号15/近藤陽樹/2年
身長・体重⇒174センチ・78キロ
出身中学⇒和歌山日進中学校(和歌山)
背番号16/南出椋生/3年
身長・体重⇒180センチ・83キロ
出身中学⇒和歌山高積中学校(和歌山)
背番号17/山崎晃太郎/3年
身長・体重⇒180センチ・79キロ
出身中学⇒岩出市立岩出第二中(和歌山)
背番号18/丸野秀晃/3年
身長・体重⇒173センチ・80キロ
出身中学⇒熊取南中学校(大阪)

2018秋季和歌山大会では、2年生エースの岩本投手を中心に失点少なく、打線も繋がりを見せ決勝まで駆け上がったのですが、智弁和歌山の前に惜敗してしまいました。

正直2019年の智弁和歌山は甲子園でも優勝を狙えるチームなので、決勝での6-9という惜敗は大健闘と言えるでしょう。

スポンサーリンク

注目選手

センバツ2019に出場する市立和歌山高校野球部の注目選手はこちら

柏山崇

岩本投手との二枚看板でチームを支える柏山崇選手。

投げては最速140キロを超えるストレートを武器にエースとして投げ、打ってはチームの4番として勝負強いバッティングを見せる選手となっています。

まだまだ全国的な知名度は低いものの、ポテンシャルの高い選手だと思うので、2019年に一躍全国区になる可能性を秘めた選手です。

緒方隆之介

市立和歌山高校のクリーンアップを務める緒方隆之介選手。

大型ショートとして注目が高い緒方選手ですが、走攻守三拍子揃った選手で、中でもバッティングセンスが高く、チーム1のバッターとなっています。

2018年秋季和歌山大会では、33打数12安打1本塁打でチームを牽引し、決勝進出の立役者となっていて、後は全国的な大会で活躍し、知名度を上げるだけの選手だと思うので、将来性が楽しみな選手と言えるでしょうね。

岩本真之介

2年生ながらチームのエースナンバーを背負う岩本真之介投手。

最速135キロのストレートと変化球を織り交ぜ、巧みな投球術で相手を揺さぶるタイプの投手で、コントロールは抜群となっています。

秋の大会では6試合投げ、5試合で完投勝利、そのうち4試合は無失点か1失点と抜群の安定感を発揮しました。

もちろん2019年で2年生と、まだまだ伸び代のある投手なので、2020年ドラフト候補の一角だと思います。

2018年秋季近畿大会の結果

1回戦
市立和歌山8-4近江兄弟社
準々決勝
市立和歌山4-5龍谷大平安

こちらが2018年秋季近畿大会の結果となっていて、惜しくも準々決勝で龍谷大平安に競り負けてしまいました。

ただ、そんな中でも緒方選手は、2試合で6割2分5厘と大爆発、バッティングセンスの高さを披露しましたし、2年生エースの岩本投手も攻めの投球を最後まで貫いていたので、さすがと言ったところですよね。

チームとしても、雑にならず攻守において粘りあるプレーしていたので、2019年も楽しみなチームに仕上がっています。

【センバツ2019】市立和歌山高校野球部メンバーのまとめ

ここまでセンバツ2019に出場する市立和歌山高校野球部メンバーについて書いてきましたがどうでしたか?

2019年の市立和歌山高校野球部といえば、飛び抜けた選手がチームを引っ張ると言うよりは、一人一人がみんなのカバーをしながら戦っていて、見ているものを魅了するチームとなっているので、注目のチームだと思いますよ!