広陵高校野球部メンバー2019

広陵高校野球部メンバー2019!

広陵高校といえば、甲子園の常連校!

記憶に新しいのは2017年夏の甲子園での準優勝。

中村奨成選手の記録づくしの活躍は旋風を巻き起こしましたね。

プロ野球で活躍する現役選手の広陵高校OBは15人もいるなど、レベルの高いチームと言えますね。

2018年秋は中国大会を制するなど、2019春の選抜での優勝候補の一角として名前が挙がる程のチームに仕上がっています。

そんなセンバツ2019の広陵高校野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】広陵高校野球部メンバー【身長体重・出身中学】

広陵高校野球部のセンバツ2019のベンチ入りメンバーはこちら

投手

背番号1/河野佳/3年
身長・体重⇒174センチ・76キロ
出身中学⇒広島市立大州中学校(広島)

捕手

背番号2/秋山功太郎/3年
身長・体重⇒180センチ・79キロ
出身中学⇒岡山市立足守中学校(岡山)

内野手

背番号3/鉤流大遂/3年
身長・体重⇒173センチ・74キロ
出身中学⇒広島市立大塚中学校(広島)
背番号4/中冨宏紀/3年
身長・体重⇒165センチ・67キロ
出身中学⇒広島市立矢野中学校(広島)
背番号5/渡部聖弥/2年
身長・体重⇒177センチ・75キロ
出身中学⇒府中市立第一中学校(広島)
背番号6/宗山塁/2年
身長・体重⇒175センチ・75キロ
出身中学⇒三良坂学園中学校(広島)

外野手

背番号7/岑幸之祐/3年
身長・体重⇒171センチ・73キロ
出身中学⇒東大阪市立縄手北中学校(大阪)
背番号8/藤井孝太/3年
身長・体重⇒175センチ・72キロ
出身中学⇒広島市立牛田中学校(広島)
背番号9/中村楓大/3年
身長・体重⇒176センチ・76キロ
出身中学⇒岩国市立灘中学校(山口)

控え

背番号10/石原勇輝/3年
身長・体重⇒178センチ・78キロ
出身中学⇒呉市立川尻中学校(広島)
背番号11/森勝哉/3年
身長・体重⇒180センチ・82キロ
出身中学⇒赤磐市立高陽中学校(岡山)
背番号12/峯本幸季/3年
身長・体重⇒172センチ・74キロ
出身中学⇒広島市立和庄中学校(広島)
背番号13/児玉日出夫/2年
身長・体重⇒165センチ・70キロ
出身中学⇒広島市立二葉中学校(広島)
背番号14/新大吉/3年
身長・体重⇒171センチ・69キロ
出身中学⇒湯梨浜町立北溟中学校(鳥取)
背番号15/馬場俊輔/3年
身長・体重⇒163センチ・63キロ
出身中学⇒京都市立大淀中学校(京都)
背番号16/金沢礼大/3年
身長・体重⇒169センチ・74キロ
出身中学⇒広島市立大州中学校(広島)
背番号17/高太一/3年
身長・体重⇒179センチ・72キロ
出身中学⇒新居浜市立船木中学校(愛媛)

ベンチ入りの大半が広島出身と、まさに地元を代表する強豪校。

決してスター選手がいるわけではありませんが、粘り強いスタイルで県大会、中国大会と勝ち上がりました。

選抜二度の優勝実績のある中井監督が選抜でどんな采配を振るうのか?

すでに、選抜のベンチ入りメンバーが発表されていますが、コンバートや選手入れ替えなど競争が激しいチームですね。

さすがは部員数130人のチームですね。

上記のメンバーで望んだ2018年秋の中国大会ではドラフト上位候補の西純矢投手擁する創志学園をコールドで破っていますし2019年も目が離せないチームです!

それでは、2019年広陵高校の注目選手を紹介していきます!

スポンサーリンク

注目選手

センバツ2019で広陵高校から注目される選手はこちら

河野佳

174センチと投手として大きくはないものの、最速148キロの力強いボールを投げ込むエースの河野投手。

2年夏の甲子園でリリーフとして全国デビューすると、2年秋からはエースとして全試合に登板しました。

キレのある直球は最速148キロを計測し、中国大会準決勝では創志学園の西投手と投げ合い、8回4安打完封で投げ勝つなど一目置きたい存在ですね。

石原勇輝

最速139キロの直球を投げ込む左のオーバーハンド、石原投手。

2年秋からリリーフとして活躍し中国大会では4試合中3試合に登板。

なかでも決勝の米子東戦では2回途中からリリーフ登板すると、7回を5安打無失点に封じ込め、11個の三振を奪いました。

強気に内角を攻められるのが特徴です。

しかし、神宮大会では星稜高校相手に制球が乱れ7失点と大崩れしました。

悔しさをバネに、選抜でのリベンジを誓います。

中村楓大

4番打者の中村選手。

秋の広島大会では21打数10安打と好調で、中国大会では初戦の関西戦で3安打をマークするなど活躍しましたね。

創志学園の西投手からもヒットを放っています。

チャンスの強さと鋭いスイングが魅力の選手です。

しかし、神宮大会では星稜高校の奥川投手からノーヒットと悔しい想いをしました。

選抜でのリベンジに期待しましょう!

2018年秋季広島大会の結果

それでは2019年の広陵高校について、2018年秋季広島大会の結果をまとめていきます。

地区予選
広陵高校 12 – 2 可部 (6回コールド)

広島大会
2回戦
広陵高校 14 – 0 庄原実業 (5回コールド)

3回戦
広陵高校 2 – 1 広島商業

準々決勝
広陵高校 6 – 4 武田

準決勝
広陵高校 9 – 1 広島新庄

決勝
広陵高校 2 – 1 呉

打撃では岑選手や中冨選手らがチャンスを演出し、4番の中村選手が返すという典型的な攻撃ではありますがエンドランやバスターなどで効率よく走者を進め確実に得点を奪うスタイルです。

投手陣は主に先発の河野投手が粘り、石原投手、森投手といった本格派左腕のリリーフで継投で的を絞らせません。

中国大会では投打が噛み合い優勝しましたが、全国レベルの石川・星稜高校相手にコールド負けを喫し
雪辱に燃えていることでしょう!

【センバツ2019】広陵高校野球部メンバーのまとめ

というわけで、センバツ2019の広陵高校野球部メンバーについてまとめてきました。

中村奨成選手のようなスーパースターはいませんが、チーム一丸となって得点し、継投でリードを守る。

そのスタイルで選抜でも上位進出が期待できます。

プロ入りが期待される選手はいないですが、中村奨成選手のように甲子園で大活躍して旋風を巻き起こして欲しいですよね!