米子東高校野球部メンバー2019

米子東高校野球部メンバー2019!

高校野球2019ということで、今回は鳥取の古豪米子東高校について取り上げていきます。

米子東高校は日本の高校野球が発足してから1990年代までは公立校ながら強豪として甲子園常連校でしたが、それ以降は他の私立校の台頭により20年以上甲子園出場が無かったものの2019年はかつての強さを取り戻し2019春のセンバツに出場が決まり強豪チームとして再び全国の舞台に立つこととなりました。

そんなセンバツ2019の米子東高校野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】米子東高校野球部メンバー【身長体重・出身中学】

2019年春センバツベンチ入りメンバーはこちらの選手です。

投手

背番号1/森下祐樹/3年
身長・体重⇒176センチ・76キロ
出身中学⇒箕蚊屋中学校(鳥取)

捕手

背番号2/長尾駿弥/2年
身長・体重⇒175センチ・80キロ
出身中学⇒日南中学校(鳥取)

内野手

背番号3/福島悠高/3年
身長・体重⇒185センチ・100キロ
出身中学⇒箕蚊屋中学校(鳥取)
背番号4/福島康太/3年
身長・体重⇒164センチ・65キロ
出身中学⇒加茂中学校(鳥取)
背番号5/諸遊壮一郎/3年
身長・体重⇒163センチ・64キロ
出身中学⇒大山中学校(鳥取)
背番号6/岡本大翔/2年
身長・体重⇒188センチ・85キロ
出身中学⇒岸本中学校(鳥取)

外野手

背番号7/本多翔/3年
身長・体重⇒167センチ・68キロ
出身中学⇒東山中学校(鳥取)
背番号8/山内陽太郎/2年
身長・体重⇒178センチ・65キロ
出身中学⇒福生中学校(鳥取)
背番号9/土岐尚史/2年
身長・体重⇒178センチ・75キロ
出身中学⇒米子湊山中学校(鳥取)

控え

背番号10/野村大和/3年
身長・体重⇒169センチ・73キロ
出身中学⇒福米中学校(鳥取)
背番号11/松田凌/2年
身長・体重⇒171センチ・67キロ
出身中学⇒大山中学校(鳥取)
背番号12/平山悠斗/2年
身長・体重⇒171センチ・73キロ
出身中学⇒後藤ヶ丘中学校(鳥取)
背番号13/永田涼/2年
身長・体重⇒172センチ・64キロ
出身中学⇒湊山中学校(鳥取)
背番号14/岩本勇気/2年
身長・体重⇒174センチ・77キロ
出身中学⇒中山中学校(鳥取)
背番号15/遠藤想大/2年
身長・体重⇒173センチ・78キロ
出身中学⇒加茂中学校(鳥取)
背番号16/戸野皓介/2年
身長・体重⇒171センチ・65キロ
出身中学⇒名和中学校(鳥取)

16名と少数精鋭で多くの2年生がベンチ入りしている米子東高校。

特に学校が県内有数の公立進学校な為、他県からの選手のスカウトという概念は存在していなく、県内の選手のみでの構成となっています。

チームの特徴は、体の大きい大型内野手の岡本選手と福島選手を筆頭に中国大会4戦で22点を挙げた強打の打線と、好投手の森下投手を中心とした投手陣で抑えるというチームになっています。

しかし、やや投手力には不安があり、森下投手の他に先発投手がいると連戦にも強くなるでしょう。

2年生の岡本選手は中国大会では遊撃での出場でしたが投げては141km/hの球速を記録した二刀流選手であり、2019年ははどのような起用がされるか注目です。

スポンサーリンク

注目選手

センバツ2019の米子東高校で注目せれる選手はこちら。

岡本大翔

先述した岡本選手が、1人目の注目選手となります。

188センチの大きな身体と長打力と投げては141km/hの強肩を生かして1年生の時から1番遊撃を任され秋季大会では本塁打含む長打6本と存在感を示しました。

今後の成長が楽しみな選手の1人であり、投打にわたっての大きな活躍が期待されます。

福島悠高

米子東の4番打者の福島選手は西武中村剛也選手に憧れる強打の一塁手。

体重は95キロと高校離れした体格をしていて、高校通算本塁打は二桁を記録。

高校生でのここまでの体格のスラッガーは珍しく注目です。

森下祐樹

エースの森下投手はスタミナ充分のサウスポー。

秋季中国大会では4試合全てに先発し、粘り強い投球を披露。

ストレートは130km/h台と近年の高校野球投手の中では目立つ球速では無いものの、低めへの丁寧な投球と、カーブを用いた緩急を生かした投球が持ち味となっています。

2018年秋季中国大会の結果

1回戦米子東7-6開星
2回戦米子東8-6倉敷商
準決勝米子東6-5市立呉
決勝 米子東2-6広陵

1回戦から強打を見せ順調な勝ち上がりを見せましたが惜しくも決勝で多くのプロ野球選手を輩出している広陵高校に敗れる結果となりました。

全ての試合が点の取り合いとなりましたが、決勝以外の試合で森下投手が完投しているため連投もあり仕方のない部分もあるでしょう。

明確な課題としては守備面であり、投手が少ない中で如何に点を取られずに試合を進めていくかが至上命題となるチームでしょう。

秋ほど日程の空かない夏に向けて2人目の先発投手の確保も急務となります。

【センバツ2019】米子東高校野球部メンバーのまとめ

ここまでセンバツ2019に出場する米子東高校野球部メンバーについてまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。

米子東高校は過去に甲子園決勝まで進んだことのある古豪であり、復活としての期待がかかる1年間となります。

再び甲子園に戻ってきた米子東高校の活躍に注目です。