春のセンバツ優勝候補・優勝予想2019

2019年春のセンバツ!

2年連続で優勝しているのは大阪桐蔭ですが、今回は落選となりました。

とはいえ2019年の沢山の強豪校が参加する平成最後の春のセンバツ。

一体どこが優勝するんでしょうか?

今回は2019年春のセンバツの優勝候補と優勝校を予想してみました。

また、大きな大会には波乱がよくあるもの。

そんなダークホースも紹介していきたいと思います!

それではご覧ください。

スポンサーリンク

春のセンバツ2019・優勝候補

ここでは世間一般、下馬評の高いチームを見ていきます。

特徴としてはレベルの高いピッチャー、バッターが揃っているチームをピックアップしています。では早速いきましょう。

星稜高校

2018年の甲子園春夏出場時のレギュラーがなんと5人も残る星稜高校。

圧倒的な得点力とエース奥川選手を中心とした守りは強力です。

秋季石川県大会では5試合で42点という破壊力抜群の打線は全国でも指折り。それに加えて投手陣はわずか4失点、守備陣もノーエラーと付け入る隙もありません。

注目選手は奥川選手と山瀬選手。

奥川選手は世代ナンバーワン投手の呼び声高い最速150キロの剛腕投手。昨年アンダー18代表で唯一2年で選出され、中日ドラゴンズ根尾選手や日本ハムの吉田選手ら最高レベルの高校生達と日の丸を背負いました。その経験もあり、更に成長を遂げています。

山瀬選手は新チームの主将。昨年の甲子園でも奥川選手と共に2年生ながらバッテリーを組みました。

走攻守揃った選手で林監督が見てきた20年間でナンバーワンキャッチャーのお墨付きももらっています。

また、主将として大阪桐蔭高校元主将の中川選手にチーム作りなどLINEを通じて聞いているそうです。

履正社高校

秋公式戦11試合でチーム打率3割1分、ホームランは選抜出場32校中2位の11本という強打のチーム。また、激戦区大阪を勝ち抜いてきたという点も優勝候補に挙げられる要因です。強豪福知山成美を完封し完勝したところもポイントですね。

注目選手は、清水選手と井上選手。

清水選手は140キロを超えるストレートとコントロールが持ち味。秋は5試合を完投し福知山成美戦では、わずか3安打に抑えるというピッチング。三振も取れるピッチャーでスライダーは切れ味抜群です。

井上選手は秋公式戦3本のホームランを放っている長距離バッター。188センチ97キロというプロでも立派な体格をもつ超高校級選手ですね。プロモ注目する選手で甲子園での豪快なホームランに期待です。

札幌大谷高校

明治神宮大会優勝の札幌大谷高校。本格派の西原投手とサブマリン投法の太田選手の継投で勝ち上がってきました。特に太田選手は明治神宮大会4試合26イニングで防御率1.06という驚異の数字を見せました。

チーム打率も3割1分3厘と強力。準決勝と決勝を逆転で勝利した粘り強さにも注目です。

注目選手はエースの西原選手と太田選手。

西原選手は184センチの高身長でタレント揃いの強豪星稜高校を1安打に抑える圧巻のピッチングを見せていますね。最速142キロの速球は球威キレともに超高校生級です。

太田選手は準決勝で8回までノーノーの快投を見せてくれました。プロでも珍しいサブマリン投法の選手でうまくハマれば高校生には打ちづらいでしょう。

智弁和歌山高校

今年もやはり智弁和歌山の特徴と言える打のチームに仕上がっていますね。投手力の不安が残るものの中軸はもちろん、下位打線の成長も著しくつながりのある打線は強力という評価もあります。2018甲子園春夏連覇の大阪桐蔭高校を破った力も優勝候補に挙げられる要因の1つです。1試合に9点10点と大量得点で打ち勝つ試合が多く、近畿大会の大阪偕星
戦では12点の大量得点で勝利。強いの一言ですね。

このチームの注目選手は東妻選手、黒川選手です。

東妻選手はドラフトでも注目されている全国屈指の強肩キャッチャー。
加えて秋の公式戦では3本のホームランを放つなどバッティングもピカイチですね。

黒川選手は、身長180センチを超える大型の内野手。

1年春からベンチ入りしており、新チームでも主将を務めチームをまとめています。甲子園3大会7試合で打率.346、ホームラン1本、打点7を記録しており選抜でもそのバッティングに注目が集まるでしょう。

春のセンバツ2019・優勝予想はココ!

優勝予想は大本命は星稜高校と予想します。

ドラフト上位候補でもある今大会ナンバーワン投手の奥川選手がいることが大きな理由。

奥川選手のコンディションが万全であれば、打ち砕くのは難しいのかなとみています。

それに甲子園経験者が5人もいるのは大きいですね。

春夏連覇を目指しているそうですからチームとしての士気も高く、どこのチームよりも優勝を意識していると言っていいでしょう。

スポンサーリンク

ダースホースはココ

そんな優勝候補には入っていませんが、何が起きるかわからないのが甲子園。

こちらのチームがダースホースとなる可能性があるのかなと見ています。

横浜高校

関東地区6枠目、ギリギリでの選抜出場決定感のある横浜高校。

推薦理由は全国屈指の好投手であるエースの及川投手の存在だそうです。

昨年秋の関東大会では春日部共栄にコールド負けも、激戦区神奈川県大会では下馬評の高い東海大相模、慶応、桐蔭学園を破り優勝。そういったところから十分優勝を狙えますね。

注目選手は及川選手。最速153キロのサウスポーで高い奪三振率を誇ります。

秋の成績は41回1/3で59奪三振。球速153キロは横浜高校では中日の松坂大輔選手を抑え歴代1位の記録です。高校ビッグ4とも呼ばれておりドラフトでも注目されている選手の1人ですね。

山梨学院高校

タイプの違う3投手の継投と強力打線で勝ち上がった山梨学院高校。

秋季関東大会では2試合で2桁安打を記録しており選抜でも爆発力のある打線に期待がかかります。

注目選手は山梨のデスパイネと呼ばれる野村選手。

関東大会では2試合連続のホームラン、高校通算は30本を超えるホームラン数を誇るパワーを持っています。180センチ88キロの恵まれた体格で昨年夏の甲子園でも5番バッターとして活躍しました。

他にも椙浦選手は選抜決定後報道陣見事なラップを見せるなど度胸満点。

高校生なのでこういったムードメーカー的存在がいると勢い付き実力以上の力を発揮することもあります。大いに期待しましょう。

春日部共栄高校

投打ともにバランスのとれたチーム。秋季埼玉県大会では3試合で2桁得点かと思えば準決勝で浦和実業戦では1対0というロースコアでの接戦を制したりと底知れない力を持っています。
横浜高校の153キロ左腕及川選手相手に3回まで2本のホームランを含む5点を奪う集中打は見事でした。

注目選手はエースで4番の村田選手。

最速146キロのストレートとスプリットが武器。

4番で負担が大きいですが関東大会では3試合を完投し、その上4番としての役割も果たしましたね。星稜の奥川選手との投げ合いを熱望しており、高校野球ファンもその投げ合いには期待大です。

春のセンバツ2019・注目選手

高校野球春の選抜2019の注目選手の紹介!投手と野手から15選 

まとめ

いかがでしたか?

平成最後の春のセンバツ2019の優勝は星稜高校と予想しました。

大本命は奥川選手率いる星稜には間違いありませんが、今回は大阪桐蔭が不参加ということもあって、どこが勝ち抜くのかがまだまだわからないところ。

ダースホースがどこまで番狂わせするのかも楽しみですね。

平成最後の春のセンバツ、どこが優勝するのか?

目が離せません!