高松商業野球部メンバー2019

高松商業高校野球部メンバー2019!

春夏合わせて40回を超える甲子園出場数を誇り、香川県の高校野球と言えば高松商業と言われるほど、歴史と伝統があるチーム。

そんなセンバツ2019の高松商業高校野球部メンバー(出身中学・身長体重)と注目選手に触れていきます。

スポンサーリンク

【センバツ2019】高松商業野球部メンバー【身長体重・出身中学】

高松商業高校野球部のセンバツ2019ベンチ入りメンバーはこちら

投手

背番号1/香川卓摩/3年
身長・体重⇒167センチ・56キロ
出身中学⇒さぬき志度中学校(香川)

捕手

背番号2/新居龍聖/3年
身長・体重⇒170センチ・67キロ
出身中学⇒丸亀飯山中学校(香川)

内野手

背番号3/立岩知樹/3年
身長・体重⇒175センチ・85キロ
出身中学⇒さぬき志度中学校(香川)
背番号4/谷口聖弥/2年
身長・体重⇒166センチ・57キロ
出身中学⇒高松桜町中学校(香川)
背番号5/篠原一球/2年
身長・体重⇒167センチ・63キロ
出身中学⇒まんのう町立満濃中学校(香川)
背番号6/大塚慶汰/3年
身長・体重⇒174センチ・62キロ
出身中学⇒高松桜町中学校(香川)

外野手

背番号7/岸本将翔/3年
身長・体重⇒179センチ・82キロ
出身中学⇒高松紫雲中学校(香川)
背番号8/飛倉爽汰/3年
身長・体重⇒167センチ・61キロ
出身中学⇒高松龍雲中学校(香川)
背番号9/浅野怜/3年
身長・体重⇒166センチ・62キロ
出身中学⇒坂出東部中学校(香川)

控え

背番号10/中塚公晴/3年
身長・体重⇒172センチ・71キロ
出身中学⇒高松桜町中学校(香川)
背番号11/岡井祐斗/3年
身長・体重⇒171センチ・77キロ
出身中学⇒高松桜町中学校(香川)
背番号12/石丸圭祐/3年
身長・体重⇒168センチ・70キロ
出身中学⇒高松香南中学校(香川)
背番号13/安倍祐慧/2年
身長・体重⇒175センチ・91キロ
出身中学⇒高松屋島中学校(香川)
背番号14/花岡海音/3年
身長・体重⇒167センチ・59キロ
出身中学⇒直島中学校(香川)
背番号15/古市悠八/3年
身長・体重⇒172センチ・69キロ
出身中学⇒高松太田中学校(香川)
背番号16/美濃克尚/2年
身長・体重⇒177センチ・64キロ
出身中学⇒高松古高松中学校(香川)
背番号17/上田蓮/2年
身長・体重⇒171センチ・83キロ
出身中学⇒丸亀丸亀西中(香川)
背番号18/松下航大/3年
身長・体重⇒175センチ・78キロ
出身中学⇒熊本市立龍田中(熊本)

強豪校には珍しく、メンバー全員が地元香川県出身のチームとなっていて、これだけでチームワークが良いのが想像できますよね。

2018年秋季四国大会では、「コツコツネバネバ大作戦」を掲げ、飛び抜けた選手がいないのを承知の上でこの作戦を掲げたようです。

その甲斐があり、全3試合で35安打と、長打は少なかったものの、コツコツ単打を打ち、脚を絡め、見事優勝を果たしていて、2019年の新チームは総合力の高いチームと言えるでしょう。

スポンサーリンク

注目選手

高松商業高校野球部の注目選手はこちら。

香川卓摩

チームのエースナンバーを背負う香川卓摩投手。

旧チームからエースナンバーを背負い、新チームでは誰もが認めるチームのエースとなり、投げては最速141キロのストレートに多彩な変化球を織り交ぜる、投球術に長けた投手となっています。

身長が167センチと小柄なんですが、それを感じさせない躍動感あるピッチングフォームも魅力の一つとなっていて、何より連投をものともしないスタミナもあるので、将来が楽しみな投手と言えるでしょう。

飛倉爽汰

高松商業野球部のキャプテン飛倉爽汰選手。

バットコントロールが上手く、安打数が非常に多いバッターで、チームの1番打者として出塁率が非常に高い選手となっています。

2018年の新チームになってからは、11試合で20安打と、プレーと精神面両方でチームのキャプテンとしてフル回転している選手です。

中塚公晴

チームの救援投手として、ピンチを救う働きを見せる中塚公晴投手。

最速141キロのストレートと6種類の変化球を操り、タイプとしては香川投手と似ているのですが、香川投手は左投げ、中塚投手は右投げと、上手い具合に相手チームを撹乱させます。

そして中塚投手は安定感に優れていて、香川投手とはまた違ったスタイルを見せれることから、相手チームにとっては嫌な投手と言えるでしょうね。

2018年明治神宮野球大会の結果

ここからは2018年明治神宮野球大会での高松商業高校野球部の結果をチェックしていきます。

準々決勝
高松商業高校9-6八戸学院光星
準決勝
高松商業高校4-7星稜高校

こちらが2018年明治神宮野球大会の結果となっているのですが、チームは惜しくも準決勝敗退となりました。

準々決勝では、チームの4番を務める立岩選手がスリーランホームランを放ち勝利。

このホームランが立岩選手にとって高校初ホームランだったようです。

投げては、2番手で登板した中塚投手が圧巻のピッチングで、彼もこの試合が高校初登板の記念すべき試合だったようで、二人の活躍があり、準決勝進出となっています。

準決勝では、星稜高校のエース奥川投手の前になすすべなく破れ、2019年中のリベンジなるか?といったところでしょうか。

【センバツ2019】高松商業高校野球部メンバーのまとめ

以上、センバツ2019版の高松商業高校野球部メンバーをまとめました。

メンバーは、ズバ抜けた選手はいないものの、「コツコツネバネバ大作戦」をスローガンに掲げ、一人一人が粘り、次の塁を狙う姿勢で四国チャンピオンまで登りつめました。

あと残すところは全国制覇一つとなっていて、チームの活躍が期待されますね。