松山聖陵野球部メンバー2019

松山聖陵高校野球部メンバー2019!

監督の部員への暴力などで、何かと話題になっている松山聖陵ですが、野球の実力も高く、2019年春の選抜に2年連続出場するなど、野球強豪校へと名乗りを上げてきました。

そんなセンバツ2019の松山聖陵高校野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】松山聖陵野球部メンバー【身長体重・出身中学】

センバツ2019年版の松山聖陵高校野球部メンバーから見ていきましょう。

投手

背番号1/根本大蓮/3年
身長・体重⇒188センチ・84キロ
出身中学⇒松山拓南中学校(愛媛)

捕手

背番号2/岸田明翔/2年
身長・体重⇒173センチ・80キロ
出身中学⇒高槻芝谷中学校(大阪)

内野手

背番号3/大村侑希/3年
身長・体重⇒185センチ・85キロ
出身中学⇒松山雄新中学校(愛媛)
背番号4/後藤響/3年
身長・体重⇒167センチ・59キロ
出身中学⇒松山雄新中学校(愛媛)
背番号5/坂本幸成/2年
身長・体重⇒170センチ・74キロ
出身中学⇒伊予港南中学校(愛媛)
背番号6/田窪琉風/3年
身長・体重⇒166センチ・58キロ
出身中学⇒名護中学校(沖縄)

外野手

背番号7/新城健太朗/3年
身長・体重⇒175センチ・83キロ
出身中学⇒浦添中学校(沖縄)
背番号8/折田玲/3年
身長・体重⇒170センチ・64キロ
出身中学⇒神戸西落合中学校(兵庫)
背番号9/川口端午/2年
身長・体重⇒173センチ・70キロ
出身中学⇒高槻第六中学校(大阪)

控え

背番号10/平安山陽/2年
身長・体重⇒176センチ・72キロ
出身中学⇒名護大宮中学校(沖縄)
背番号11/佐野幸輝/3年
身長・体重⇒170センチ・70キロ
出身中学⇒守口梶中学校(大阪)
背番号12/小川諒大/2年
身長・体重⇒168センチ・67キロ
出身中学⇒岩倉中学校(愛知)
背番号13/高松亨有/2年
身長・体重⇒173センチ・70キロ
出身中学⇒精華西中学校(京都)
背番号14/渡部龍弥/3年
身長・体重⇒172センチ・66キロ
出身中学⇒松山市立西中(愛媛)
背番号15/宮川清次/3年
身長・体重⇒173センチ・71キロ
出身中学⇒宇治西宇治中(京都)
背番号16/湧川輝星/3年
身長・体重⇒166センチ・62キロ
出身中学⇒那覇小禄中学校(沖縄)
背番号17/市川尚樹/3年
身長・体重⇒172センチ・60キロ
出身中学⇒松山高浜中学校(愛媛)
背番号18/秀平琉晟/3年
身長・体重⇒165センチ・53キロ
出身中学⇒高槻如是中(大阪)

このように全国各地から有望選手が集まっているのがよく分かります。

新チームの戦い方としては、エース根本投手と平安山投手の二枚看板に、佐野選手、高松選手が加わり投手陣が形成され、その投手陣を引っ張る2年生捕手の岸田選手のリードも評価が高くなっているんですよね。

攻撃面では、チーム全体に粘りが有り、選球眼が非常に良く、クリーンアップに実力者が揃っていて、中軸で走者を返すパターンが多く見られています。

本塁打が多いチームでは無いですが、得点力もソコソコ高いチームに仕上がっているようですね。

スポンサーリンク

注目選手

センバツ2019の松山聖陵の注目選手はこちら

根本大蓮

チームのエースでキャプテンを務める根本大蓮投手。

ストレートの最速は136キロと標準的な速さなんですが、スライダー、フォーク、チェンジアップを交え、相手のマトを散らします。

本人はスピードよりキレを求めているようなんですが、身長188センチと恵まれた体格を持ってことから、メディアなどは2019年内にストレートのスピードがもっと伸びると予想しているようです。

そして、ストレートが140キロ後半になれば、2019年ドラフトにかかる可能性も秘めていると報道されていました。

平安山陽

1年生ながら140キロを記録した実績がある平安山陽投手。

中学生の頃に野球プラス槍投げをやっていたようで、沖縄県大会で2度の優勝を誇る超人となっていて、1年生ながらに140キロをマークしたのも頷けます。

秋季愛媛県大会でも、3位決定戦の今治西戦で8回3失点の好投を果たしチームを四国大会へ導きました。

平安山投手は大崩れをしないのが魅力で、このまま順調に成長すると、2020年ドラフトの目玉になる可能性を秘めた投手となっています。

2018年秋季四国大会の結果

1回戦
松山聖陵11-3志度(7回コールド)
準々決勝
松山聖陵5-1川島
準決勝
松山聖陵5-3富岡西
決勝
松山聖陵1-3高松商業

こちらが2018秋季四国大会の結果となっていて、松山聖陵は惜しくも決勝で高松商業に敗れています。

四国大会のチーム打率が2割6分4厘と、そこまで高くはないのですが、ここぞの集中打が目立ち決勝までコマを進めました。

投手陣もエース根本投手よりも平安山投手の安定感が抜群に良く、その辺りも決勝まで進めた要因となっていて、もしかすると2019年内にエース番号の変更もあるかも知れないと、予感させる投球内容となっていたので、その辺りも注目です。

【センバツ2019】松山聖陵高校野球部メンバーのまとめ

以上、センバツ2019に出場する松山聖陵高校野球部メンバーをまとめました。

根本投手と平安山投手の二枚看板が軸に投げ、攻撃陣に関しては、一人一人の選球眼が非常に良く、上位から中軸のバッターが高打率の選手が揃っていて厚みがあるので、2019年の松山聖陵高校は楽しみなチームに仕上がっていると思います。

皆さん注目ですよ!